« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014.07.31

2種類のアルビノが産卵

朝6時前に起きて、良い潮なので、産みそうな個体を1匹ずつ庭に出し、様子を見たら、2匹が産み始めました。

計算とは違う個体だったので、また産卵の難しさを痛感しながらも、今日気付かなかったら、危うく卵を食われるところだった2匹の産卵風景をパチリcamera

80


81


これで、今シーズンのこの2個体の産卵は終了予定です。

よく頑張ってくれました。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.07.28

卵から出てきました

あと数日でおなかは塞がると思います。甲羅もしっかりとしてきます。

自家繁殖なので、餌付けには苦労したことはありません。

触ったりしない限り、簡単に最初のエサを食べ、元気に育ちます。

あまり触りたくないので、画像はこんな感じで、お許し下さい。

58
右から

①アルテ(キャラメルピンク)・ハイグレード

②キャラメルアルビノ・クリーミー

③キャラメルアルビノ・パンサー

④アルテ

他にも出てきそうです。

59

キャラメルアルビノ・クリーミーはリアルレッドアイ。

スノー並みの美しさですが、スノーとは違います。

ただ言えることは、スノーと比べ格安で強いですhappy01

世界的にも繁殖させて外に出している方は私は知りません。

視力は普通のアルビノ並に悪いですが、スノーよりは良いです。

60

5月15日の卵から出てきました。

日本であまりお目にかかれない、キャラメルアルビノについて一言。

キャラメルアルビノは普通のアルビノより綺麗で、数段強いです。

視力はレモンライムなど他のT+より弱く、目の色は3タイプあります。

目が赤くて薄い色の個体ほど視力は弱く、一番視力が高いのはパンサーです。キャラメルアルビノ・パンサーはワインレッドの目をしています。

大きなエサも丸呑みしてくれて、選り好みしないので、飼育は楽です。

視力が弱いと言ってもスノーとは比べ物にならないぐらい良いですよ。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.07.24

アルビノ3種類 卵に異変

朝、卵を見ると、なにやら頭が出ているfuji

1匹はレッドアイ、もう1匹はターミネーターアイ。

そしてもう一つ、クモの巣みたいな亀裂入り。この大きな卵はキャラメルアルビノのもの。

60

全部、まだ生まれたわけではありませんが、期待が膨らみますね。

このアルビノ3種類の親はそれぞれ違います。

うちでは、きちんと血統分けして飼育していますので、間違いありません。

同じアカミミガメなのに、真ん中のアルティメットの卵は小さいですね。

もう1匹のアルティメットの卵も同様に小さいです。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014.07.22

2匹で6㌔オーバーのイシガキダイのお味は?

13日に行った海洋釣り堀の報告はブログにアップしましたが、今日は1週間掛けて、色々と料理したグルメリポートをしたいと思います。

まずは、一番の目玉、イシガキダイです。

2匹も大きいのが釣れ、1匹の現地価格はキロ3,000円と一番の高級魚だそうで、2匹平均の重量で計算すると、1匹ナント1万円也yen

この日はビッグサイズが2匹釣れました。

画像は小さい方で、大きな方と合わせて6㌔ちょいオーバーでしたfuji

94

味の方は白身魚ですが、脂の乗りが凄くて、身は締っていて、クセはありません。

身は甘みもあって、さすがに、並み居るブリ・ヒラマサ・カンパチなどより遥かに高価なだけあるなーって感じでしたmoneybag

3日間程は身も締っていて、刺身や寿司ネタとしては、2日目以降の方が旨み成分満載の脂が身に乗ってきました。

今回の釣掘りは初めての所でしたが、いつもの5,400円の居残り魚狙いと違い、10,800円なので、魚種も豊富でした。

その中でも珍しい、天然ヒラメちゃん。

食べるのは一番楽しみでしたが、刺身はダメでした。脂の乗りが悪く、縁側ももうひとつ。downwardright

天然魚はピンキリなので、味に関しては博打ですね。このヒラメは刺身にはハズレshadow

身も柔らかくて、仕方なく、昆布〆にして翌日食べたら、これは旨かったです。

クセが全くないので、昆布〆に向いています。

巨大なので、身も厚く、残った身は酢豚の豚代わりにしたら、絶品でした。scissors

他にも雅鯛と呼ばれる、熊本の綺麗な海で少量だけ、広い生簀で厳選されたエサで育てられたマダイが目玉として放流されましたが、これもアッサリ系のタイで上品でした。潮汁とか合いそうですが、うちでは寿司ネタに。

甘さは多いですが、身がもう少し硬いほうが好みです。これも昆布〆にしたら最高でした。

釣り方はチヌのイカダ釣りで使う短竿で、エサはイガイがよかったです。

チヌ用の竿ですから、こんなイシガキが掛かったら、凄いやり取りが楽しいです。up

遊泳力の弱いヒラメは面白くなかったですdown

イシガキダイの他ににもイシダイも5匹釣れて、これは冷凍庫に行ったのか、近所に行ったのか、まだ口に入っていませんsweat02


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.07.20

ピュールパステルが産卵

ピュールパステルが4クラッチ目13個産みました。happy01

自家繁殖ヘテロ♂との親子掛け合わせですから、パステルが出る比率がどうなるのか?

70_271

2013ベビーも綺麗です。これは次期種親候補です。

光の具合で印象が変わりますが、画像ではわかりませんね。

クリックしたら拡大します。


73

ついでに、アルビノの♂も撮りました。

これも実物はもっとオレンジが綺麗です。

やはり、アダルトになると、アルビノは模様が出てくる個体は綺麗ですね。

きょう、T-アルビノ1クラッチ目の卵が割れていました。

そろそろ最初のクラッチは生まれてくる季節のようです。

70


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.07.18

スーパーパステルクサガメ

うちで自家繁殖させた色変アカミミとトレードで色々なカメがやってきますが、このクサガメは面白いです。

クサガメらしくない顔の模様。64


そして、クサガメらしくない甲羅の色具合。

実物はもっと美しいです。

61


頭の色も実物はもっと、ド派手です。

一番大きなのは14cmになりました。

オスは甲羅がもっと細長くて、軽量な感じです。

しかし、アダルトに近いオスの小ささには驚きます。

ベタ慣れしやすいもの、お気に入りの理由です。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.07.17

カメのナンバープレート

昨夜、仕事から帰ったら、嫁さんが奇妙なものを買ってきてました。

どうみても、車のナンバープレートなんです。

外国の方がシャレで作ったのでしょうか?(笑)

53


大きいのと小さいの2枚ありました。

大きい方は、目分量ですが、車に合いそうです(笑)

これって本当の使い方は?

よく、欧州車のプレートをフロントのナンバープレートと交換してる人を見ますが、これって、そういう使い方をするのでしょうか?

昔はフロントのプレートはダッシュボードに置いていても問題なかったようですが、最近はどうなのでしょう?

道交法に詳しい方、ご意見をお待ちします。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.07.13

大阪の釣掘りサザン

初めてのサザン。釣掘りネットワーク・よっしーさんのご厚意で入れてもらいました(笑)。食いの悪い生簀だったみたいですが?楽しい1日でした。まさとさん差し入れありがとう。

アルビノ様
マダイ…6
イシダイ…5
石垣ダイ…2 (2匹で6㌔)
ヒラメ…1

51

前日、凄くよく釣れたという青生簀が今日の我々の生簀です。
前日よく釣れたというのは嬉しくはありませんが、運は残っていそうな雰囲気ですの~(笑)。
52_3

たぶん、1番目にタイが釣れ、その後もポチポチ。
アタリあるんやけど、変なアタリで乗らないって言ってたら、よっしーさんが竿持って登場(笑)
そこでアワセんと中途半端は釣れんというような目をしていたので、早いんちゃうん?と思いながらも巻き上げたら、ナント居残りのヒラメちゃん。
こいつが変なアタリの主だったのか? 引き弱くて、タイより面白くないです。

次は全くアタリすらない一番奥の角で、1匹釣ってみてと言われ、入れさせてもらったら、なんとタイ。同じ場所で今度は大イシガキ。やっぱり大きいのは引きが違いますの~。
店員さんが記念撮影をというので、パチリ。

また数名が集まってきたので、新たなポイント開発へ。すると奥の真ん中付近の網際でタイ。おっ、ここも魚の気配ムンムンですわ。
真ん中で釣れるなら、角はと見てみると縞々の魚が雨の中にチラッと見える。

そこは誰もいないパラダイス。イシダイが次々とヒット。皆が集まってきても、なぜか、私のスペシャルロッドにばかり食いついてきます。今日はラッキーデー(笑)
他の人にも釣れて食いが止まって、また誰もいなくなった終了も迫った時に、また大イシガキ。3.2㌔ありました。本当に石物の引きは最高に好きです。
また、オネイちゃんが記念撮影をと言ってきてパチリ。

シマアジや青物はどこ行ったの?
放流はありましたよ。でも石物オジサンになりたかったのです(笑)

と言うのは言い訳で、ひととおり、シマ・青もやりましたが、よー釣りませんでした(笑)。

釣れ場所はほぼ全域で、言われたような偏りは田尻よりは感じませんでした。
タナは角ギリギリで370㎝メイン。石物も深かったです。

小物狙いなのにタイも大きいし、石垣ダイも大きい。
小さいのはイシダイだけでしたが、石物の放流の多さにビックリしましたの~。

マダイは今入れているのは、みやびダイというブランド魚らしいです。
綺麗な海で広い生簀で少量だけ生産するそうで。
記念撮影では悪い色に見えますが、クーラーの中で冷やしたらピンク色。

53_3

あすから高校野球の地方大会があるので、終わるまで、釣りに行けません。
今日行ってきた所なのに、もう行きたくてウズウズしてます(笑)

【総括】魚のアベレージサイズが大きいので、小物だけでも長いクーラー満タンになり、助けてもらいました。イシガキの引きが青物より面白くて大好きです。新品ラインは1日でぼろぼろに(笑)イサキはいませんでしたが、グレはいたし、コショダイも目撃したので、魚種は豊富です。田尻もガンバレ(笑)。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.07.09

アルビノが産卵しました。4クラッチ目

水槽のアルビノにエサをやっていたら、1匹が産む気配。

すぐに庭に出してやると、穴掘りをはじめましたsign02

51

一番ベテランさんなので、いつも短時間で掘り終えますwave


52

オレンジ色の生えるメスです。オスはゴールド・イエローfuji

53

近寄って、ストロボで卵の様子をパチリthunder


54

この個体は視力が弱く、とても産卵させやすいです。

アカミミ部分のパステルオレンジが綺麗な個体です。

白目はゴールドに輝いていますeye


55

こんな感じでいっぱいになったら、いつも産卵をやめます。

この個体の卵は大きくて、数は8個がアベレージですhappy01


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.07.04

今日は潮が悪かったです 田尻5,400円釣り放題コース

本日の田尻の釣速報によると、「今日の釣果ははっきり言って悪かったです・・・」。と社長にしては控えめなコメント(笑)。在庫は相当増えたと思います。

51


高槻市…アルビノさん(サンクス)
マダイ‥‥‥9
シマアジ‥‥‥1
石垣ダイ‥‥1

今日は、平日だというのに、釣り堀ネットの方が2名ほど来られていました。
残念ながら、お2人ともサンクスコースではなく、高級コースでした(笑)

今日はベベ入場かと思いきや、当日参加もあったみたいで、後ろから3番目。
でも、大生簀に10人なので広々でした。

1投目から筏竿にタイがヒット。

ところが、やりとりしてたら、突然、イッツ(カウンター付きリール)の脚が折れて、リールが落ちそうになり、片手で筏竿、片手でリールを持って、指でハンドルを巻き巻きして、何とか、ご近所さんのタモに収まりました。

せっかく、柔らかい穂先で楽しめるパターンなのに、これでは釣りになりません。
仕方ないので、ウキ釣りに変更し、朝一、居残りシマアジ狙いに。

一発で来ました。ご近所さんにも丸々と太ったシマアジが釣れました。

シマアジが消えたので、またタイ狙い。もう一度、指でリールを押さえながらタイ釣りを試みましたら、こんなときに限って、すぐにタイがヒット。
タイの引きならなんとかなると思ったが、またリールが外れて落下しそうに。
慎重に巻き上げ、これまた何とかゲット。
さすがに、脚のないリールではダメだと、本日の当たりパターンを捨てました(笑)
カウンターの当たりラインは4・5mでした。

その後、和歌山側手前は沈黙。というか、全体で沈黙が続く。
付近の人たちが移動したので、私も対岸に移動。
朝から釣りネットのブラックさんに勧められていた〆場側の角です。

おかげ様で、本日のタイのアタリ場だったみたいで、ヘタなウキ釣りでも、竿頭に。
関空側の短辺の方々は橋の下に移動したので、角から対岸の角まで広い範囲をウキを飛ばせます。

この拾い釣りが当たったようで、タイは独占でした。他の方が移動してくるまではパラダイスでした(笑)。

シマアジデーだったので、一般コースと半日コースはシマアジがたくさん上がってましたよ。でも、格安のサンクスコースはタイしか放流ありません(涙)

今日はヘタなウキ釣りに、イシガキも何度もきましたが、1回目は飲まれて、ライン切れました。その後2、3回ほどバラシの連発。

そして、社長が登場した後半にようやく1匹ゲット。結果オーライですが、1匹のイシガキに随分やられました(笑)

得意のシマアジは和歌山側奥から3番目ぐらいの網ギリギリにずっとステイしたままで、釣れていたのは、その近辺の3人だけでした。

1マスだけ3人の間が空いていたので、スタッフに移動を勧められましたが、タイをそこそこ釣っていたので、いやらしいので、ご遠慮し、涙をこらえて我慢(笑)。

まっ、その我慢があったから、終盤にイシガキが釣れたので良かったのかな?

【総括】
サンクスコースは10人中、4人がボウズ、1匹が2人という難易度の高い1日でした。
こんな日のツ抜けは充実感ありますが、惜しむらくは、シマアジの回遊コースを読み違え、網際にステイするという予想もしなかった展開となったこと。
常連さん2人は知っていたみたいで、直前に移動されました。

次は、13日、よっしーさんのお世話で初めていく釣り堀。たぶん釣れません。
スタッフの話では、初めてでは厳しい釣り堀だと言われました。
7月は高校野球の地方大会があるので、それが最後で、もう釣りに行けません。せっかくエサ取りが増えて、居残り狙いのサンクスにはベストシーズンなのに残念です。


にほんブログ村

ブログランキング参加中。上の「にほんブログ村」クリックして下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »