ニシキダイヤモンドバックテラピン

2015.12.10

メタハラで陸場を暖める

太陽光が入らない水槽には、爬虫類用のメタハラを入れています。

サンライト・レックス70で、今では新品は手に入らないかも知れません?

今は水温は20℃ぐらいですが、空中温度は一番高い所で40℃ぐらいです。

この日は、なんと44℃オーバーでしたsweat02

この温度でも、オルナータ・ダイヤモンドバックは涼しい顔をしています。

Photo

水中にはまだ、ヒーターは入れていません。

120×45㎝水槽でヒーターなしでも、今年はまだ十分です。

(左が水温、右が水槽内で一番高い場所の空中温度)
2


室内と繋がったサンルームの水槽は、ホットスポットなしです。

それでも、亀たちは、気持ちよさそうに日光浴をしています。

こちらも水温は20℃近くあり、交尾行動は、まだ見られません。

いつもの年なら、そろそろエサも一旦切ります。

今年は、まだ暖かいのでルーティンどおりにはいきそうにありません。

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

いるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.23

春の紫外線

51

リビング水槽も春の日差しが気持ちいいのか、クサガメもパステルアカミミガメもニシキダイヤモンドバックテラピンもザワザワと上陸し、ホットスポットだけでは見られなかったような表情で甲羅干ししていますup

やはり、自然の紫外線に勝るものはないようですねsun

そろそろ飼い主もスイッチ入る季節ですrun

まずは、カメ大喜びの魚を釣ってこないといけませんねwave


52


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.03.20

こんな感じで眠っています

50

いろいろな種類のカメさんが4段積み重なって眠っていました。

シャッター下りる前に、えらく早くから長時間光るスマホのストロボで目覚めさせて悪いことをしました。

下から、

ニシキ(オルナータ)ダイヤモンドバックテラピン

スジクビヒメニオイガメ

ピュールパステル2012

ピュールパステル2013

パステルアカミミはアカミミなのに、目玉が真ん丸でアカミミのきつい目ではありませんね。

顔が写っていませんが、ニシキダイヤの目玉も真ん丸です。

黒目が大きくて白目はほぼ見えないぐらいなので、物凄く可愛く見えます。

人間もカメも目が大きいと可愛く感じるのはなんでだろ~?

テツ&トモの営業の人気が衰えないのはナンデだろ~?

カメも釣り掘りの魚も、隅っこに集まる習性があるのはなんでだろ~?

そういえば、電車の座る場所も一番端から埋まっていくのはなんでだろ~?


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.10.25

ニシキダイヤ 夜の風景

33

奥の♂は、かれこれ10年近くは飼育しています。

ニシキダイヤは何度も繁殖には成功していますが、1クラッチ産むと♀は餌を食べなくなり、死んでしまう出来事が3度もあり、もうニシキダイヤはやめようと思っていましたが、自家繁殖ニシキダイヤの♂とこの♀をトレードしてもらえるという話をいただき、手前の♀を迎え入れました。

配合飼料をバクバクと食べてくれるので楽チンです。

♂と同じぐらいのサイズで産卵はまだでしょうが、頭の大きさは♂の倍ぐらいに感じます。

アカミミも♀の方が頭が大きくで好みですが、ダイヤは更に♀の頭が大きいですね。

頭の斑点の少なさもお気に入りです。

♂の頭はある時季にはピンク色に発色して面白いです。

基本的に非常に強い種類だとは思いますが、繁殖させるたびに♀が死んでしまうので、何が悪いのか全くわからない所が怖いです。

自分の場合、10年飼い込みできて、飼育はまあまあ成功だと思っていますので、♂に関しては自信はつきましたが、♀に関しては全く知識ゼロです。

ひょっとしたら、産卵時季ぐらいは汽水にしないといけないのかもしれませんか?

あと、うちは水槽繁殖なので、広大なラグーンに出ることもあるニシキダイヤは繁殖のために、水場から遠い産卵陸場を設けないと、ストレスが掛かる可能性は大きいと思います。

アカミミも視力の弱いアルビノは水槽産卵は簡単ですが、自然下で捕獲されて、我が家に来た天然パステル♀は水槽では産んでくれません。

今後も色々と試行錯誤しながら、ブログに書き綴って行きたいと思いますが、一度の掲載が正しい答えではなく、継続して読んでいただかないと、失敗を載せていることもあると思いますので、皆さん、自己責任で参考にして下さいね。


34

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

upランキング参加中。「にほんブログ村」の文字をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。よろしくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.07.24

ニシキダイヤ その後

11

このまえ、迎え入れたメスのニシキダイヤですが、結構神経質な性格です。

発送のストレスからか、当初1週間は餌も食わず、心配させてくれました。

最近は爆食してくれますが、他のカメは餌くれダンスが激しいのに、まだあまり寄ってきません。

そこで、室外のFRP水槽に入れましたが、広い水槽内だと、ほとんど陰に隠れて出て来ないので、今朝、リビング水槽に戻すことにしました。

ついで、何枚か記念撮影ですmobilephone

12

このカメの肌の白さの質感は他種ではなかなか味わえないものです。

ベースにはブルーが入っていますので、カメの気分によって、真っ白になったり、ブルーが混じったりと魅力的ですよ。

その白に対する甲羅の黒は、これまた、これぞ黒っていう艶のある黒でコントラストがたまりません。

甲羅の縁のオレンジ色もオシャレですねscissors

腕はフロリダのラグーンを泳ぎ回るためか、極太ですね~typhoon

目のクリクリさはアルティメットパラドクスアカミミを上回る可愛さですeye

13

メスのニシキダイヤは、このサイズでもオスと比べると頭が大きくて、巨頭好きには、いい感じです。

14

腹甲にはなかなか渋い模様が入っています。

いつか、またニシキダイヤを繁殖させたいものですね。

ただ、ニシキダイヤの正しい飼育方法が未だにわかりません。

本来は海に出るカメですから、時には塩が必要なものか?

うちで10年近く飼育しているオスのニシキダイヤは完全な養殖物なので淡水オンリーで問題なく繁殖まで成功していますが、1匹だけ長期飼育できているだけで、本当に良い環境とはどんなものか?

サンゴの砕いたものを水槽に入れると結構食いつきがよくて、発送ストレス中に最初に食べたのが餌でなくサンゴでしたので、これって何かのヒントでしょうか?

どなた様か、うちは10年以上、何匹もこんな環境で飼っているよっていう方がおられたら、ヒントを教えていただけると幸いです。

この種類、中期飼育までは簡単だと思いますが、繁殖に成功するとメスが死んでしまうというアクシデントを2度も繰り返してしまい、私にとっては難易度の高い種類です。

色変アカミミよりも私にとっては高いハードルですが、このハードルを越えることは、大きな楽しみでもありますね。


にほんブログ村

up気に入ってもらえた方、上をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いしますrain

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.07.07

ニシキダイヤの繁殖 再開へ

11

ちょっと前の書き込みでニシキダイヤの繁殖を再開して欲しいと何人かの方から言われ、個人的にも好きな種類なので、再開すべく、♀を迎え入れました。

オルナータダイヤとかニシキダイヤと言われる、名前の通り、美しい亀です。

画像では伝わりませんが、頭の中にうっすらとパステルピンクが入っており、透き通ったような感じの魅力的な肌の質感です。

今まで繁殖に成功したベビーは、たまたま卵を網で掬い取り、食べられなかった時だけで、本当はニシキダイヤの飼育方法すら知らない素人です。

うちでは完全な淡水飼育で、餌は色変アカミミと同じものをやってます。

注意点は肌が弱いので、特に暖かくなってから急に冷え込んだときは、注意しないと肌荒れを起こしますので、室外飼育にはあまり向いていない亀です。

この飼育方法が半ワイルド飼育のような、うちの環境には合わないので、ダイヤは1ペアのみで長年やってきました。

今回も1ペアのみ、♀はまだ小さいので、うまくいっても繁殖まで数年は掛かりそうです。

それまで、気の長い方はどうか、お待ち下さい。

また、完璧に立ち上げられた際には、ブログに登場してもらいますhappy01

12


にほんブログ村

up気に入ってもらえた方、上をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いしますsun

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013.07.01

ニシキダイヤ 自家繁殖個体その後

16


2012年8月6日に孵ったニシキダイヤの2年後の経過報告です。

11

11cmの♂になりました。

12

残念なことに尾先が丸くなってしまいましたsweat02

頭の色は温度によって変化します。

力が強くて、画像撮影が大変です。


にほんブログ村

up気に入ってもらえた方、上をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013.03.10

ニシキダイヤモンドバックテラピンのお目覚め


にほんブログ村

upバナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

応援ポチよろしくお願いしますsun

1

今日は、やけに暖かいな~sun

眠いけど、腹が減ったな~cancer

おっ、アルビノさんだ、餌くれるかな?up


2

ワシも腹減ったと言って、アルビノご老体も登場bomb

更に上にはアルビノのオッカサンまでも寄ってきましたdash


3

ニシキ君、負けておられないと、スイッチが入り、全力餌くれダッシュですtyphoon

ニシキ君は顔の色がコロコロと変化して、とても面白い種類ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.10

オルナータダイヤ 画像拡大して楽しんで下さい。

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

2011年自家繁殖。甲長、10cm。

甲羅のコブが凄いです。

これぞ本物のオルナータダイヤって感じですねdash

画像をクリックしたらPCの場合は拡大画像を見れます。

006

ブラック&ホワイトのコントラストが目を引きますよsun

004

アルティメットのようなつぶらな瞳がたまりませんねeye

002

父親はオレンジ色がもっと強いので今後が楽しみですよscissors

001

凄い力です。お腹は石で出来ているみたいな質感ですねcoldsweats01

007

| | コメント (12)

2012.09.11

うす紫色の頭、甲羅にはオレンジの斑点の亀

Photo


にほんブログ村

upあなたのポチが励みになります。

昨日の天然パステルの子の誕生ですが、お母ちゃんを川で捕獲したハンターさんからも激励のメールいただきました。ありがとさんですmailto

コーフンして苦節6年っ書きましたが、4年の勘違いだったみたいですsweat02

今日紹介するのは結構お年寄りのオルナータダイヤshine

アルビノと同居しております。お母ちゃん募集中heart04

黒い甲羅にオレンジの斑点がチャームポイントですfullmoon

| | コメント (9)