« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018.03.29

2017ベビー便り

うちで生まれた、2017ベビーの画像をいただきました。

凄く綺麗に育てていただき、ありがとうございます。

Photo

アルビノなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.26

冬眠明けの亀、タチウオを爆食い

2017.3.26()春日丸 タチウオ

ようやく釣りに行けたと思ったら、タチウオは本日で終了とのこと。

私は空いていた左舷前から3番目に入る。

ご近所さんはラッキーなことに、左舷後ろから2番目に入ったら、トモに誰も来ず、広々。()

今日の船長は見習いの、お兄ちゃん。

ポイントは半日通してずっと、洲本沖でした。

深い場所は捨てて、75㍍から58㍍の棚に狙いを絞ると、64.2㍍で入れ食いがありました。おかげで、他の人を引き離し、竿頭で有終の美を飾ることができました。()

今日はメーター級も釣れて、手巻きのしんどさを満喫でき、大満足。()

326

 

本日の釣果 私12匹で竿頭 ご近所さん7匹で3番竿

釣れたタチウオの尻尾付近と、カマは冬眠明けの亀に与えました。

物凄い勢いで、あっと言う間に完食。(笑)

アルビノなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.05

流氷と氷爆まつり&源泉かけ流し温泉

2月25日から4連休。初日はタチウオ釣り行きました。予報がハズレ、結構なウネリ。南淡路まで1時間半も掛かりました。前日は好調だったらしいですが、イマイチで洲本に変更。洲本はウネリがまともで、横波が柵を乗り越え、靴が浸水。タチウオ釣果は8匹。この季節としては十分に楽しめました。

翌日から北海道の温泉&流氷&氷爆祭り。
わずか1時間半で新千歳に到着。淡路島までと同じ時間で随分遠くまで来ました。(笑)
気温-3℃。無風で昨日の釣りより暖かく感じます(笑)
バスで走って、夕方、ようやく宿泊地の阿寒湖に到着。
源泉掛け流し温泉でポカポカ状態で、アイヌの火祭りを氷結した湖上で満喫。
気温-15℃。夜は流石に寒いけど、澄んだ空気の中での花火に感動しました。

翌朝は-20℃。でも、日差しが雪に反射して、全く寒くありません。この日は、摩周湖&網走&層雲峡へ。
滅多に凍らない摩周湖が凍ってました。
途中車窓から見える川も、汽水湖も氷結。
強烈に心に残った原風景でした。

流氷船は外国人もいっぱいでした。
出港から流氷が見えるまでは、皆さん、船内でポカポカモード。

流氷が見えた途端、みんな大興奮で、寒さも忘れ、外のデッキでワイワイ。
写真になると、大自然がちっぽけになってしまい残念。

この日のホテルは層雲峡。前夜に続いて、寒い地域です。
お目当ては、氷爆祭り。川の水を撒いて、人工的に作られた氷の建造物が見ごたえあります。

ここの気温も-15℃。
氷の中に入ると、寒さは和らぎます。

これまた、写真に撮ると小さくなって、しょぼっ(笑)
宿に帰って、露天温泉に浸かってると、洗った髪の毛は数分でカチコチ。凍らないように、常に頭をお湯のついた手でかきあげないと、髪が折れてしまいそうでした。(笑)


065


071
全面氷結した摩周湖。秋に見た時より感動しました

075

流氷の下の海は栄養満点で魚が豊富
080
空の色とのコントラストがなんとも言えません

088

船の通った痕だけ海が開けています
093

層雲峡の氷爆まつり。氷の建造物の中に入れます
097
ハラガケガメの頭に見えました(笑)

100
なんとも幻想的な色合いです

102
これだけ細かい細工が常温でずっと融けないことに驚き

103
折れて頭に突き刺さらないか心配しました

105


106


108
川の音と幻想的な光のコラボが素晴らしい

109
流星の滝。真ん中付近は轟々と流れ落ちています

112

銀河の滝は、滝の形のまま、全面氷結してるように見えました
118

旅から帰ったら、ハラガケガメが6個産卵しました(笑)

アルビノアカミミなど色変に興味ある方、メール件名に、お名前を入れお気軽に何でも聞いて下さいね。

cgaagoo@yahoo.co.jp

↓をクリックしてブログ応援の1票お願いします。


にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »