« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014.02.27

35年前の釣り糸は使えるか?

50

飛び入りで海上釣り掘りに行くつもりでしたが、雨で中止になりました。

偶然見つけた古い缶の蓋を開けたら、大昔の釣り糸が出てきました。

私の記憶が正しければ、少なく見積もって35年もの。

確か、高校時代に鯉の釣り掘りで使っていたハリスだと思います。

その名はグンター。多分、40年ぐらい前の新製品?

当時のお金で50m1,000円とは高級品です。

次回の海上釣り掘りで、このラインでマダイを狙ってみたいと思います。

手で引っ張ったところ、強度は十分ですが、海上釣り掘りでは最新のラインでも1・5号は細い部類に入ります。

ナイロンラインなので、傷にはめっぽう弱いですし、普通に考えたら劣化してとっくに風化していてもおかしくありません。

なぜ、こんな無謀なことを思いついたかと言うと、高校の時、科学の先生が釣り糸は古い物ほど強くなるという持論を授業でやっていたからです。

理由は忘れましたが、分子結合が強くなるとか?

ワインも熟成させた方が旨くなるとか・・・

梅干にいたっては350年ものが1個5,000円で売られていますし(笑)

1匹釣れたら目出度し目出度し。

もちろん、スペアのリールは待機させておきます。

1匹あがったら、何匹あげられるか試してみますが、そもそもそんなに釣れません(笑)

引きの弱い真冬のマダイ釣りの話のネタですが、どうなることでしょう?

釣りは早ければ3月3日に行けますが、その後は仕事続きで行けません。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.02.24

海上釣り掘り田尻 半日コースの巻

1カ月ぶりの釣りですの~。3日ほど前に電話したら、空いてますよっと言われ、半日コースを予約。前日、コミュの皆さんが田尻でバトルをしたので、NANAさんとヒロさんに情報収集のため電話を入れたら、翌日も半日コースで来るとのこと。

50

入場前の偵察では、1回目の放流タイは1日コースの方々が既に8匹釣っており、放流分は全部釣られた勘定です。タイは残っていますが、居残りは全く食わないらしいです。

半日入場前の2回目放流のトラフグも食いがよく、これまた入場前から結構釣られてしまいましたの~。
そして、ナント当たり付きクロソイまでが半日入場前に放流ですわ。それもたった1匹。
1日コースの人を大切にということで、納得しないといけませんが・・・泣。

しかもです・・・最近は放流した魚が簡単に釣れ過ぎなんです(汗)。これでは、居残り狙い作戦は厳しいですの~。

待ちに待った半日の入場ですが、放流分の在庫はフグぐらいです。入ったのは結局いつもの和歌山側真ん中です。

前日下見された、コミュのやまひでさん、フグの定番の狭い場所で次々とトラフグをゲットされていきます。

いつもの通り、絹姫サーモンから狙い、1日コースのサーモン・マスターの横で1投目からオキアミでヒットさせるが、痛恨のバラシ。

バラしたせいか、後は絹姫には見向きもされないし、絹姫の魚影が少なすぎますの~。
焦って竿が手につかず、フグを狙ったり、タイを狙ったりしますが、何も釣れません。
フグとタイはタナが全く違うので、迷いは命取りだとわかっていてもアキません。
あ~っ、ヘタしたらボウズかも?
と思っていたら、3回目の放流前にようやく、真ん中の底付近シラサでタイが来ました。
すぐにもう1匹。それが、なんと飲み込まれていて、仕掛けを作っているうちに隣の人が貴重なタイを釣ってしまいました(笑)

いよいよ3回目の放流です。ようやく半日コースの人にもフレッシュな魚が放たれます。
しかも、得意の絹姫サーモン。

ところが、今年の絹姫サーモンは何も誘わないドゥ・ナッシング釣法が強いのですわ。
でも、置き竿では釣ったとは言えません。ヒロさん曰く、そういうのは、釣れたと言うらしいですの~。
周りでは次々と絹姫が釣れていきますが、ガンコ親父は本日の誘いのパターンを探し続けます。

そして、絹姫がようやく、真ん中付近にも回遊し始め、それからは少しだけ釣れましたが、風が強くて、真ん中は波が立って見えませんので、海面を見ていたら夜中のテレビ画面のようです(笑)。
途中、風のないトイレ前から見に来たNANAさんが、「酔いそうやーって」言って、すぐに、やまひでさんの所に戻って行かれました。今日は、風にも見放されたようですの~(泣)

そして、半日の人の2回目、つまりラスト放流です。クロソイとアイナメさんです。

やまひでさん、いつの間にか、NANAさんとの共同作業でトイレ前の狭いところに大移動され、タイを入れ食いさせています。流石に2日続けて来られているので、魚の行動パターンを先読みされていますの~。

やまひでさんの隣は埋まってしまいましたが、和歌山側2番目に移動し、ソイとアイナメがようやくきました。
ビッグなソイは筏竿だったので、楽しめましたの~。
でも移動が遅かったみたいで、時すでに遅し・・・
トラフグは今日もボウズで、コリコリ感を味わいたかったのに悲しい結果に。
リベンジを誓い、その割には楽しく終了~。

釣り堀ネットワーク
             アルビノさん(半日) 
マダイ‥‥‥3
絹姫サーモン‥5
黒ソイ‥‥‥2
アイナメ‥‥‥2

【総括】
ヒロさんは熱が出て来られませんでした。お大事に。
入場前は底まで見えていましたが、在庫は少なく、特に網際はダメダメ。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.02.21

アルビノのつぶやき「春はまだかな~」

カメにとっては、待ち遠しい春ですが、花粉症が嫌な季節でもあります。

こんな時季に? と思われるかもしれませんが、どうも花粉症っぽい症状がもう出始めました。

頭が痛くて重たいです。

せっかくの休みで、釣りに行きたかったのですが、気分が乗りません。

今日は1日、カメの世話でもしましょう。

50_3

次期種親として期待している2匹のアルビノ♂の小さい方です。

アルビノは良い♀がいても、♂がダメだと繁殖は難しいです。

今活躍中の♂も、大きい方は、15年は生きていると思いますので、次世代のエース探しをはじめました。

今回入手した2匹のうち、1匹は既に繁殖の実績ありですが、実際はどちらの♂が成功したのかは、本当の所は不明だと思います。

縁あって、我が家の血統のアルビノが巡りめぐって帰ってきたみたいです。


51

甲羅にもオレンジ色が乗ってきて綺麗です。

実際の色合いはもっと強いオレンジです。

上の画像の方が実際の色に近いです。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.02.15

究極のシラス

ジャ~ンnote

50


和歌山の煙樹ケ浜でとれたシラスをいただきましたhappy01

ただのシラスではありません。

地引網で水揚げし、すぐに減塩加工されたシラスですwave

普通のお店では冷凍保存されたモノを売っていますが、ここのシラス冷蔵で届きますrvcar

身がしっかりしていて、味も香りも濃厚で嫌味がなく、これを口にしたら普通に手に入る冷凍品を解凍して販売されているシラスは食べられません。

舌触りや歯ざわりの違いと、甘いような旨みが舌に訴えてきますshadow

この味を求め、和歌山の海の近くを旅した時は、いつもシラスを探し求めていますが、どこで購入してもガッカリすることが多いので、本当に難しい魚だと思います。

今回いただいた包み紙を見てみると、ホームページのアドレスらしきものを発見したので、また自分でも頼んでみたくなりましたmobilephone

お酒のアテにも良いですし、シラスに軽くしょう油を垂らして、ご飯と食べたら、幸せな気分になれること間違いなしですup

大きな木箱に入ってきますが、おいしいので1食で茶碗1杯ぐらいのシラスを大人食いできちゃいますよcoldsweats01


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.02.14

雪とスノー・アルビノの競演

mist朝起きると屋根が真っ白ですsnow

テレビをつけると滅多に雪が積もらない大阪が積雪していますとニュースで放送されていました。

サンルームからの風景もいつもと違いますeye

50


寒々としていますが、水温は10.7℃で、思ったより高いです。

180cm水槽と90cm水槽2台の計3台を自作オーバーフローで上下で連結しているので、水量が多いからでしょうか、気温が下がっても水温は一気には下がりませんmist

51


スマホの性能が悪くて、目盛りが見えませんね~sweat02

サンルーム内の気温は8℃です。こちらも室外よりは少しは暖かいみたいですが、夜は室外の気温とほとんど変りませんwave

52

水槽の中では1匹のアルテ♀がモテモテでしたよheart04

スノーも弱視にも関わらず、参戦してますので、通説で言われているほどは視力は悪くないように思います。

ただ、スノーの視力は個体差が物凄く大きいので、うちの生き残りスノーたちの視力が良いだけかもしれません?


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014.02.11

白いクサガメ

最近、こんな白いクサガメも飼い始めました。

頭の質感に惚れ込んでいます。

50


スーパー・パステル・アルビノだったかな? 通称SPAと呼ぶそうです。

アカミミで言うところのT+アルビノですね?

クサガメは動きがコミカルで水中でバランス崩して、引っくり返ったりして動きがとても面白いです。

人間で言うと運動神経の鈍い、肥満の中年オジサンのような動きですね~。

捕食も空振りが多いですが、目のよいスーパーパステルクサガメも同様なので、この鈍臭さは、この種の特徴なのでしょうか?

人に慣れやすいようで、まるで愛玩動物のようです。

まだまだ繁殖までは遠いでしょうが、小さなサイズしか、とても手に入りません。

今までも、繁殖させた個体はベビーから長年飼って産卵していますので、また数年間、新たな楽しみができました。

古株は20数年飼育していますが、未だに毎年産卵して繁殖していますので、カメは神秘的です。

20数年飼育しているのは中国セマルハコガメですが、いったい寿命はどのぐらいなのでしょう?

謎は深まるばかりです。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014.02.05

レプタイルズショーの話

50_2


右下に写っているパステルは我が家の自家繁殖個体ですcamera

爬虫類器具メーカーさんのモデル亀として使っていただけたこと光栄ですup

ちなみに、うちは、ズブの素人ですので、スポンサー関係はありません。

昔凝りまくったバス釣りの世界ではルアー・メーカーさんやラインのフィールドテスターとして指名され商品提供をされていましたが、亀界では、まだまだヒヨっこです。

亀の世界は爬虫類の中でも繁殖サイクルが長くて、真の繁殖成功者が少ないので、これからの伸びしろの大きい爬虫類だと思います。

こうして固定化できた亀を認めてくれる人がいて、メーカーのポスターに使ってくださったということは一歩前進ですね。

将来は自分の家で生まれた亀と高級な器具の交換とか実現できるほどになりたいものですね~。

電球は消耗品ですから、目ざせ亀の自給自足(笑)。

おっと、このポスターをブログに使うことは許可いただいております。

カラフルでいい感じですねfuji

はじめて爬虫類用の球を購入したのは、このメーカーさんの商品でした。

亀が暖かそうにバスキングする姿に凄く癒されましたし、何より、亀の健康に良さそうな話がパッケージに書き込まれており、読んでいるだけで楽しさ倍増でしたshadow

時が過ぎるとともに、うちの亀の照明はメタハラに変化していきましたが、そのメーカーさん、今ではやっていないみたいです?

本当に寂しい話です。業界全体で盛り上がっていかないと、せっかくの趣味の世界が縮小していきます。

自分が末永く楽しむためにも、各メーカーさん・ショップ共々、盛り上がっていってもらいたいです。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (22) | トラックバック (0)

北海道ともお別れ

旅の最終日前夜は、極寒の札幌で50匹以上ものカメを飼育されている熱いカメ仲間と地元の方に人気の焼き鳥屋に行きました。

メニューに特に変ったものはありませんが、とても旨いし安かったです。

関西で同レベルのサービスを求めると倍近くはしますから、驚きました。

最終日の朝は土産物店に出かけましたが、途中に面白い店発見。

53

居酒屋で手羽の1本販売は見たことないので、安いのかはワカリマセンが、20円なら高くはないですよね?

ガラス越しに写った雪の高さ、扉の上の方まであります(驚)

昼食は、またまたカメ仲間とGO。

パックのスキーツアーについていたクーポンがラーメン横丁の全店で使用可能とのことで、今まで来たことのない観光客のメッカに行きました。

51

観光って感じが、あまり、好きになれない雰囲気ですが、とにかく細い路地に期待せずに入っていきました。

入ったのは小さなお店で、じいちゃん・ばあちゃん二人でした。

こういう所は、旨いか不味いかどちらかのような気がします。

クーポンを見せると1600円分なんでも食べられるそうです。

ラーメンとイクラ丼という珍しいセットがあったので、ギョウザとともに注文。

百円オーバーですが、オマケしてくれました(笑)

52

熱々のイクラ丼だけが随分早く出てきて、ラーメンが来る頃には、イクラは無くなりかけていました(笑)

ギョーザ、並べ方がちょっと雑ですね。

肝心のラーメンのお味は・・・。

スープに魚介が入ってコクがありますが、旨みの中に雑味が感じられます。

チャーシューも並、ネギには元気がありません。

ギョーザは見た目の通りのお味でした。残念。

2日前にブログに載せた「信玄」が横綱なら、前頭3枚目ぐらいか・・・

一緒に入ったカメ仲間は味噌ラーメンを注文し旨かったらしいので

シンプルな、しょう油にしたため、ダシの粗が見えてしまったのかも?

2、3年前に「信玄」で札幌のラーメンフリークとトークし、ラーメン横丁は制覇したが、旨い店は1軒もないと豪語された言葉を思い出しました。

やはり、単なる観光スポットなのかな? そんなこと言われたら、カニや寿司屋も多くは観光スポットです。

今日は、たまたま味がブレたということにしておきましょう。

プロでも人間なので、そんな日もあります。

楽しかった北の大地の旅もいよいよ終わりです。

新雪で一面が真っ白になった空港を後にして、現実の世界へと戻りました。

私の旅は北か南か両極端ですが、本州にはないモノを感じられ、ストレスが抜けます。

観光はせず、土地の面白いところをみたり、聞いたりして、あとはボーッとするのもいいですよ。ジジイの旅ですな(笑)


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.02.04

チョイ悪おやじ スキー場へ行く

いよいよ北の大地のスキー場へ出発です。

007

一人なのでぶれぶれでヘタなセルフ撮影ですが、ドレッドヘアスタイルでファンキーにファンスキーを楽しむ予定です。

最寄のホテルまで専用バスが迎えに来てくれますので楽チンです。

北海道のほとんどのスキー場へホテルから往復バスに乗車可能です。

50分ほどでテイネ・ハイランドゾーンへ。

まずは腹ごしらえです。

ここをはじめ、札幌近郊のスキー場は食事の楽しみがあります。

去年は札幌国際のラーメン専門店の塩ラーメンの旨さに驚きました。

今年はテイネにて、新メニューのスタミナ丼を頼みました。

時間が早いので客は私一人。

コック長さんが、時間を掛けて、旨いのを作ってくれました。

このスキー場では毎回、一番高いものを頼むとハズレがありません。

スキー場とは思えないぐらい時間は掛かるけど、オッチャンの旨いものを食わせてやろうという心意気を感じる味です。

ちなみに、昼食時間帯に行くと、超満員で出来合いのものとなり、普通のスキー場のレストランと変らないので、時間帯を外すことをお勧めします。

さてさて、いよいよ滑りはじめますが、気温はマイナス12℃fuji

まずまずの寒さですね~。

でも、雪質は最高です。板を踏み出した瞬間に本州との違いを感じます。

008

一人で行ったので、画像はニセコで以前撮ったもので失礼します。

雪がいいので、足裏感覚が物凄く気持ちいいです。

気温が低いので、本州のスキー場のように、滑走ごとに雪質が変ることもなく、滑りやすいですし、何より人が少なくて気持ちいいです。

新雪も軽くて他では味わえない雲の上を飛んでいるような感覚を味わえます。

やっぱり、2月の北海道の雪は間違いなく最高に気分が良くなります。

2年前には地元の亀友と一緒にキロロに行きました、キロロはどうも食事がよろしくありません。

5回ほどキロロには行ってますが、若い頃、ホテルピアノが出来上がった頃だけはよかったですが、だんだんと悪くなっているような気がします。

そろそろ亀の話を再開したいのですが、もうしばらくお待ち下さい。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014.02.02

北海道の旅 2日目の夕食は?

今日もカメの話しではなく、北海道のスキー&食の旅の続きです。

話せば長くなりますが、私の年になると、皆さんスキーがしんどいらしく、かれこれ、8年以上は北海道一人旅です。

最近では、札幌好きの連れと現地で夕食するのが恒例となりましたが、彼はスキーはしません。

ここ数年は札幌在住のカメフリークさんも合流、今年も2日間は彼とカメのマル秘話に華を咲かせました。

さて、話は2日目の夕食に戻ります。

今日は海鮮で行こうということになり、いつものノープラン予約ナシで連れと突撃です。

地元の人が集まる古いビルの7階にあるお店です。

50

スマホのストロボで明るいですが、本当は相当暗いところです。

エレベーターが開いてすぐに、この景色ですので、かなり怖いものがあります。

こう見えて60人ほど入られるようですが、満席で撤退しました。

こうなると、いつものパターンです。

そうです。

昨夜行った、だるまに足が向いています。

はっきり言ってアホですが、これが恒例なのです(笑)

カニやら寿司やら海鮮やらも行きますが、札幌でないと本当の味を食べられない食材は切ってすぐに食べないと臭くなるジンギスカンのマトンです。

連れは年に6回も、ここ札幌に出向き、だるまで食事する中毒患者です。

52

前日はこんなに雪もなかったのですが、いい雰囲気ですね。

エアコンの室外機だけは新しいですが、この一体は昭和の香りがします。

本当に寒い日で雪の影響もあり、本日は30分待ちぐらいで入店予定です。

最近は中国の人や韓国の人たちが多くて、この日も中国の先客6・7人家族が、並ぶ時間の長さにしびれを切らし、2号店に行ったのですが、そこも入れなかったようで戻って来られ、並びなおしで、断念されました。

昨日撮り忘れた焼いている所をパチリ。

51

客が絶えないので、目の前では常に新しい炭を起こしているので、暑いです。

この10cmほどのお皿に無愛想に盛られた肉とタレ(写ってないですね)が最高なんです。

焼きすぎると硬くなるので、さっと色が変ったら一気に口に放り込みます。

ジュワーと旨みが口全体に広がります。

このタレと肉汁が他には絶対にない中毒の元ですね。

昔、この小さな店で脱税で何億円か追徴され、北朝鮮に資金送付していることが新聞に載り一時期店はしまっていたようですが、やはり、この味が忘れられない人が世界中にいたみたいで、見事に復活し、今は支店まであります。

客に肉を出す、おばちゃんの手の小皿が偶然に写っていますが、こういう光景が連続の忙しい店なんですよねー。

ただ、一人で行く時は野菜嫌いの人にはきついかもしれません。

野菜の盛り付けは手でどばっと、おばちゃんがアバウトに乗せますので、2人分とあまり変らず、肉とのバランスが崩れてしまいます。

あと、炭火の調整が上手なおばちゃんの時はいいのですが、最近は若手のオネイちゃんも登場し、まだ達人の域に達していません。

本店の昔のおばちゃんのテクがあってはじめて炭が生きてきます。

ちなみに札幌としてはお値段は安くありません。白ご飯大は315円だったような記憶があります? 中で210円です。ビールも高めです。

お肉は700円プラス消費税ぐらいなので、これも高めかな?

でも、ビールだけでなく、間違いなく、ご飯が欲しくなる味なんですよ。

冬の寒い時に食べる、だるまのジンギスカンは間違いなく、札幌の旨い飯だと言い切れます。

恐らく、気候とのマッチも含めての味覚のバランスが絶妙で、私が一人で雪のない季節に食べた時より、2月に食べた時の方がはるかに感動しました。

それ以来、札幌には2月に通っています。

なかなか奥の深い食べ物ですね。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.02.01

小腹が空いたら

ジンギスカンで満腹になり、部屋でブログしてたら、仲間から、いつものラーメン食べに行こうと、お誘いがありました。

信玄という店ですが、ここも並ばずに入れたことがありません。
今回は、時間が早かったので、20分程度で席に座れました。

札幌と言えば、味噌ラーメンでしょうか、こってり正油をチョイス。
_e5_86_99_e7_9c_9f2

味が複雑で、何度食べても、よくわからないコクに感動します。
野菜もチャーシューも最高です。
定番の、コク味噌を仲間は注文。
かれは10年以上は、通い続けています。

_e5_86_99_e7_9c_9f3

ここは、ボリュームもあり、本当にお薦めします。
近くに、海老味噌で出汁をとったラーメン屋もあり、
ここにも、いくパターンが多いです。


にほんブログ村

すぐ上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »