« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015.03.30

今週もタイ釣りに行きました。

2015.3.30()田尻半日コース生簀

 

先週、岬に行ったばかりだが、休めそうなのでA氏と田尻の半日コースへ。

阪神高速・南森町で4台が絡む事故があり、20分ほど動けず、焦りましたの~。

パトカーが来て、強制的に下ろされたが、もう一度、高速に乗りなおし、間に合いました。

 

春休みなので、子ども連れで、どの生簀も賑わっていますの~。

昨日よく釣れたという噂の大阪側奥から2番目が空いていたので、入ることにする。

半日コースのスタートまでに、2回目の放流魚・クロソイさんは全て釣られました。

今年のクロソイは食いがいいですねー。

 

今日は、新たな仕掛けで臨むが、これが失敗の元。

最近、ウキ釣りでないと、ツ抜けが厳しいので、筏竿に軽いドングリ浮きをセットしたが、仕掛けがなかなか沈みません。

巻き巻きすると、ウキ止めがガイドに当たる時に、トップがポキッと折れそうになります。

 

もくろみでは、最深部はウキで狙い、浅場は、ミャクで狙う作戦だったのですが()

 

あきません、完全にミスチョイスです。失敗を認めて、仕掛けを作り直せば良いのに、粘ること30分。・・・・・・撃沈です。()

 

仕方ないので、先週活躍したマルチレングスのダイワ・飛竜のウキ釣りに頼ることに。

竿を持ち替えたら、アラま、タイがすぐに釣れました。

 

しばらくすると、青物とシマアジとハタ放流。青はヒラマサ1匹とメジロ1匹のみ。

シマアジは数えていませんが今日は、親子連れや女性が多いので、人数の割に放流は少なめかな?

ハタと青物は今日は1匹も釣れていませんでした。

 

シマアジは全部がトイレ側寄りから真ん中付近に集結してグルグル回遊。

こちらには30分に1回ぐらい回ってきますが、グルグル回らず、ノンストップでまたトイレ側に。()

 

そうなんです。今日のポイントはトイレ側みたいです。

 

昨日はトイレは釣れなかったらしいですが、昨日とはポイントが真逆なんです。

大阪側はいまひとつで、タイさんも和歌山側なんです。

 

移動は出来ましたが、せっかく親子で楽しんでいる所に入るのも気が引けたので、最後まで本日のハズレ釣り場で粘りました。

昼からは爆釣やーっと思い続け、昼過ぎになりました。

 

その頃には、あまりの釣れなさに、大阪側の奥の方は誰一人いなくなり、私ひとりの貸切状態でしたが、シマアジもタイも相変わらず真逆でした。()

 

先週の釣りはやはり、マグレだったようで、同じことを繰り返せない奥の深さを痛感。

まだまだ、修行が足りません。

 

今日は、鯛オンリーです。オンリーワンは免れましたが、スタッフのアドバイスで浮き下を2ヒロより浅くしなかったら、ドツボに嵌っていたはずです。

 

先週の岬では3ヒロより深かったタナが今日は2ヒロより浅く。うーん、難しいです。

330


 

高槻市…アルビノさん(半日)

マダイ‥‥‥11

 

【総括】

あまりの釣れなさに、アタリ餌は分からず。シラサはよく食いましたが、ムシは3本ほど使っただけで、カメのエサに。

タナはずっと2ヒロ半でやっていましたが、それでも釣れるのですが、2ヒロより浅めがベストだったみたいです。

事務所前では冷凍エビの2ヒロ(終わってから知りました)でキッズペアが一時入れ食いでした。そこは最初から1席空いて、釣れそうな予感がしましたが、仲良くしてるのに悪いなーと思って、遠慮しました。爆釣を指を咥えて、対岸から見ていました()


にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.03.24

アラは小さく切って亀のエサに

2015.3.24()岬半日コース海側生簀

 

久しぶりに岬の半日コースに行ってきました。

一般1日コースの先客は9人。

貸切生簀は全部埋まっていました。

一般大生簀の釣れ場所は山側とのことですが、ほぼ満席。

後から来て間に入れてもらうのも気が引けるので、誰もいない海側を狙うことに。

半日コース入場前に直前に放流されたクロソイはスタートまでに放流分全て釣られました。

私たちが入場してからは、タイも誰ひとり釣れません。

 

スタート前から重苦しい空気が流れていましたが、準備が整い、スタートの合図とともに投入したらアララ、ウキにアタリです。あっけなく、タイが釣れました。

 

しばらくすると、目の前に釣ってくれと居残りの絹姫サーモンが登場。

絹姫スペシャル数投でスイッチが入り、パクッ・・・釣れました。これで気が楽に()

 

タイがどこも釣れていないので、しばらくはプランB作戦で絹姫サーモン狙いに。

水は濁っており、追尾してくる魚影もなく、むなしく時間が過ぎましたが、待ちに待った絹姫サーモンの放流です。

一般・半日合わせ11名なので放流数は期待できませんが、食い気のアル奴が続けてヒット。

タナは深くて全く見えていませんが、5匹釣れ、満足したので、再びタイ狙い。

イメージ的には見えてない所からジョーズのように斜め下から食ってきます。

見えるか見えないかの所をキープすると、大きな口が濁りの中から現れます。

 

朝は凄く冷え込みましたが、太陽が昇ったら岬は暖かくて田尻と違い、テンションが上がりますね。

11時前に最終放流のタイが放たれてからは、海側真ん中手前付近にタイのアタリ。

タナは3ヒロちょっとです。ひとりプチ入れ食いすると、粟○氏がポイントに荷物を持って移動。警戒心があがって食わなくなるのではとの悪い予感がしましたが、予感的中、ポイントは釣る気オーラで死にました。()

 

私は空いた粟○氏の海側2番目付近の3ヒロ+15cmにタイの群れ発見。(見えてるいるわけではなく、数匹釣った時のカンです)

粟○氏も戻ってきて、対岸からもミサイル攻撃がきましたが、なぜか私のタナがバッチリだったみたいで、ペースよく釣れました。

タナがだんだん変わっていったのですが、他の方は気づかれなかったみたいです。

エサは何でも関係なし、タナは恐らく、410cmがベスト。浅めですねー。

タイも十分釣れたので、最後はメジロ狙いで太いハリスにカツオの内臓で攻めましたが、気配すらなし。早めにやめて荷物を運びました。

324

 

高槻市…アルビノさん(半日)

マダイ‥‥‥13

絹姫サーモン‥7

 

【総括】

久々の岬でしたが、かつて知ったる田尻のサンクス名人たちも岬に今日は集結していました()

こそっと釣ってましたが、次々と色々な方が挨拶に来てくださり、本当に久々に会った火曜の岬のサンクスの常連さんからも忘れられてなかったみたいで嬉しかったです()

場所が当たり、全体の竿頭となりましたが、後から魚を貰ってもらうのが大変でプチ反省。

絹姫サーモンは残り450匹で終了と聞きましたので、あと3日ほどで在庫切れ?


にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.03.20

温泉へ行こう

前日仕事から帰ったら午前1時を回っていたので、昼過ぎから妻と滋賀県の山の中の温泉に出かけることに。

外はあいにく本降りの雨でしたが、無事に永源寺温泉に到着。

雨なのに妻はいつものごとく、お寺参りをしたいと言うので、永源寺に。

このところ、お寺に行く度に雨に降られていますね。

前日から降り続いている雨で、横を流れる川の水は濁っていましたが、いい景色のところです。

2

本日のデミオ・クリークディーゼルの燃費は30キロを超えました。

もう驚かなくなりましたが、軽油満タンで35リットルしか入らない車ですが、この燃費で走り続けることが可能なら、無給油で1000キロ走られることになります。


3

参道の階段を登っていくと、岩肌にお地蔵さんが見えました。

目を凝らすと10体以上あります。

写真ではわかりませんが、実際はこの岩肌、むっちゃ高いんですわ。

近くに似たようなところがあり、写真に撮りましたが、スケール感が伝えられなくて、ボツに。

4
ズームしたらこんな感じです。

5

本堂は珍しくかやぶき屋根でした。

これも凄く大きな建築物なんですよ。

6
梅の花がちらほら咲いていました。

7

本堂の中のふすま絵の人物がカメ好きの友人に似た感じに書かれていたので思わずパチリ。白いカエルを抱いていますが、友人は白いカメを繁殖させております(笑)

8

温泉に行ったつもりが、温泉はオマケになりましたが、平日の雨の中、しかもかなりの山の中なのに、車でいっぱいでした。

前回ブログで紹介した雄琴温泉の宿と比べると、星の数は2つダウンな感じですが、設備は素晴らしいです。

客数と風呂の種類が多すぎ、お湯は加水されているそうです。

日帰り温泉とセットのいろり炭火焼は焼き師さんの腕がよく、夜は私達夫婦だけだったにもかかわらず、丁寧な仕事で目の前でイワナや地鶏やウナギを旨く仕上げてくれました。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.03.17

汗ばむ陽気にカメ元気

ここ数日、気温が高い日が続いていますね。

サンルームを覗いてみると、ナント水温が20℃近くまで上昇。

早速、先日釣ってきた絹姫サーモンの小骨のついた身をカメたちに与えたら、物凄い食いつきです。

ついでに、お約束の2013年自家繁殖パステルの画像を1枚パチリ。

Photo

甲長9×8㎝と真ん丸な甲羅が気に入っている1匹です。

肉眼で見るキイロはもう少しオレンジかかっているかな?

実物の方がクリアで、感動するぐらい綺麗なのですが、写真の腕前が悪くて、申し訳ありません。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.03.14

お掃除屋の綺麗なカメさん

我が家は、各種アルビノアカミミなど色変アカミミがメインの亀ライフです。

ところが、スノーアルビノやキャラメルアルビノは、弱視のため沈んだエサの破片などが食い残しになる場合があります。

そこで活躍するのが、スジクビヒメニオイガメです。

006

小型で、模様も美しく、水底付近が活動拠点なので、アカミミの泳ぐ場所とバッティングしません。

002_3

色々とアカミミの同居亀を放ち、観察しましたが、スジクビは悪さをしなくて、カラーバリエーションも楽しいので、我が家の、お掃除屋さんをやってもらっています。

繁殖も容易で、勝手に殖えてしまっていますが、この夏1匹しかいないオスを室外飼育して、死なせてしまいました。

寒さには強いですが、暑さには弱いのか?

001

このチビ個体はベタ慣れで、こんな風に持っても顔出してきます。

どなた様か、♂のスジクビヒメニオイが余っている方、うちの♀ヤングアダルトと交換してもいいよっていう方おられませんか?

うちは、多頭飼育で、観賞目的ではなくワイルドに生きてもらっているので、甲羅のコケや傷や爪欠けもあるかと思いますので、繁殖目的の方で神経質でない方でお願いできれば幸いです。

にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチお願いします。よろしければ、すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.03.09

DJデミオで2度目の温泉の旅

嫁の誕生日の翌日がちょうど休みになったので、新年に買ったばかりのDJデミオ・クリーンディーゼルでの2回目の三重県・温泉の旅です。

今回は志摩にある、美食の隠れ宿という小さなホテルに宿泊します。

高槻を出た途端、あいにくの雨ですが、今回は松原から西名阪に入り、無料の名阪国道を関まで走り、関で松阪牛を食べる予定。ところが・・・ナント、行き過ぎてしまいました(泣)。

仕方ないので、伊勢自動車道のSAで松阪牛コロッケと津ギョウザを買うも、いまひとつ、チェーン店の残念な味。

600円も使ったのに、ちっとも腹が膨れず、一風堂のラーメン追加。これまた定番の味。

伊勢道を降りるとカーナビが伊勢志摩スカイラインに入れと言います。

このカーナビ、やたらと有料道路を勧めて来るので、怪しいと思いながらも1250円もする山道を走ると、朝熊山山頂付近に金剛證寺という寺を発見。

伊勢神宮の奥の院と称され、伊勢神宮の鬼門を守る寺らしいです。

あまり知られてませんが、ここを回らないと、伊勢神宮では「片参り」といわれ、ご利益はないそうですよ()

どうやら、お寺好きの嫁の策略だったみたいですが、車を降りた途端、物凄い何かのパワーを感じます。

こんな凄いお寺なのに雨のせいか、人はまばらです。

Photo


雨の中、しばらく歩くと奥の院という所がありました。中に入ると、見たこともない最大5mはあろうかという卒塔婆がたくさん立っています。

後から知りましたが、人の他にも魚の供養の卒塔婆もあったみたいです。

今回のお寺は写真はありませんが、お寺に興味のある方やパワースポット好きの方にはお勧めです。

スカイライン山頂付近から見える景色も最高でした。

寺を後にしたら、すぐに今晩の宿です。

景色は悪くて、小さな宿です。温泉も小さめですが、何と無く落ち着きます。

夜ご飯は、一番リーズナブルなコースにしたので、今回はイセエビなど高価な食材はなし。

でもね、野菜を上手に食べさせる、素晴らしい料理でした。

特にアクアパッツァの味つけが最高。

ソースの味も好みで、ドレッシングもよかったです。

野菜嫌いな私が、こんなに野菜をおいしく食べられたのは珍しいです。

朝のカレーも旨かったですねー。

小さな宿で決して高級ではないのに満室なのがわかるような宿でした。

最終日はいつものパターンで水族館へ。今回は二見の水族館です。

昭和レトロな水族館ですが、海獣が客の前まで出てきて、迫力満点です。小さな子らは恐怖におののいて泣き叫ぶ子も。

トドが小さな職員用のドアから出てきて、階段を駆け下りて来た時はあまりのデカさにウソやろーって、つぶやくぐらいサプライズでした。

本物のトドを見た後は、嫁さんもスリムに見えて、よかったです()

 

Photo_2


二見では、ちょうど、雛人形のお披露目の催しがありました。

旧家の軒先にお雛さまを飾る風習で、誰でも入って見られるそうです。

そんな中に、異様な人形?が・・・

お雛様の横に2メートル近い、エイリアン2体がありました。

このエイリアン、バイクの部品だけで出来ているそうで、それを聞いて、2度ビックリ。

昼食はそのエイリアンのお向かいにある、明治10年から続く和食処で貝飯と伊勢うどんのセットを頼みました。

ここの伊勢うどんは食感が大阪うどんに近く、ノド越しがよかったです。

太くて柔らかい口あたりのうどんは、嚙むと、調度よい腰があります。喉越しが良いので、噛まずに飲み込んでも、とても旨かったです。

タレも伊勢うどんの割に甘くなくて、口に合いました。

貝飯はサザエとご飯とタレの調和が程良くて満足できました。

こういうシンプルな料理をおいしく食べさせるのは相当難しいと思います。星3つですわ。

今回の食は、行きのSAの昼飯以外は大当たりでしたね。

帰りは第2名神で、あっという間に高槻に。

500キロ近く走り、クリーンディーゼルの燃費はリッター28.6キロでした。

軽油なので1リットル百円ほど。

ガソリンを入れるハイブリッド車より費用は確実に安いと思います。

そのうえ、トルクは2500ccの車並みですから、小さなデミオには余裕がありすぎです。

そろそろ温泉の季節も終わり、カメの季節が始まります。

次回は去年生まれたピュールパステルとおととし生まれたピュールパステルの報告でもしたいと思います。

 


にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.03.04

高級魚三昧。アラは亀のごちそうに

2015.3.2()田尻半日コースa生簀

 

前日は一日中雨で、その影響で田尻の水は濁って白くなっていました。

一般コースはA生簀で、B生簀は網上げされていました。

 

高槻市…アルビノさん(半日)

マダイ‥‥‥2

トラフグ‥‥‥2

絹姫サーモン‥3

アイナメ‥‥‥1

 

朝一から来ている1日コース客は3人のみ。

私は半額の半日コースでしたが、いつのまにかほぼ満席に(笑)

 

スタート前の見学で、1日コースの方3人のうち、多い人は78匹も釣られていましたの~。

ところが、半日コースの入場後は、あまりにも大勢の人が足音を立てて入場したせいか、ピタリと食いが止まってしまいました。

 

一番釣れていた大阪側奥の方の隣に入りスタート。

私の前は、網が斜めに入り、4メートルでも横網に掛かり、短竿では380センチが限界です。そんな場所のせいか、ミャク釣りは、半時間経過しても何もアタリません。

どうりで、ベストポイントなのに誰も入って来ないはずですの~。

Photo


竿頭のウキの人も似たり寄ったりで、隣の人はあまりのアタリの無さに事務所前の角に移動されました。

隣が空いたので広々と釣りができるようになったので、ウキを飛ばしタイをゲット。

続いて絹姫サーモンもゲット。今日の絹姫ちゃんは特大でなかなか上がってきません。

 

いつもはトラフグの放流は朝からなのに、この日は半日の客が入ってから放流されました(ラッキー)。

最初は事務所側で食いが立ちましたが、こちらにも回ってきて、すぐに食いました。

半日の客が多かったので、放流も多かったのか、食いは抜群です。

 

半日コースの最後の放流はクロソイとアイナメ。クロソイが場所関係なく入れ食い状態になる中、私は1人乗り遅れ、アイナメ1匹のみ。

いつものことながら、釣りが遅すぎですの~。(笑)

 

やはり、私の前の水深が浅すぎるのか、タイの寄りは悪いですが、移動も面倒だったので、食いの良いフグと絹姫サーモンに狙いを絞り、それぞれ追加して、数は伸びませんでしたが、冬の代表魚の高級なやつばかり釣れたので、結果オーライの1日でしたの~。

 

 

【総括】

いつもは最後の方流はタイなのに、食いが悪いのか、ソイたちでした。

本日はサーモン釣りが絶不調。あと3匹は釣れたハズ・・・・(涙)

絹姫のサイズが大きすぎ、走られて、ネットにあたって外れたり、食い損ねの多かったこと。

針を大きくすると食わないし、小さいとすっぽ抜けるし、お手上げでしたの~。

ヒット餌はイワシとムシ。シラサは釣れませんでしたが、得意のミャクでは全くタイを狙えない浅場所でしたので、場所が違ったらどうなっていたか?

ちなみに浅いと言っても、濁っていたのでソイすら魚影は見えず。

次回はソイの放流魚を釣り尽くされる前に釣りたいです。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »