« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014.10.30

アカミミが、こんなになっちゃった!

甲羅の脱皮は、今一つ、うまくいかないですが、頭のオレンジは、最高です。20141028_135058

20141028_135043

20141028_134827

20141028_134742

20141028_134705

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、2行上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.10.28

1日の寒暖差が激しすぎます

昨日まで暑い暑いと言っていたのに、先日のひろじさんのコメントのとおり、冬将軍がやってきたようです。

寒いなーっと思って、昨日と同じ時間帯に同じ条件で水温計を見てみました。

1

一夜にして5℃、水温が下がったみたいです。

画像のアルビノはうちに来て13年以上経った、おじいちゃん?

来た段階でアダルトだったので、相当長生きしています。

既にアカミミのトレードマークのオレンジ耳模様も消失しています。


2

水温は一気に下がりましたが、まだ、冬眠はしないようで、アルテは一斉にエサくれダンスで寄って来ます。

画像ではサイズ感が伝わりませんが、大きなのは18cmあるので、かなりの迫力ですよnote


3

自家繁殖2013ピュールパステルもエサくれダンスしています。

いつまで、エサくれ続けるつもりでしょsweat02

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、2行上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.10.27

冬眠から目覚めました

ここ数日、わが町のお昼時は暑すぎるぐらいです。

もうすぐ11月なのに、半袖で歩いていても、汗が滲みます。

地球温暖化、肌で感じますねー。xmas

10年前の我が家では、この季節は、とっくに冬眠体制だったカメさんですが、

今朝はこんな具合でポカポカsun

冬眠どころじゃないようですsweat02

飼育の方法も年々変えないと、繁殖の成績も変化しそうです?

3

気温は26℃以上、水温は昼前に26.8℃にも。coldsweats01

2

写真を撮っていると、ダイブしてエサくれ~restaurant

ニュー・ママが睨みを利かせてきますeye

1

目が悪いと言われているアルビノですが、種親用の個体は、アルビノにしては良好な視力で、エサをやらなくても、飼育者の姿を見るとダイブして、エサくれダンスをします。

アルビノはまだ大人しいですが、キャラメルアルビノなんかは、甲羅の半分近くを水面に瞬間的に持ち上げるほどの泳力で顔めがけてジャンプしてくるので、口を開けていようものなら、カメの飼育水が容赦なく口に飛び込んできますsweat02

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、2行上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.10.25

このカメな~に?

うちのヒメニオイガメから生まれた亀ですが、普通のヒメニオイより

伸ばしたクビがカラフルな感じがするんですが?

2枚目の画像をみると、ちょっとだけクビにスジ模様が見えませんか?

1

目がクリクリで、ミシシッピニオイとともに、女性にも人気の入門種のひとつです。

うちでは、色変アカミミの食べ残しの、お掃除をしてくれています。

4

上の画像、この角度からみると、かなりスジクビ姫チックです。

3

ニオイガメは詳しくありませんが、甲羅はヒメニオイっぽい気がします。

5

大きく見えますが、実際のサイズは3cmぐらいです。

6

甲羅の3本キールが強烈に主張しています。目力も凄いeye


7

真上からみても、ヒメニオイの特徴が強い気がします。


2_2

1匹しかいませんが、販売します。興味のある方は

cgaagoo@yahoo.co.jp

にメール下さい。

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、2行上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.24

ヒーターの事故を無くしたい

皆さんも、冬の準備の真っ最中だと思います。

私は過去に何度もヒーター&サーモスタットの事故を起こしています。

そこでアルビノ流の現段階の注意点をまとめたいと思います。

あくまで私流で、違うんじゃない? と思われたら、ご意見お願いします。

Photo

画像は使用中のうちのヒーターです。

・ヒーター&サーモ一体型がいいです。理由は、センサーを水に入れるのを忘れる事故を減らすためです。

・目盛りは動きにくいもの(左のヒーター&サーモ)がいいですが、動きやすいもの(右)は、躊躇無くテープで固定します。かってに動く事故多し。

・登りやすい陸場設置で、もしもの時の逃げ場を作ります。

・魚を同居させ、魚を水温の見張り番に。魚の方が敏感です。

・更に安心したい方は、1本の水槽にヒーター2本入れます。

ヒーター1本ずつのパワーは水槽に対して足りないぐらいがいいです。

もし、熱暴走しても、1本では湯になりません。

2本同時に壊れることは万に一つだと思います。

そして、逆に熱が出なくなった場合でも、もう1本がバックアップします。

ただ、パワーが足りないので設定温度より低くなりますが、亀は少しの温度の足りない状況は問題ありません。

・ヒーターが新しいから大丈夫という安心は禁物です。案外と新しい物の方が先に壊れるケースがうちでは多いです。蛇足ですが、最近ではデジタル水温計が新品でデタラメだったこともあります。

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、2行上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.10.23

ありがとうございます

アカミミは冬眠に入りましたが、アカミミのブログ辞めないでと、応援いただき、ありがとうございます。

カメランキングの方も、信じられないぐらいの応援ポチをいただきましたので、今日は秋に生まれたスジクビヒメニオイガメの超ミニミニちゃんの経過報告を。

1

大きく見えますが、甲長は20㍉とまだまだ超ミニです。

実物をみたら、マメ程度のサイズなのでびっくりしますよ。

元気満点で、レプトミンをよく食べています。

下の大きなスジクビも同時期に生まれた子です。

ちなみに、この巨大に見える子でも30㍉なんです。

2

だいぶ、大きさは違いますが、これでも、相当追いついてきました。

3

もう1匹、警戒心の強い黄色いスジクビヒメニオイもいます。

安全なことを確認して、ようやく日光浴しようとしています。

うちでは普段はニオイガメには陸場は設けていませんが、今はプレートヒーターで保温していますので、ヒーターが熱暴走したときの逃げ場として陸地を設けました。

そうしたら、案外ニオイガメも秋の日光が好きみたいで、太陽が当たったときは、日向ぼっこにあがってきます。

真夏は浅い容器の中では、20分も直射日光に当たると死んでしまい、初心者の頃、何度か失敗して以来、直射日光は当てていませんでしたので、季節ごとの日光の使い方の難しさを実感しています。

少ない水の直射日光には皆さんも気をつけて下さいね。


4

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、2行上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.21

筆者は冬眠に入りました

今年は、ほぼ全ての色変アカミミの繁殖に成功して、そろそろブログに気づいた点などをアップしようとまとめていましたが、ブログへの清書は断念しましたsweat02

最近、ブログ村のアカミミ・ランキングが目を覆いたくなるような状況が続いています。

気にしないと思っても、応援ポチの励みがないと、テンションが下がるのは致し方ないことですdown

見てくれている方が少ないのか? または、見ても面白くないので、応援ポチに至らないのか?

きっと両方なのでしょうね。何が足りないかわからないので、しばらくは他のアカミミの方々のブログをロムすることに決めました。

アカミミ以外の飼育日記は続けていきたいと思っていますので、引き続き見てくださる方々、よろしくお願いします。

Photo

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014.10.17

海上釣り掘り、筏竿炸裂の一日

2014.10.17()田尻5番生簀サンクス

 

ご近所さんと釣り放題の田尻サンクス5,400円コースに行きました。

朝から風が強く寒かったですが、5番生簀は昼から太陽が当たり、いい感じでした。

Photo


高槻市…アルビノさん(サンクス)

マダイ‥‥‥14

大ダイ‥‥‥1

 

今日のサンクスは11名です。4、5番入場で、久々に中生簀でのサンクスです。

入りたかった場所は先の入場の方々が入られたので、誰もいなかった関西空港側の和歌山側の角を挟んで、ご近所さんと入りました。

朝一は一般コースも貸切コースも食いが悪く、サンクスコースで釣れたのは残念ながら入れなかった場所の人達だけ。

2回目の放流まで、アタリは小アジとヒイラギだけです。

今日もスタートダッシュ失敗。しかも、今日は満席のため、移動もできません。

タイは諦めて、シラサエビでシマアジを狙いましたが、ダメ。

小アジを釣って、泳がせ釣りで大きなカンパチとヒラマサを狙いましたが、これもダメ。

 

集中力だけは切れてなかったので、8時半の最終放流に備え、竿3本全てタイ専用にセットアップしました。

バス釣りではロッドのローテーションは当たり前ですが、釣掘りではまだ、やっている方は少ないので、嵌れば爆発力がある場合も(笑)。

エサも3本ともダンゴ3種をセット。

短時間で傾向を読み取るには、エサの付け替えの時間も無駄に出来ません。

とにかく自分の前で少ない放流魚を少しでも長く止めないと終わってしまいます。

中生簀に11人も入っているので、2回目の放流で絶対に活性上がるとタイに賭けました。

 

そして最終放流。一回目より多く入ったみたいで、読みはピッタシカンカンで、すぐに放流タイ特有のアタリ。

5分間で4匹釣れてしまい、この時点で本日のサンクスコースの竿頭に()

アタリ餌はミックと赤玉。タナは底から20cm。

場所によっては、根掛かりばかりの難儀な釣りでしたが、ロストは針1本のみで、優しく、入れたり抜いたりして、網掛かりから外せました。

 

釣り堀でアベレージを上げるために大切にしていることは、不要なラインを自らのポイントに残さないことです。

そのためにも、根掛かりは切らずにできる限り外すことが大切だと思います。

前回と比べると数も魚種のショボイですが、ポイントをうまく作ることが出来、自分の中では満足のいく1日でした。

 

【総括】

今日のタイは食い込みが悪く、皆さんバラしが多かったです。結構待ってもバレる感じだったので、どうせバレるなら早合わせしてやれと思い、シマアジのタイミングで合わせました。すっぽ抜けは結構ありましたが、針掛かりしてないので、ダメージは最小限にいけたのか、たまたま運がよかったのか、ずっと楽しい釣りができました。

昼過ぎにはツ抜けしたので、一般コース見学していましたが、人数が少なくてポイントもバラけていて、難しそうでした。

エサ取りは相変わらず物凄くて、5番生簀はシャローにヒイラギ、底にアジとハゲがいる感じでした。

時々エサ取りが消えるときがあり、その数分間はオレンジ酉が最高でした。

にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。

私のブログに1票お願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2014.10.16

オレンジが凄いアルビノ

1

7、8年は飼い込んだ♂のアルビノです。

実物は相当大きいです。

ご存知の方も多いと思いますが、カメの甲羅って結構、色が変化しますよね。

今は求愛が盛んで婚姻色? と思われるぐらい発色してきました。

アカミミガメのよいところは、年を取っても下から新しい甲羅が出てきて、甲羅が脱皮したら、ますます綺麗になっていくところだと思います。

この個体は特に代謝が高いのか、コケも全く生えていません。

亀って親の血統を見事に引き継ぎますので、綺麗な親から生まれたベビーを手に入れることが綺麗な個体を手に入れる近道だと思います。

うちでは、常に飼育水は流れを作り、水を綺麗に保つことを心がけています。

具体的には、上部濾過やオーバーフロー、または外部濾過など、色々と方法はありますが、水を綺麗にするとコケは生えにくくなり、アルビノは血統次第で、甲羅は何もしなくてもコケは生えません。

ただ、コケが生えやすい血統のアルビノが多く、確かにコケコケになります。

うちにも、トレードできたアルビノが同じ水槽に同居していますが、その子はコケが着いてきました。

そういう個体はブラシで磨いても、コケは残りますので諦めます。

人間からみたら、同じように見える甲羅ですが、カメの七不思議のひとつですね。

蛇足ですが、アルビノは日光に当ててはいけないと思っている方々が多いですが、健康なアルビノアカミミは太陽光線を思い切り当てても問題ありません。

うちはサンルームに水槽を入れているので、物凄く直射日光があたります。

ベビーのうちから、ガンガンと太陽に当たっていますが、繁殖にまで至っていますので、むしろ、アルビノにも直射日光は必要だと思います。

ただし、健康体であるアルビノと言う条件がつくと思います。

本来はアルビノは虚弱な種類です。

そういうところから、直射日光に当てたら死ぬという都市伝説が生まれたのかも知れません?


2


にほんブログ村

ブログランキング参加中。

よろしければ、上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

私のブログに1票お願いします。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.10.13

パステル&同腹のパステルへテロ

5

天然パステル×天然パステルへテロから生まれた、ピュールパステルとパステルへテロです。

パステルもようやくエサをガンガンと食べ始めました。

4

このピュールパステルは完品だと思います。

自信なさげな表現となるのは、模様が複雑すぎ、老眼の私にはわからないからです。

個人的には甲羅の模様が流れた甲ズレが好みですが、多くの方は完品を好まれます(笑)

後ろのヘテロの頭の模様の入り方が、なんとも渋いですね(笑)

3

お腹にも、わずかながら模様が入ります。


2

頭の赤色は後から増える個体も多いです。

この個体は細かい赤色がたくさん入っています。

甲羅の横はアカミミ特有の丸い模様はほぼ消失しています。


1

ヘテロもダークカラーやライトカラーがあり面白いですね。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.12

アルビノ、ゾロゾロ誕生

7月31日産卵の最後の卵からキャラメルアルビノが生まれました。

そろそろ、卵から出てくる日だと思って、暗くしている卵の保管ケースを明るい場所に出すと、目の前でご覧のように、ゾロゾロと出てきました。

1

暗い場所から出して、2分後には、こんな状態になりました。

本当に一気に出てきます。


2

腕を出してる卵はまだ、出て来るには早いようにみえます。

もう1、2日すれば誕生なのかなーって思いましたが、数分後には、卵に変化が・・・

3

このキャラメルアルビノは目の色がT-アルビノの子と変わらないぐらい赤いです。

4


5

垂直に潜っていく子もいます。

6

さっき、もう1日か2日掛かりそうだと思っていた卵から突然顔が出てきましたfuji

この子も目の色はT-アルビノみたいに赤いです。恐らく、キャラメルアルビノ・クリーミーだと思われますが、甲羅の色が落ち着くまではわかりません。

明日、明るい場所に出したら出てきそうですね(笑)


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.10.07

パステル2013と2014の比較画像

1枚目はピュールパステル2013です。

甲ズレを1匹だけ手元に残しましたが、綺麗に育っています。

パステルは甲ズレの方が綺麗になる確率が高いような気がします。

Photo


2枚目は2014ピュールパステルです。

左は甲ズレ、右は完品個体です。

1

3枚目、一番左が同腹で生まれたパステルへテロです。

見た目はミドリガメですが、このヘテロから綺麗なパステルが生まれてくる可能性があります。

うちではパステル♀とヘテロ♂からパステルを殖やしています。

2

3

パステルとヘテロ興味のある方はメール下さい。

cgaagoo@yahoo.co.jp。件名はパステルでお願いします。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.10.05

アルビノも色々・・・

Photo

今はほぼ、同じように見えますが、黄色の甲羅にオレンジ色やレモン色のラインが浮かんできます。

ラインの太さやカラーも個体差がありますが、ラインが複雑な模様になる個体もいて、そんな個体は見ごたえがあります。

同じ親から生まれた、アルビノも成長とともに個体差が出てくるんですeye

また、赤目の大きさが成長とともに変化します。

個人的には赤目の大きなアルビノが目が可愛く見えて好きです。

ベビーの時はどれも赤目が小さくて目つきが悪く見え、アルテと比べると怖い顔をしています(笑)

成長とともに目の周りはゴールドになります。

赤目の周りのゴールドがはっきりした個体は、アカミミの特徴でもある目の横線がわかりにくくなり、きつい目から真ん丸の目玉に見えて可愛いです。

cgaagoo@yahoo.co.jp。件名はアルビノとして下さい。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.04

目が可愛いカメさんです

1

アルテは目が魅力的な種類です。

甲羅のカラー・柄は色変アカミミの中では刺激に欠ける部類だと思います。

実物を並べて見比べるとパステルの芸術的な模様や亀とは思えないショッキングイエローには太刀打ちできません。

ただ、このベビーのつぶらな瞳にはやられない人はいないでしょう。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.03

同腹ベビー比較 目の色が違います

Photo

画像はキャラメルアルビノです。

1匹の親から出てきた同腹ですが、色合いは様々。

目の色も薄い赤色からワインレッドまで幅広いです。

甲羅にヒョウ柄が入る個体やトラ柄が入る場合もあります。

大まかに分けて4つのバリエーションが同じ親から出て来るキャラメルアルビノはとても興味深い品種です。

一番色が薄いクリーミー・タイプはアルビノを数多く見ている私ですら、T-アルビノとしか思えない目の色です。

大きくなった時にどのように変化していくのか興味深いタイプです。

画像真ん中のグリーンタイプは販売可能です。

cgaagoo@yahoo.co.jp。件名はキャラメルとして下さい。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.02

名前に亀が入っている みりん

我が家で生まれたベビーをトレードして下さる方の所に亀を持って行った時、お店で、面白い名前の「みりん」を見つけました。

その名は「岡本亀太郎」wave

「ご家庭のみりんと飲み比べてください」と書かれていますdash

みりんって飲むものでしたっけ?sweat02

そして、このみりん、色が濃いんです。

普通のみりんは酢に近い色だったと思います。

うちでは、みりんは飲まないので、何か良い使い方がないものかと、

思案中です。

どなた様か、このみりんをおいしくいただく方法をご存知ありませんか?

Photo


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »