« 安心してください 生きてますよ。 | トップページ | ワイルドだろー »

2016.01.31

奈良に旨いモンあり

初めて奈良の宿泊旅行に、出掛けました。
口コミ情報を見ての予約でしたが、評価通り外観は相当古さを感じます。
レトロな感じの受付で話を聞くと、泊まり客は我々だけとのことで、ちょっと不安に。
チェックインまで2時間はあるので、雨の中、嫁が行きたいという信貴山・朝護孫寺参りにテクテクと。

2


雲が低く、麓から見える本堂は幻想的でした。 まずは嫁が集めている朱印記帳に銭亀堂を目指します。

3


お堂は撮影禁止でしたが、芸人のサインがいっぱい。オカネのニオイがぷんぷん(笑) 朱印場の女性の勘違いで?祈禱の場に通されて、嫁さんは祈禱を受けることに。

寒い中、しばらく待つと、お坊さんが来られ、ホラ貝を吹き始めました。 初めての生ホラ貝、テレビで聞いた音色とちょっと違っていて、笑ってしまいそうになりましたが、ここで吹き出したらバチがあたると必死に堪えていました。

今度は太鼓を叩いての読経ですが、こちらは凄く迫力があり、外国の方々が好みそうな感じ。寒かったけど、貴重な体験ができました。

外はもう、宿に戻りたい気分になるぐらいの本降りですが、嫁さんは毘沙門天王に向かっていきます。着いた頃には靴の中はびしょびしょですわ。 結局、2時間近く、雨の中を歩き、「寒修行」を終えて、ようやく宿に戻れました。

部屋に通されると、信貴山が眼前に広がる大きな窓と、客室露天ぶろの明かりが、なんとも良いバランスを醸し出していて、不安一蹴、テンションはマックスに。

5


仲居さんが露天ぶろに湯を張ってくれていたのですが、冷えた体を暖めたいので、大浴場へ行きました。 他に客はいませんので、これ以上の贅沢はありません。

脱衣場の壁は土壁で木もふんだんに使われ、小さいながらも気分よく入浴できました。 100年の歴史ある旅館らしいですが、我々が滞在した空間は5年前にリニューアルされ、和モダンな感じで統一されていて、良かったです。 夕食は・・・ 安心して下さい。奈良に旨いモンありでした。(笑)

料理の献立は、凄くないですが、全ての料理にきめ細やかな繊細さが感じられ、薄味がわかる人には、最高のもてなしだと思いました。 この外観で(失礼)、100年も続いている理由がわかったような気がします。

ちなみに、我々が泊まった日はたまたま1組だけの宿泊でしたが、翌日は満室だということで、ラッキーだったみたいです。

翌日は、安倍文殊院のご本尊、国宝・木造文殊菩薩騎獅像を拝観しましたが、7㍍もある、実物を見てみると、凄いオーラを感じます。

6_2


霊感は全くない私でも、本堂は空気が違うことを感じる空間でした。 ここでも、朱印をもらって、帰宅しましたが、仏教美術に目覚めたかも知れません。

奈良に旨い物ナシなんて、言ったのは、誰だか知りませんが、老舗旅館の夕食の実力は全国屈指かもしれませんな。 一見、豪華に見える、伊勢エビや魚の姿造りはありませんが、最近ではどこでも珍しくありませんし、本当においしい魚介は少ないですね。

普通の料理(食材は豪華でなくても、良い物を使った)がおいしい旅館がもっと見直されてもいいのではないでしょうか?

最後に泊まった宿は「柿本家」という所です。 このご時世、このサービスを維持するのは大変でしょうが、これからも繁盛して欲しいと思わせる、お宿でした。

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

|

« 安心してください 生きてますよ。 | トップページ | ワイルドだろー »

車 旅 温泉」カテゴリの記事

コメント

仏教美術に目覚めましたか。(笑)
私も、今年は仏教美術と風水に目覚めていまして、来週、自分の守り本尊の「不動明王」の懐中御守(柘植の木彫り)を購入します。

投稿: 青亀 | 2016.01.31 17:01

青亀さん

趣味が合いますね(笑)
私も風水の鏡を購入したいと思っています。
快慶の作品凄いです。
奈良は京都ほど人がいなくて、ゆっくりとできて良い所でした。

投稿: アルビノさん | 2016.01.31 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742343/63727743

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良に旨いモンあり:

« 安心してください 生きてますよ。 | トップページ | ワイルドだろー »