« 冬眠中のスノー | トップページ | あけましておめでとうございます »

2014.12.27

モクズガニが届く

今度は岡山からモクズガニが届きました。

ハサミが毛むくじゃらで、見た目は上海蟹にそっくり。

茹蟹にしたら最高なんですrestaurant

Photo

連日、仕事から帰ったら日付が変わっている日々ですが、

広島の亀仲間からいただいた、賀茂鶴 大吟醸 ゴールドカモツルと一緒にいただきました。

まずは脚の身を一口。

じゅわ~っと旨みが口の中全体に広がります。

その後に続けて甘みが追いかけてきます。

なんじゃこれっ、て言いたくなるような旨み成分の塊です。

私は、この時季のモクズガニの香りと内子は、色んな種類の蟹の中でも最高ランクだと思います。

ゴールドカモツルを口に含むと、素晴らしいハーモニーが奏でられますhappy01

こんな時間から飲むと体に悪いのはわかってはいますが、至福のひとときなんですsweat02

子どもの頃に脳に擦りこまれた懐かしい味は何歳になっても、忘れられないものですね。

北の大地の方々なら、毛蟹が同じような存在だと思います。

日本海側の方々なら、ズワイガニの♀、セコガニとかホウバコガニと呼ばれているものが、似たような味わいだと思います。

冷凍してない蟹は最高ですね。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

|

« 冬眠中のスノー | トップページ | あけましておめでとうございます »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

ま~ヽ(*´∀`)ノ美味しそうなカニ。でもこのカニは食べたことないですわ~。なかなか売ってないんですよね。流行り産地直送出ないと手に入らんですね。
カニは冷凍したら、濡れティッシュみたいなものに変身してしまうので、冷凍はよう食べません。

投稿: クラゲ | 2014.12.29 22:06

クラゲさん

いつもタグつき蟹を食べておられるクラゲさんの口に合うかはわかりませんが、食べなれたら一番旨い茹で蟹だと思います。
旨みが濃くて、味噌と内子に少ない身を絡めて、田舎のしょう油でいただくと最高でした。

確かに仰るとおり、冬のホテルや旅館には冷凍蟹を平気で出して来る所が多いですよね~。
良かれと思ってるのでしょうが、蟹さえ出せば客が喜ぶやろという悪しき風習は国内旅行の品格を大きく下げていると思いませんか?

良い蟹を提供している宿泊施設もたくさんありますが、行かないとわかりませんから、ついつい地雷を避けたくなり、蟹のない旅を選びます。

ひいては、工夫のない、しょうもない蟹を出されるぐらいなら、海外行こうかという人を次々と生み出してると思うんですわ。

若者の国内旅行の低迷は、若者の味覚を甘くみている経営者への警鐘でしょう。
濡れティッシュみたいな蟹の食べ放題とかに頼ってたら、そのうち、外国人観光客にも見破られますよね(笑)。

右にならえではなく、オンリーワンの旅館やホテルが増えて欲しいですわ。

投稿: アルビノ | 2014.12.30 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742343/58393158

この記事へのトラックバック一覧です: モクズガニが届く:

« 冬眠中のスノー | トップページ | あけましておめでとうございます »