« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015.06.19

海上釣り掘り田尻

2015.6.19()田尻サンクスコース3生簀

 

きょうは、5,400円のサンクスコースは7名。

やはり金曜日は空いていて気持ちがいいです。

オマケに北東の風7メートルの強風予報で、更に人は少なめの一日でした。

 

今月は3度目ということで、大生簀だったら、場所や傾向はABとも予想がつくし、今回は3番入場なのでルンルン気分でした。

 

ところが、ガ~ンッ 3番生簀だそうです。

 

3番は得意な中生簀ですが、残念すぎます。

とりあえずは鉄板のヨットハーバー側に入る予定も12番の方が入り、仕方なく、ストック生簀側の奥にご近所さんと2人陣取りました。

 

きょうは、早い段階でタイが2匹釣れましたが、全体的に全く当たっていません。

2匹釣れたと言っても、アタリは2回だけ。

 

このままでは、タイは厳しいと判断し、大生簀では今月の過去2回の釣りでは、真ん中に魚が集まっていることを思い出し、対岸の真ん中に移動しました。

 

入り口側角の方が調子よくタイを上げられています。

私にもタイがポチポチ。

 

タナは2ヒロちょい。エサは何でもきましたが、特に良かったのが、超貴重な焼酎に漬け込んだササミでした。

これで、カンパチも釣れました。

 

サンクスタイムに入っても私のスカリの下には気配が感じられ、ドゥードゥーリングでポツポツと追加でき、終わってみると、田尻全体の竿頭になってしまいました(笑)

 

今日のタイの約半分は本アタリはなし。

バス釣りで20年ほど前に使っていたドゥードゥーリングのテクがはまりました。

このアクションを起こすには市販の筏竿では穂先が柔らかすぎ、上手くできません。

ソリッドグラスで特注するか自作しないとダメだと思います。

 

後半に来たシマアジもスカリの下に回遊してきました。ジャンボサイズでとても引きました。

 

〆てもらう時に、スタッフのKさんに、こんな場所でこんな釣った人はじめてやわーって言われ、ニンマリ。

 

田尻の釣り堀は、角より意外に真ん中が釣れるんですわ。

でも、今日は、スカリの下に網が形成した大陸棚があったんです。

その手前か棚にエサをコントロールするんですわ。

もちろん、見えないところなので、カンだけが頼りです。

これもバス釣りのテクニックですが、相手は網なので、更に難易度は高かったです。

 

大陸棚の形成は、強風のいたずらか、潮のいたずらか? 

海洋釣り堀のタイは行く度に違った釣り方が楽しめて本当に面白いです。

Photo


槻市…アルビノさん(サンクス)
マダイ‥‥‥11
シマアジ‥‥‥1
カンパチ‥‥‥1

 

 

【総括】

きょうの社長のコメントには、今日の田尻は天気同様あまりパッとしなかったです。それに追い討ちを掛けるかの様に、お客様も少なかったので残念ながら釣果情報は撃沈でした。

 

と書かれていましたが、本当に全体的に釣れてなくて、3番生簀も私の隣はボウズで他の方も全員12匹でした。2位の方はタイ7匹でしたが、6匹は朝釣られたものです。

 

意外に活躍したのがムシで、タイが激しく、食い上げてきました。

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.06.16

今日の釣果は高級魚ばかり(笑)

2015.6.15()田尻サンクスコースB生簀

まずはじめに、前回号で海で捕獲されたアカミミのことを書きましたが、その後もスタッフさんのペットとして元気にしているそうです。

きょうは、ベストバランスにミックスしたエサを釣りのついでに、お裾分け。

きょうも、サンクスコースは大生簀です。

前日放流された当たりマダイが2匹釣り残されているらしいです。

サンクスコースは20名と盛況です。

前回同様、ヨットハーバー側に入るが、場所、失敗した模様。

朝からタイの食いが立たず、トイレ側でシマアジが入れ食いになっています。

隙間に移動する方が続出するが、必ずチャンスはあると言い聞かせ、シマアジ用のウキ仕掛けにチェンジして待つ。

バラシ続出のシマアジ軍団、ついに目の前に回遊してきました。

回遊時間は非常に短かったが、食いが抜群で、バラシをまじえながらも、5度のチャンスで3匹ゲット。

 

シマアジしか釣れないが、最終のタイ放流の8時半ごろに、イサキも目の前の網近くにいることが判明。タナが深くて、見えませんが、ぽつぽつ4匹。

 

スカリの中は真っ黒けで、ピンク色のお魚がいません。

放流タイは釣れましたが、1匹だけです。

 

そうなんです、タイの場所を外したみたいです。

今回は大阪側・真ん中付近に全部の魚が集中。

特にマダイは真ん中の網側にうじゃうじゃと見えています。

真ん中付近の3名が上手に魚を止めてしまい、大当たりタイも釣られました。私の所には何も回ってきません。シマアジも来なくなりました(涙)。

 

時計を持たないので、時間はわかりませんが、橋の影に入れない大阪側のトイレから数えて3つ目・4つ目の方が「釣れない」と言って、2人で対岸に移動されました。

チャンスとばかりに、荷物を持って移動。

 

ブログ見てくれている散髪屋さんも私の隣に移動。

先に、ご近所さんも移動されていたので、仲良く身内3名並んで釣ることに。(笑)

 

移動直後からお隣さんは早速タイを調子よく釣られてます。

タナは3メートルらしいです。私も同じようにやりますが、アタリひとつ無し。

 

シマアジは朝と同様、トイレ側を中心に回遊しているみたいで、食い渋っているシマアジを狙うことにしました。

 

朝一からシマアジの動きに合わせて移動されているシマアジ・ハンターさんには頻繁にヒットするが、ほぼ全てバラシ。

 

私も仕掛けを、ほぼフカセにチェンジし、なんとか食いにはくるが、どうも乗らない。

またまた仕掛けをチェンジして、ようやく2匹追加。シマアジについているタイも釣れて、完全に釣り座を外したけど、イサキの数が利いて釣果欄に載せてもらえました(笑)

終わってみれば、シマアジのベストポイントに、ずっと入っておられた、シマアジ・ハンターさんに1匹及ばずの5匹のシマアジを釣ることができ、朝のラッシュを外したことを考えると出来すぎ(笑)。

Photo

高槻市…アルビノさん(サンクス)

マダイ‥‥‥3

シマアジ‥‥‥5

イサギ‥‥‥4

 

【総括】

さすが月曜日、居残りが物凄く多かったが、人も多かったです。移動したくても、良い場所はありません。それでも我慢できず、太陽ガンガン当たる場所に移動し、結果的には失敗でしたが、食い渋ったシマアジと戯れることができて楽しかったです。

元の場所にいたら、タイ・イサキだけで、あと8匹は追加できたと思いますが、まさか、後半にあれだけ、最初の場所で食いが立つとは・・・(笑)

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015.06.06

釣り場で発見。アカミミは海で生きられる?

2015.6.4()田尻サンクスコースa生簀

 

きょうは、サンクスコースにも当たりマダイが放流される田尻デー。

受付に着くと名だたる常連さんらが迎えてくれ、本日のサンクスは18名とのこと。

最近は海上釣り堀人気なのか、貸切生簀は満員御礼で、前回同様、大A生簀らしいです。

8番入場だったので、前回よく釣れたトイレ前の大阪側には入れず、ヨットハーバー側の短辺真ん中に入るが、網が潮に押され、筏竿を出すには最悪の状態です。

 

しょっちゅう来ている、釣り堀ネットのMさんの話では、和歌山側のど真ん中がいいらしいが和歌山側奥から順に5つ目ぐらいまで先に常連さんたちで埋まりました。

 

スタートとともに順調なのは、和歌山側真ん中で、MさんとSさんが開始10分で移動。

タイは真ん中に寄っているようで、その付近で食いが立ち、他は閑古鳥。

たまらず、私も移動しましたが、空いていたのは、和歌山側事務所側3つ目です。

移動したけど、後追いなのと、ポイントがずれており、放流タイはアウト。

唯一、シマアジの回遊が確認された場所なので、シマを狙うも、これまた不発。

 

モーニングラッシュが終わったので、元の場所に戻りました(結局は成果出せず、ベベ入場と同じです)。

潮の流れが変わったようで、網は落ち着き、得意の筏竿が出せるようになりました。

でも、2回目の放流まで、アタリひとつありません。

8時半の2回目の放流がサンクスコースでは最終ですので、ボウズが頭をよぎります。

当たり付きマダイ1匹とともに最終放流されました。

 

常連さんがかたまっているところでは会話も弾んでいました。

スタッフさんに「年間パス券ってないの?」

スタッフさん「はい、140万円になります」

常連さん「高いわー」

スタッフさん「140回来たら元取れますから安いですよ」

 

私は放流が少ない半額のコースばかりなので、280回行かないと元も取れないなー、なんて考えていたら、またまた和歌山側真ん中付近で食いが立ちはじめました。

でも、今度は全体的にポチポチ釣れてます。

タイが回遊し始めたようで、チャンス到来です。

ようやくアタリがあり、無事ゲット。

まだ、ラッシュは見込める時間なので気合を入れると、背中に白い当たりタグのついたタイが私のスカリの下付近に別のタイ1匹とともに潜行していく姿を発見。

 

すかさず、沈むコースを先読み、棚に入れると、運良く、ビッタシカンカン。

当たり付きタイが釣れちゃいました。

見えてはなかったので、もう1匹の外れタイかどうか、どきどきしながらリールを巻きましたが、周りから、アタリやーって声が掛かり、タモに入れるまで、これまたドキドキ。

 

そこからは調子が上がり、周りからウキが飛んできて、絶好のパターンですわ。

皆さん上手なので、邪魔にはならないし、30cm違ったら食いも全然違うので、いつも回遊する魚を足止めさせてくれていると思って喜んでます。

 

サンクスタイムに入っても私にだけポチポチ釣れ続き、終わってみれば、トップに(笑)。

釣れない時間帯の釣れ方は522日のブログに書いた方法と同じで、他の人は普通の釣りで、私の両隣の方は2人ともタイ2匹だったので、釣り方で差が出たみたいです。

 

スカリ回収が始まる頃に青物がようやく私の前にも回遊してきました。

サンクスコース全員の魚が〆場に持って行かれた頃に青物狙いました。

 

まずはシラサから攻めます・・・まったく反応なし。気づいてない感じ。

次はウグイを投入・・・5分待ってもダメで回収。

キビナゴでリアクションバイト狙い・・・ノーバイト。

次は大イワシをと思ったら、イワシはクーラーの中にありません。忘れました。

ホタルイカをつけようと思ったけど、手が臭くなるので、やめました(笑)

最後に、えーいっ、やけくそで、ダンゴでリアクションバイト狙いと思って投入したら、弾丸のような猛スピードで下からヒラマサが見えたと思ったら、針をくわえて、沖に弾丸のように消えていきました。「青で~す」(笑)。

 

ただ、食わせた竿は筏竿なんです。青物用の竿ではリアクションバイトさせるアクションを起こせないので、最近はいつも筏竿で青物釣っていますので、慣れてはいますが、今日のヒラマサは田尻では特大サイズですわ。

スカリは全部回収されているので、ヒラマサのスカリアタックの心配はありません。

タモを構えてくれているのもスタッフ・S嬢なのでタモチョップの心配もありません。

社長も見学にきて、まだまだ早いって声掛けてくれました。

 

皆さんの協力のおかげでなんとかゲット。ロッドオフとしましたが、私が竿を片付け始めたら、シマアジまで、こちらに回遊してきました。でも、終了宣言したので、後ろ髪を引かれながら、終了しました。

Photo

 

高槻市…アルビノさん(サンクス)

マダイ‥‥‥10

大ダイ‥‥‥1

ヒラマサ‥‥‥1

大当りマダイ・1

 

 

【総括】

スタッフの方が、アカミミが海を泳いでいたと捕獲。お持ち帰りになりました。私は2度目の経験ですが、よく泳いでいるそうです。海でアカミミって生きられるもんなんですかね?

今日のアタリ餌はシラサと特製焼酎漬けオレンジエビ。

青物狙いは私の前に回遊してきたラスト15分ほど気合入れてやりましたが、真ん中で青物だけ狙ったら、上手くやれば青物4、5匹は釣れるような感じの日でした。

どの生簀も青物たくさん残っていますので、スイッチの入れ方次第だと思います。小物師が言っても説得力ないですね(笑)

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »