« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018.05.28

アルテが産卵しそうだというのに・・・

2017.05.28()田尻サンクスコースB生簀

アルテが産卵しそうなんです。でも、釣りは我慢できません。

田尻の5,400円サンクスコースにご近所さんと行ってきました。

全員が着席後、見回すと、ナ・ナント、好ポイントの和歌山側一番奥角が空いているじゃありませんか。

1番入場の方から「今日は、その角、網張り出してて釣りにならんで~」とアドバイス。

でも、もう真ん中以外は、埋まっているので、「とりあえず、やってみますわ」と答える。

網の様子をタナ取りで探ると、自分の枡の左ラインはなんとか釣りになりそう。

ここでイサキ数匹釣れたらラッキー作戦にでます。

スタートして、数分でミニ鯛が釣れました。続いてイサキ。

でも、後が続きません。

禁断の角の沖を攻めるも根掛かりラッシュ。濁りが強くて、網の海溝が狙えません。

浅場で横網の張り出しがハンパないので、諦めて、渋々、真ん中に移動しました。

真ん中なので、シマアジを狙います。

最近はサンクスコースも少なめですが、シマアジや青物も放流されます。

あっさり、居残りシマがきました。「ここ、ええんちゃう?」・・・

と思ったら、各所で青物コール。

せっかくシマが釣れているのに、青物の活性が高く、竿を上げて待つことの繰り返し。

タナは3m~4mの間で、コロコロと変化しますが、よく食います。

他の方々も投げてきますが、食う場所は私の前だけなのか、1人で4連チャン。

真ん中も閑古鳥が鳴き始めたので、元の場所に荷物を持ってまた移動。

イサキを狙う。筏竿で2mラインの横網に引っ掛かる直前を探るとイサキのアタリ。

小さいのが釣れました。もう1匹追加。

今度は居残りのイシダイとイシガキを狙うも反応なし。

まったく釣れる気がしなくなったので、もう一度、真ん中に荷物を運び移動。

シマはダメでしたが、マダイ2匹とイシダイが釣れました。

タイは狙えば、結構釣れそうでしたが、シマの誘惑には勝てず、大半の時間をシマ狙いで楽しみました(笑)

528

アルビノさん(サンクス)
マダイ‥‥‥3
シマアジ‥‥‥5

石鯛‥‥‥1
イサギ‥‥‥3

アルビノなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018.05.17

スノーを生んだアルテが産卵

517

このアルテからは去年、結構な確率でスノーが誕生。

産卵のタイミングはわかりやすくて、水槽から出すとホリホリ。

でも、とても不器用で、掘っては両足を絡めて、穴に土は逆戻り。

途中、周りの土を私が押さえて崩れないようにして、無事完了。


5171

クロコブチズガメも産卵しました。

5172

産卵直後、卵を回収して、リビングの卵置き場に持っていきます。

土質はご覧の通り、結構固い土です。

皆さん色々とこだわりがあるみたいですが、うちは普通の庭土オンリーです。

アルビノなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018.05.07

シマアジのアラは亀のごちそう

2017.05.07(日)田尻サンクスコースB生簀

田尻の5,400円サンクスコースにご近所さんと行きました。
予報では、開始から終了まで10mの強風で雨。
予約していたので、仕方なく行きましたが、思っていたよりマシみたい(笑)

今日は大生簀に13人なので、角じゃなければ、どこでも入れます。
最初は雨に当たらない所に入りましたが、アタリひとつありません。
1時間近く、角の人しか釣れないので、人が少ない雨の当たるところに移動。
人の気配がないためか、1投目から明確なアタリ。
狙っていた、丸々としたシマアジでした。
サンクスコースなので、シマアジの放流は少ないため、大して残っていないと思っていたけど、
2ヒロから1ヒロ半の間でポツリポツリ。
移動してきた方が、私の横に陣取りますが、人が来るとアタリもなくなるパターン。
皆さん、我慢できず、また移動。そしたら、また私の仕掛けに食いつくの繰り返し。
大生簀はシマアジは広範囲に散らばるので、反対に入ると難しいことが多いけど、今日は雨のおかげで、生簀の半分は広く使えるし、私の前が一番いいみたい(笑)
シマアジが釣れるので他の魚は狙わず、地味に楽しめました。
ご近所さんは、奥角に入り、綺麗なイシダイを1匹釣られました。
帰り間際には立っているのがやっとという強風に見舞われましたが、ラストのシマアジ追加(笑)57

○○市…アルビノさん(サンクス)
マダイ‥‥‥1
シマアジ‥‥‥9
イサギ‥‥‥1

総括
強風や雨のせいで水が濁っていて、1ヒロ底も見えませんでした。

アルビノなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018.05.06

色白アルビノも産卵しました

先日は黄色にオレンジラインの入ったアルビノが産卵しましたが、今日は、色白アルビノが産みました。

561
今日も、水槽から出して、ものの数分で穴をホリホリ。

なかなか良いタイミングで産卵床に持っていけたみたいです。

たくましい腕ですね~。

56
ここまで掘ったら、目印を置いて、リビングで待ちます。

しばらくして、見に行くと、埋め戻しを始めていたので、

亀さんは別の場所で埋め戻し作業をやってもらい、掘り出しました。

良い感じの卵10個を回収。

保温水槽に入れようと思ったら、先日のアルテの卵のプラケが水没

しているではありませんかcrying

今年もやってしまいました。去年はパステルとアルテの卵が水没。

水槽内に沈めているプラケが増えたので、水位が上がってしまい、

小さな揺れで、プラケにあふれた水が入ったみたいです。

それにしても、同じプラケなのに、2個だけ水没したのが不思議。

562

アルビノなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.05

キャラメルアルビノも産みました

産卵ラッシュは続きます。画像はありませんが、アルテも産みました。

キャラメルアルビノの♀からは、T-アルビノにしか見えないベビーや、ヒョウ柄のアルビノやレモンライムカラーのアルビノなどバラエティーに富んだ個体が生まれています。

たった1匹の♀から4パターンもの色味が楽しめて、繁殖が面白い種です。

アルビノは不思議な生き物で、見た目は同じアルビノ同士を掛けても、T+種は、緑しか出ないケースが多々です。

そういうことを防ぐには、兄妹同士の掛け合わせが確実にアルビノを繁殖させる近道です。

T-種にも同じことが言えますが、遺伝子座がかみ合わないと、緑ばかりでて、思ったようなベビーが出ないのは、色変ではよくあることです。

54
朝、水槽を覗くと、かなり産みそうな気配を感じたので、産卵床に出してやると、すぐに穴掘りスタートup

541

短時間で産んでしまい、最後の1個を産み落とす瞬間にシャッター切りましたが、惜しくも写っていませんでしたcoldsweats01

この直後に埋め戻し作業が始まり、すぐに掘り出して、保温しました。

アルビノなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »