スノーアルビノ

2017.11.04

スノー ラストクラッチ

ラストクラッチのスノーも少しずつ大きくなってきました。002

スノーは目が悪いといわれていますが、この子は人影をみると、餌くれダンスします。

沈んだ餌も上手に食べています。

同じ親から生まれても、色んな子がいるみたいです。

001

アルビノ、キャラメルたくさん生まれました。

興味ある方、メール件名に、お名前を入れ問い合わせて下さい。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.29

至福の時間

日向ぼっこ中のスノー、アルテたちですが、とても気持ちよさそうです。

10294

昼間の陸場温度は、この季節は30~40℃ですが、寒くなければ神経質にならなくてもよいです。

蓋をしないと、いくらワット数の大きなライトでも気温はあがりません。

窓際に水槽設置してるので、数十分間は直射日光も当たります。

10293

うちでは、水換えの時もカメは水槽に入れたまま、じゃぶじゃぶ洗い、一切カメには触れません。

特に寒い時季は手にとって見るだけでも色変ベビーには強いストレスが掛かります。

私は釣り好きですが、漁師さんの話では、タチウオは人が手で掴んだら、逃がしてやっても死ぬそうです。カメはそこまで弱くないけど、人に触られることは、好まないと思います。

ベビーから大切に育て、信頼関係が出来たら、カメの方から、手に乗ってきます。それまでは我慢ですね(笑)。

10292

下の画像のように、電球は水槽内に吊るします。

このライト、店舗の商品を照らすハロゲンライトです。

小型で軽量なので、小さい水槽に入れても邪魔になりません。

爬虫類用に拘る方もいますが、これで十分です。

肝心なのは、カメが暖まれる熱量です。LED球は寒くてダメです。

ちなみに、45×60の水槽を45cm側から撮影しています。

右に見えるアクリルの塔はオーバーフロー水槽なので、下の水槽に水が流れるパイプを隠すためのカバーです。

陸場は、ホームセンターの園芸用の石です。

10291

下の画像は夜はハロゲンライトを取り出して、ガラス蓋と交換し、上から水槽内の気温を上げるための器具です。

確か暖トツとかいう商品名でした。

各種水槽にぴったりのサイズがあって、便利です。

空中にサーモスタットのセンサーをセットして、温度管理しています。

うちの子亀セットの中で一番高い買い物ですが、夜の気温に注意することが、ベビーの元気の源となりますので、皆さんも、夜の気温に気をつかって下さい。

暖める装置がない場合は、ガラス蓋をして、陸場は取り出すことを励行して下さい。

色変アカミミのベビーは寒さに敏感なので、そうしないと、食欲がなくなり、元気もなくなります。

そうなると、いわゆる食の細い子となってしまい、とても飼育が難しくなります。

1029


アルビノ、キャラメルたくさん生まれました。

興味ある方、メール件名に、お名前を入れ問い合わせて下さい。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.01

スノー 最後のクラッチ誕生しました

いよいよ、ラストクラッチのベビーたちが続々と生まれてきました。

今年は調子がよかったスノーも出てきました。

005

こうして見ると、オモチャにしか見せませんeye

撮影を重ね、興奮してきたのか、ピンク色が濃くなってます。

004


003


001


002

下は、キャラメルアルビノとアルテ×アルビノのダブルへテロ軍団です。

ヘテロ軍団はノーマルアカミミ並の強靭さで、とても力強いです。

006

ブログ掲載のベビーお譲りします。

アルビノ、キャラメルたくさん生まれました。

メール件名に、お名前を入れ問い合わせて下さい。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017.08.24

別系列からスノー誕生

今回のスノーは力強い子たちです。

卵から出た直後とは思えないぐらい、しっかりしています。

824


8241


8242

ブログ掲載のベビー、欲しい方は、お気軽に相談ください。

メール件名に、お名前を入れて以下アドレスまでお願いします。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.18

スノーの成長記録 アップ画像多数

7月末に生まれたスノー2匹ですが、とても元気で、餌食いもよく、ピンセットを見たら、近寄ってきて、口をパクリと開けて餌をねだってきますhappy01

今後も変化してくると思いますので、2匹の現在の画像を撮りました。

012

興奮すると頭のピンク色が鮮明になりますup

甲羅の白色が抜けるような白となって、繋ぎ目だけが蛍光イエローっぽくて、凄い個体になってきました。

この白さはスノーでもなかなか見たことありません。

あまりにも薄く抜けてきて、内臓部分が黄緑っぽく透けているようにも見えますeye

011


010

目玉全体が真っ赤でなので、とても目が大きく見えます。

006


腹はこんな感じで、あっさりしています。

004

005


002

ブログ掲載のベビー、欲しい方は、お気軽に相談ください。

アルビノ×アルテのヘテロ緑(見た目はただのミドリガメです)、格安にてお譲りいたします。

メール件名に、お名前を入れて以下アドレスまでお願いします。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.02

スノーが卵から出てくる場面

昨日、スノーが卵から出て来る場面に遭遇しました。

飛び出すのが、思いのほか速くて、デジカメでは撮れませんでしたが、それだけ元気だということで、次に期待しますsweat02

014


011

スノーピンクと言われる由来は、この肌の色にあるのでしょうね?

興奮すると、よりピンクが際立ちます。

ピンク色は温度などによっても、リアルタイムで変化します。

010


009


007

この瞳が凄いですね。普通のアルビノとは全然違います。

アカミミガメの象徴であるアカミミ部分はありません。

ブログ掲載の亀についてはお気軽に相談ください。

メール件名に、お名前を入れて以下アドレスまでお願いします。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

スノー誕生の瞬間

昨日アップしたスノーが誕生する瞬間の画像です。

717

卵から出て来るのに時間が掛かったためか、甲羅に卵に締め付けられた凹みがありますが、時間とともに

■質問などメールでお気軽にどうぞ。

同時に生まれた緑色のヘテロをお譲りします。

メール件名に、お名前を入れて以下アドレスまでお願いします。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.07.16

スノーが生まれました

スノーとスノーのへテロが卵から出てきました。

7161

今回のスノーは特に美しいです。

ヘテロの方はミドリガメにしか見えません(笑)

716

■質問などメールでお気軽にどうぞ。

画像の緑ヘテロ、お譲りします。

メール件名に、お名前を入れて以下アドレスまでお願いします。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.06.05

2016スノー 成長記録

2016自家繁殖スノー♀確定みたいです。

65

目全体が真っ赤に見えますが、実は、アルテのように、目の中心には、やや濃い赤い芯があります。アルテは芯部分だけが、赤でその周りは濃い紫色なので、ターミネーターアイとも呼ばれています。

スノーには、アカミミガメの象徴であるオレンジの耳はありません。

651

爪は恐ろしいほど黄色いです。

これだけ黄色いと爪が伸びる♂のアダルトは見ごたえありそうです。

652

かなり怒って、シューッという威嚇音を発しています。

653

口の縁取りが黄色いのも特徴のひとつです。

肌の色は興奮するとピンクが濃くなります。

最後の画像のピンク色は凄いですね。

654

■質問などメールでお気軽にどうぞ。

2016アルビノ、キャラメルアルビノ1匹のみ、お譲りいたします。

2017色変アカミミご予約承ります。

メール件名に、お名前を入れて以下アドレスまでどうぞ。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックして応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.05.27

恐るべき成長スピード スノー誕生が楽しみになりますね

南の方に行った、2016スノー・アルテへテロのアルビノ表現です。

15

生まれて9ヶ月も経っていないはずですが、甲長約15cmとのこと。

甲羅の成長線や肉付きをみても、無理に大きくした痕は見られず、綺麗に育てられています。

普通に飼育してここまで急成長する個体は、なかなかいません。

また、これだけ人に慣れていると、卵の回収や、水槽から産卵床に持って行く際にもカメに与えるストレスは少なくなります。

アカミミは種類によって、人への警戒感が全く違います。

愛玩動物でなくても、長年人に飼われ改良されてきたためか、アルビノ系は温厚で、人の手に自ら乗ってきたり、頭を撫でても怒らない個体も多いです。

一番人に慣れないのは、パステルで、持つとヘビのようにシューッと威嚇して来る個体が多いです。近づいても、ダイビングするのはパステルばかりです。

このように警戒心が強いカメは水槽の位置を高くすると、人を怖がらなくなります。

■質問などメールでお気軽にどうぞ。

  わずかですが、2016アルビノ、キャラメルアルビノお譲りいたします。2017色変アカミミご予約も承ります。

 メール件名に、お名前を入れて以下アドレスまでどうぞ。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックして応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)