« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015.10.26

アルビノのクサガメ

アルビノはアカミミぐらいしか手が出ませんでしたが、うちで生まれたアルビノのベビーとクサガメのアルビノをトレードしてもらえる時代になりました(笑)

Photo

SPAと呼ばれる一番人気のクサガメのアルビノ種らしいです。

かなり大きいです。

サンゴの細かい砂をパクパクと食べています。

オルナータダイヤがサンゴ大好きなので入れていますが、

他の種類の亀にも好評です。

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.23

残った餌の掃除屋さん

Photo

オルナータ・ダイヤモンドバックテラピンと同居しているスジクビさんです。

ダイヤのエサ食いのマナーはアルビノアカミミと比べると、良くありません。

レプトミンスーパーは、最初は丸呑みですが、味に飽きたら、大変・・・sweat02

口をモグモグさせて、水槽の底にたくさんの食べ残しが沈殿しますdown

そこで、活躍するのが、沈んだエサの食べかすを綺麗に食べてくれる

スジクビヒメニオイ軍団です。

トレードできた子たちは、我が家の水槽にも慣れ、活躍中ですhappy01

ワイルドなので、スジクビと言えども、頭はかなり大きいです。

CBの綺麗なスジクビもいいですが、WCのフォルムも魅力的ですね。

2

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.20

亀の二階建て住宅

Photo

たまたま面白い場面に遭遇しました。

上にいるのがスーパーパステルクサガメ。

下にいるのがスジクビヒメニオイガメ。

どちらも、自家繁殖ベビーとトレードで我が家に来ました。

このスジクビはワイルド個体で、巨頭自慢なんです。

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.14

大ハタは釣れるのか?

2015.10.13()岬半日コース

 

久しぶりに岬まで足を伸ばしました。

朝が辛いので、のんびりと半額の半日コースにしました。

半日でも、ここ最近の好ポイント以外は結構空いていました。

大方の人が海側の奥に集中していましたが、風が強く、外海の砕けた潮をかぶる短辺には誰もおらず、ご近所さんと並んで入りました。

私が入った時点では通路側角の1日コースの人はボウズでしたが、

あえて釣れていない通路側を選び、ご近所さんは一番釣れている奥角に入られました。

 

入ってすぐにイサキが来ました。

タナは2ヒロ+30cm。結構深く全く見えなかったので、狙う人がいなかったのか?

 

数匹のイサキを釣ったおかげか、タイの活性も上がり、私の前は賑やかに(笑)。

私の前ですから、投入の精度やタナは私が一番有利で、1時間ほどで10匹ほど釣れました。

 

いつものサンクスコースにはない青物放流タイム。

食いも良かったので、久々の青物狙いをします。

でも、釣れるのは、真ん中の人ばかり。

しかも、投入する度に、他の人に食いつき、竿を上げて待つ時間の長いこと(笑)

 

セコイのか、鈍いのか、ジイさんは、竿上げて待つというルールに従いません。

これやから、青物狙いは嫌いですわ。

マジメに待って、投入の合図で入れたら、もう他の人に食いついてますわ。

追い食い狙いのルール違反の人が得する青物釣りはやっぱり面白くありません。

 

放流後の活性が止まった頃、ようやく、私の竿先が水中に舞い込みました。

でも、なんかスピードが遅いんです。

そのうち、動かなくなりました。

無理に上げると、むっちゃ重たくて、竿が限界までしなります。

 

周りは今年初の特大マハタちゃうか~って、色めきだっています。

周囲の期待はマックスです。

 

おーっ、ようやく、上に上がってきました。

ちょっと上げるのが早かったのか、一気にドラグを鳴らして、潜行しました。

 

また動きが止まったところで、極限の早上げに入りました。

スタッフが一発でタモ入れ、60cmはあろうかと思われる茶色い物体・・・

 

恐る恐る覗いてみると、魚は大きな糸の塊に。ペンチやタナ取り器やクッションゴムなど賑やかに絡んでいます(笑)。

 

どうやら、途中でバレたみたいです。新人スタッフも今年初の特大ハタなので、緊張のあまり、ゴミとハタを見間違えたみたいです。

 

実は私は途中で気づいていましたが、みんなの期待が大きすぎて、バレたとは言えず、巻き続けました(笑)。

 

ここで、大物狙いはやめました。

やっぱり、慣れんことはせんことです。

 

ハリスを2号まで落として、タナをシマアジにセットして、誘いを掛けます。

一発で乗りました。サンクスコースではありえん気持ちよさです。

魚影は全く見えませんが、はっきりとアタリが出て2匹続けてシマアジが釣れました。

シマアジ狙いに切り替える人が増えて、投げるコースが消えたので止めました。

いくら、一般生簀とはいえ、コースを通さないと簡単には釣れません。

 

そして、遅れて来た人3人分のイサキとタイが放流されたので、またタイ狙いに。

青物は真ん中で最後まで釣れ続きましたので、真ん中に移動したら、ほぼ釣れそうな1日でした。最終の頃の青狙いの方々は皆さん紳士で、見ていても気持ちよかったです。ちなみに、青物はベタ底だったようです。

 

Photo

 

高槻市…アルビノさん(半日)

マダイ‥‥‥6

シマアジ‥‥‥2

イサギ‥‥‥7

 

【総括】

タイは狙えば、もっと釣れたと思いますが、2桁乗ったところで、このまえ、たくさん釣れた時、配るのが大変だったので、自粛(笑)。

シマや青を狙うなら真ん中がよかったのですが、もう十分なので、場所移動はせずに、のんびりとやりました。

たぶん、シマは真ん中に移動したら、コースを遮られないので、釣れたはずです。

食いが良かったので、エサは何でも関係なし。タナは3337㍍。

魚は全く見えない潮でしたが、相当気配は感じました。しかも、食いそうな魚です(笑)

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.12

食欲の秋 大盤振る舞い

今年は松茸が豊作と聞いて、奮発して、国産を少しだけ買いました。

秋になると、食べ物がおいしいですrestaurant

焼き松茸と松茸ご飯にして食べましたが、さすが、産直は香りがいい。

焼き松茸はスダチが合います。

漬け汁にも香りが移り、全部飲み干しました。

傘の裏側が真っ白な松茸は新鮮です。

見た目の悪い格安品ですが、亀の甲ズレ同様、私は気にしませんup

とにかく活きの良さが大切だと思います。

Photo


そして、最近、嵌っているのが、イリコ出汁の味噌汁です。

ラーメンでも使われることが増えて、目にする機会も増えてきました。

カツオ出汁より、個人的には好物です。

2

何より、出汁ガラは亀のエサにもなるんですup

出汁ガラを細かくすれば、亀も大喜びです。

Photo_2

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.10.10

アカミミなのに耳のオレンジが無い

可愛いアカミミと評判のアルティメットパラドクスの2015ベビーたちです。

色変アカミミのチャームポイントは目だと思います。

パソコンの方は画像をクリックしていただくと、拡大画像が出ます。

2015

この種は、本来の白目部分が紫色で、中心がルビーのように輝いています。

目の周りはブルーのアイシャドーで化粧したみたいで、スタイリッシュring

個人的にはベビーの中では一番好きな種類ですが、

セミアダルトぐらいになると、ピュールパステルの甲羅の美しさに

圧倒的に軍配が上がります。

この顔にピュールパステルのカラーリングなら最強ですねup

2105

ここ2年ほど、ショップでは見かけなくなったので、自家繁殖の子しか知りませんが、甲羅の色合いは地味ながら、よく見ると、非常にバリエーションに飛んだ種類です。

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.10.07

超強力モーターの話の続き

上の先日の画像と見比べてみるとわかりますが、上部濾過をもう1台追加しました。

015

右下の黒いのが新設した濾過槽です。

Photo

ジャンボ濾過槽の上には、殺菌灯も追加しておきました。

新システムなので、まだまだ、マイナーチェンジが必要かもしれません?

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.05

超強力モーター

015

これまでは、60ワットのレイシーの水中ポンプ2台を動力源にして、上部濾過槽に落とし込んでいましたが、レイシーマグネットポンプを貰ったので、模様替えをはじめました。

まだ、未完成ですが、とりあえず、亀を入れました。

90×60㎝の水槽にジャンボ濾過槽から2又に配管し、90cm水槽をオーバーフローさせた水は下の180×60cm水槽(3部屋に分かれています)に流れるようにセットしました。

もう一つ濾過槽を設置する予定ですが、冬場は無加温で冬眠させるので、冬眠中はマグネットポンプ1台で行く予定です。

016

定格130ワットの強力なポンプです。

うちは、高台にあるので、蛇口から出る水圧が低いのですが、このモーターから出る水の勢いは、まさに蛇口全開より強力に見えます(笑)。

自分であれこれ考えて、亀専用の濾過システムを創るのは楽しいですね。

熱帯魚のように水を長く持たせるということは考えない方がいいです。

亀が綺麗な水の中で泳ぐ姿を楽しめる環境ということで、水の交換は多いほど亀にはいいと思います。

強力な濾過システムにしすぎると、水はいつまでも透明をキープしますので、気をつけないと、悪い水で亀を飼育するリスクもあります。

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.02

色が変わったクサガメ

004

大きさは13cmほどです。

スーパーパステルクサガメというヘテロらしいです。


008

繁殖させると下の画像のSPAが生まれるそうです。

011

うちのSPAは♀で軽い甲ズレ個体です。

成長とともに、あまり気にならなくなりました。

010

こうして画像で見てみるとクサガメもいいですが、華やかな色変アカミミと比べると、実物の色の乗りや、サイズが劣ってみえてしまいます。

何より一番困るのが、クサガメはアカミミより協調性が低いのか、尾っぽの噛みあいを雌雄で頻繁にやります。

色変アカミミは同じ水槽でたくさん入れても喧嘩しなくて、自分に最も飼育スタイルがあっているような気がします。

他にもニオイガメやハラガケガメもいますが、これらもサイズは小さいものの、協調性が低いため、分けて飼育する必要があり、水槽が増えて大変ですね。

 

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »