天然アルビノ

2013.08.22

奇跡のアルビノの子ども

11


このアルビノの由来はビニールハウスの土の中からフツーのミドリガメと一緒に出てきたそうです。

当時はまだT+アルビノの存在もあまり知られていませんでした。

見た目からはT+と想像され、代表格のレモンライムアルビノ♂と去年は掛けましたら、見事にミドリ祭りとなりました。

そこで今年は、別種のT+アルビノ、キャラメル♂と掛け合わせるべく、同居させておりましたが、さてさて、受精しているでしょうか?

という記事を6月16日に載せましたが、その卵2個が割れてきました。

今年もわずか4個しか卵の回収はできず、そのうちの2個です。何が出るでしょうか?

下の画像は去年うまれたヘテロです。

13
14


にほんブログ村

up気に入ってもらえた方、上をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.06.16

今朝は水中に卵発見

サンルームの水槽に入れていた天然アルビノが産んだようです。

見つけた時には、何個か食べられており、形を保ったものは6個。

まだ食べられて間もない様子だったので、残念です。

このアルビノの由来はビニールハウスの土の中からフツーのミドリガメと一緒に出てきたそうな。

当時はまだT+アルビノの存在も少なかったのですが、見た目からはT+と想像され、代表格のレモンライムアルビノ♂と去年は掛けましたら、見事にミドリ祭りとなりました。

そこで今年は、別種のT+アルビノ、キャラメル♂と掛け合わせるべく、同居させておりましたが、さてさて、受精しているでしょうか?

また、運良く受精していたら、何が出てくるのでしょうか。楽しみですねup

10


にほんブログ村

upクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いしますcloud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.01

天然アルビノ、今年はキャラメルアルビノと交配

にほんブログ村

upクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

応援クリックよろしくお願いしますsun

20130225_095522w

クーリング中です。

かなりの色白ですが、象牙みたいな感じの甲羅です

生まれつき、シッポが超短くて、♂にとっては交尾は至難の業のようです。

眼の色が今まで数々のアルビノをみてきましたが、この子は海老茶で特徴があります。

まだT+が一般的でなかった頃に結構なサイズでした。

元の持ち主さんが、あまりにも視力が良いのと、肌が紫色が入っているというので、レモンライムアルビノかと思いましたが、どうも甲羅の質感が違います。

日本のビニールハウス内で穴からゴソゴソと普通のミドリガメと一緒に生まれて出てきたそうなので、本当に奇跡的に捕獲された個体です。

うちには天然パステルも縁あって来ましたが、去年ついに戻し交配でパステルの繁殖にこぎつけたので、この天然アルビノのアルビノ系のベビーを早く見たいです。

難関はシッポの短さなんですよね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012.12.18

天然アルビノ×レモンライムアルビノのヘテロ


にほんブログ村

upバナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします【画像クリックで拡大します】012
010
013

12月15日に画像投稿した天然アルビノから生まれたヘテロです。

相手のオスはレモンライムアルビノです。

甲羅の緑色がノーマルと比べると、やや変わった緑かな?

6月と7月に産んだ、2クラッチ分4匹のみの貴重なヘテロです。

天然アルビノ自体が珍亀の中の珍亀です。

ちなみに、天然アルビノが生まれた現場は、とある所のビニールハウス内で、土からぞろぞミドリ亀が誕生していた中に3匹のアルビノがいたうちの1匹が、とある縁でアルビノ邸にやってきました。

もう8年も前のことで、その時の兄妹を探しましたが、見つかるはずもなく、去年ようやく、同系列と思われたレモンライムアルビノと繁殖させましたが、ヘテロオンリーでした。

| | コメント (4)

2012.12.15

オンリーワン 天然アルビノ ベビーの頃


にほんブログ村

upバナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします【クリックで画像拡大します】Rimg0177jpg1 Rimg0176jpg2 Rimg0175jpg3

天然アルビノが小さかった頃の画像が出て来ました。

1枚目の甲羅の画像を見てもわかるように、凄く珍しい色味と模様ですね。

当時はレモンライムアルビノという説もありましたが、多くのレモンライムアルビノを見た私の目には全く別物のように見えます。

眼の色はレモンと近いように思いますが、葡萄眼ではなく、エビ茶色眼で、白眼部分はゴールドです。

去年はレモンライムアルビノと掛け合わせ、繁殖成功しましたが、やはり、レモンライムとは違っていたのか、遺伝子座が違うのか、オールヘテロでした。

| | コメント (4)

2012.08.07

天然アルビノの話

Photo_2

3日目突入。三日坊主にならないように頑張りたいですの~。

センセーショナルな見出しですが、ベビーの頃の写真が出てきただけで、期待した人、ごめんなさいsweat02

この個体は農家のビニールハウス内で穴から続々と緑ガメが這い出してきた中の1匹だそうで、自然界での確率は200万分の1とも言われていますの~thunder

そんな凄い奴が我が家にやってきたのが8年前。

今は象牙色の甲羅にエビ茶色の鋭い目つきになりました。

ベビーの頃の画像を見ると、薄緑の甲羅に薄緑の頭ですね。

肌の色は今は薄いフジ色の時もあれば、白い時もあり不思議なカメです。

尻尾が5mmぐらいから成長せず、交尾がなかなか成功しませんでした。

種から育て、苦節8年、今年はめでたく、有精卵が取れましたの~cherryblossom

あとのことはヒミツです。

興味のある方、ワシのブログを注目しておいて下さい。

緑祭りになってズッコケるか、卵のままミイラになるかは、神にしかわかりませんが・・・sweat01

| | コメント (16) | トラックバック (0)