« アルビノのクサガメ | トップページ | 春の足音 »

2015.02.08

ダイヤモンドバックテラピンの海水を求めて釣りをする

2015.2.7()田尻半日コースA生簀

 

本日はトラフグを11匹放流という田尻デーというラッキーデーらしいです。

前夜は夜中まで仕事でした。

元同僚が半日コースに行くと言うので、お手伝いだけのつもりでしたが、気がついたら夢遊病者のように竿を持って桟橋をテクテク歩いていました。

 

天気予報では最低気温0℃とのこと。

そのせいか、一般コースの入場者は10名いるかいないか?

でも、風も弱く、思ったより暖かいです。

半日コースのスタート時間まで作戦を練ることに。

濁りがきつく、しかも、絹姫サーモンは少なそう。

ならば、タイ狙いといきたいところです。

 

我々が入る前にトラフグの放流と大当たりソイの放流がありました。

当たりソイはすぐに釣られました。後から聞いたら、釣ったオバちゃん、ここの所ずっと、アタリ券で来て、またアタリ魚を釣って帰っているそうです。

仲間にも、そんな魔女がいますが、田尻のアタリ魚は♂の魚が多いのかな?(笑)。

Photo

一般コースの人たちで各角は埋まっていましたが、真ん中はどこも空いていたので、

大阪側の手前から数えて3番目に入りました。

すぐにタイやトラフグが3匹釣れ、何とか食いの良い朝マズメを外さずに釣れました。

絹姫サーモンも1匹ぐらい欲しいので、トラウト仕掛けで狙ったらすぐに釣れました。

もう1匹の絹姫は、筏竿のトラフグ仕様で餌はイワシでタナをどんどんと上げていき、フグ狙いをしてたら、釣れちゃいました(笑)

 

最寄の大阪側のトイレ側は角の人だけ釣れており、半日コースで私の隣に入った岬の釣掘り名人は2匹止まりで終了されました。

私の隣といえば、爆釣だった大阪側角の人の隣なのですから、たった1メートルほどの差で天国と地獄の様相という一日でした。

 

これといった爆発もなく、終了1時間半前になりましたが、人が入っては誰も釣れなくて次々に移動されていく不人気場所・和歌山側奥から2番目に思い切って移動しました。

荷物を運んでいるうちに、大阪側の奥の角1メートル四方では爆釣しており、ウキが3つも4つも立っていました。

 

もう十分釣れていたので、全くウキのない自分の周りを遠投で探っていたら、短辺の真ん中やや沖でウキがぴくぴくし、タイが釣れました。相変わらず、角にウキが集中してるので、周りにはウキがなくて広く探れますが後が続かず残念。

最後は筏竿で網際で元気なタイ。移動が遅すぎましたが、移動後に2匹釣れ、なんとかツ抜けできました。

思い返せば、きょうはタナを変えすぎて悪循環だったと思います。誘いも逆効果の日でした。

こういう静の釣りは苦手です。止めて釣る中でも釣果は伸ばせたので、進歩はしているのでしょうが、趣味ですから、釣るまでプロセスが一番大切だと思います。

 

 

高槻市…アルビノさん(半日)

マダイ‥‥‥7

トラフグ‥‥‥1

絹姫サーモン‥2

 

 

【総括】

帰りには、ダイヤモンドバックテラピン用の海水を汲んで帰りましたが、朝より透明度が増していました。途中から澄んだ潮が入ってきたようです。

和歌山側の長い面には角以外に人がおらず、ダメな面かと思っていましたが、移動したら釣れない時間帯に2匹釣れたので、釣れない面で広く探ってウキを流すほうがいいかも?それにしても、見事に一面だけ人がいませんでした(笑)

でも、ただ流してるだけでは食わないので、ウキ釣りは奥が深いです。田尻の大生簀はウキ釣りが強いですね。

餌は黄鶏肉がよくて、前日よかったというシラサは全くダメ。ムシも全くダメ。2ヒロぐらいでも食うような感じでしたが、濁りが強く、タイの姿は1匹も見えず。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。応援ポチ宜しくお願いします。

|

« アルビノのクサガメ | トップページ | 春の足音 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

ふ~(;´д`) やっとコメント書きに来れた。
ラッキーな日に当たりましたね~(´∀`)普通の人やったら一日の釣果ですけど、半日ですからね~。
相変わらず、よう釣りはる(^ω^)
餌は毎日コロコロ変わるので、難しすぎますね。結局無駄になることが多いので困ります。ま、2月は釣りの予定がないのですが。

投稿: クラゲ | 2015.02.11 10:04

クラゲさん

忙しいのにコメントありがとうございます。

食う餌は本当にくるくる変わって難儀ですわ。
アタリ餌を持ってなければ、釣れないし、持っていても釣れる時間に投入してないと釣れないし、難しいですね。

投稿: アルビノ | 2015.02.11 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742343/58860101

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドバックテラピンの海水を求めて釣りをする:

« アルビノのクサガメ | トップページ | 春の足音 »