グルメ

2016.03.25

カキ三昧

Photo


温泉旅行のつもりが、春休みのせいか、泊まりたい宿は、どこも満室。

仕方ないので、ドライブがてら、瀬戸内の懐石宿・潮里へおいしいカキを食べに行きました。

Photo_5

室津漁港のカキは カキ鍋にしても縮まず、プリプリに膨れ、甘くて旨かったです。

他にも宝楽焼き、フライ、カキ釜めしなど定番の料理が出ましたが、素材の味を最大限に引き出せる焼き加減と出汁が絶品で、最後の釜飯のカキは秘伝の味付けがされていて、今まで食べてきたカキとは全く違った味わいでした(笑)

食事が終わったら、日帰りプランの人は無料でお風呂にも入れます。

地元の方々のお客さんで、個室は満室だったと思いますが、風呂は今回も私一人で貸切。瀬戸内の風景独り占めでした(笑)

Photo_4


2


鍋のカキだけで満腹になりそうな大きさなカキが14個も。



Photo_3

3

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.10.12

食欲の秋 大盤振る舞い

今年は松茸が豊作と聞いて、奮発して、国産を少しだけ買いました。

秋になると、食べ物がおいしいですrestaurant

焼き松茸と松茸ご飯にして食べましたが、さすが、産直は香りがいい。

焼き松茸はスダチが合います。

漬け汁にも香りが移り、全部飲み干しました。

傘の裏側が真っ白な松茸は新鮮です。

見た目の悪い格安品ですが、亀の甲ズレ同様、私は気にしませんup

とにかく活きの良さが大切だと思います。

Photo


そして、最近、嵌っているのが、イリコ出汁の味噌汁です。

ラーメンでも使われることが増えて、目にする機会も増えてきました。

カツオ出汁より、個人的には好物です。

2

何より、出汁ガラは亀のエサにもなるんですup

出汁ガラを細かくすれば、亀も大喜びです。

Photo_2

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.27

モクズガニが届く

今度は岡山からモクズガニが届きました。

ハサミが毛むくじゃらで、見た目は上海蟹にそっくり。

茹蟹にしたら最高なんですrestaurant

Photo

連日、仕事から帰ったら日付が変わっている日々ですが、

広島の亀仲間からいただいた、賀茂鶴 大吟醸 ゴールドカモツルと一緒にいただきました。

まずは脚の身を一口。

じゅわ~っと旨みが口の中全体に広がります。

その後に続けて甘みが追いかけてきます。

なんじゃこれっ、て言いたくなるような旨み成分の塊です。

私は、この時季のモクズガニの香りと内子は、色んな種類の蟹の中でも最高ランクだと思います。

ゴールドカモツルを口に含むと、素晴らしいハーモニーが奏でられますhappy01

こんな時間から飲むと体に悪いのはわかってはいますが、至福のひとときなんですsweat02

子どもの頃に脳に擦りこまれた懐かしい味は何歳になっても、忘れられないものですね。

北の大地の方々なら、毛蟹が同じような存在だと思います。

日本海側の方々なら、ズワイガニの♀、セコガニとかホウバコガニと呼ばれているものが、似たような味わいだと思います。

冷凍してない蟹は最高ですね。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.02.15

究極のシラス

ジャ~ンnote

50


和歌山の煙樹ケ浜でとれたシラスをいただきましたhappy01

ただのシラスではありません。

地引網で水揚げし、すぐに減塩加工されたシラスですwave

普通のお店では冷凍保存されたモノを売っていますが、ここのシラス冷蔵で届きますrvcar

身がしっかりしていて、味も香りも濃厚で嫌味がなく、これを口にしたら普通に手に入る冷凍品を解凍して販売されているシラスは食べられません。

舌触りや歯ざわりの違いと、甘いような旨みが舌に訴えてきますshadow

この味を求め、和歌山の海の近くを旅した時は、いつもシラスを探し求めていますが、どこで購入してもガッカリすることが多いので、本当に難しい魚だと思います。

今回いただいた包み紙を見てみると、ホームページのアドレスらしきものを発見したので、また自分でも頼んでみたくなりましたmobilephone

お酒のアテにも良いですし、シラスに軽くしょう油を垂らして、ご飯と食べたら、幸せな気分になれること間違いなしですup

大きな木箱に入ってきますが、おいしいので1食で茶碗1杯ぐらいのシラスを大人食いできちゃいますよcoldsweats01


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (6) | トラックバック (0)