« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013.12.29

暮れのご挨拶

皆さん、今年も日記を読んでいただき、ありがとうございました。

また、ブログ村ランキングの応援ポチ、たくさんいただき、嬉しい限りです。

明日から、パソコンのない生活なので、ご挨拶にかえさせていただきます。

51


趣味の釣り掘りの今年を振り返ってです。

合計368匹

回数29回

平均12.93匹

最高25匹

最低3匹

5,250円のサンクスコースは年々厳しくなり、特に今年は日によっての在庫ムラはあるものの、非常に食いの良い魚が多くて、居残りの少ない状況が続きました。

これは居残り頼みのサンクスコースの住人としては非常に苦しい展開でした(笑)

言い訳がましいけど、そんなわけでアベレージは落ちましたが、最高記録が去年より10匹も下回ったり、20匹以上釣れた日が少なかったことを考えると上出来だったと思います。
最低記録は、なにをやってもダメな日というのは必ずあるので、仕方ありませんので、ドンマイドンマイ。

ただ、釣行回数が年々減っているのが寂しい限りです。

来年は35回は釣りに行きたいと思います。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013.12.28

自家繁殖パステル成長記録

パステルアカミミは大きくならないという定説を覆すかのようにスクスクと成長しています。

只今、甲長65ミリ。

物凄くイエローやオレンジの面積が増えてきて、グリーン部分はアクセントになってきましたeye

色のバランスが自分の求めていたパステルに近づきつつありますhappy01

007

甲羅のフチにはオレンジ色が乗ってきました。

この個体は甲羅のフチの模様が流れていて、渦巻き模様が多いパステルとしては独特の雰囲気を醸し出しています。


006

うっすらとコケが生えていますが、コケは落としはしません。

脱皮すれば、下から新品の綺麗な甲羅が出てくるアカミミの場合、脱皮を正常にできるような飼育を心掛けたら、自然と綺麗な甲羅を見ることが可能です。


005

頭の赤い色は薄めですが、今後はやや濃くなると予想しています。

この子が♀なら、去年1匹だけ残した♂と良いペアになりそうです。

♂だとしたら戻し交配に使えますので、それはそれで嬉しいです。

ヘテロと1点もののオリジナル天然パステルから繁殖させ、このピュールパステルが完成しましたが、子どもも交えて、黄色同士で繁殖させることにより、更に綺麗な個体が出たらいいなと思っています。

3世代に渡っての繁殖なので、気の遠い話ですが、そこまでやる人はなかなかいないので、達成したときの喜びは大きいので頑張りたいと思います。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.12.26

ピンク色の甲羅になりました

クサガメのことは詳しくありませんが、何やら最近、甲羅がピンク色っぽく見えるんですeye

どういうわけか、8匹いるうちの1匹だけに、ピンクの汚れ? が付着したのでしょうか?

こんな感じです。クリックしたら画像拡大できます。typhoon

001


002


003


004

スーパーパステルクサガメのピンク色の甲羅の色合いの謎をご存知の方、何でもいいので情報をお待ちします。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013.12.25

クリスマス

wine みなさん メリークリスマスbell

みなさん、イブはどう過ごされましたか?

イブの夜は仕事から帰ってきたのは日付が変わる前でしたが、風呂から上がったら、ワインと生ハムと野菜がテーブルにありました。

夜が遅いのは毎度のことなので、手作りケーキは出勤前に、たっぷりと頂きました。cafe

50

なんちゃら風とか言ってましたが、忘れました。

枕みたいなケーキですねsweat02

中にも、スライスしたイチゴがタップリ隠れていました。

51

見た目は素朴ですが、味の方はなかなかのもんでしたよ。

大好物の生クリームがとても好みの味で、大満足でしたhappy01

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.12.23

海洋釣り堀 釣り納めの巻

2013.12.23(月)田尻B生簀サンクスコース

祝日なのに5,250円サンクスコース空きをHPで発見。10番入場だったが、なんと1番入場の釣り堀ネット・ブラックさんの周りは誰も入らずガラガラ(笑)。お隣に入れラッキー。50

高槻市・アルビノさん(サンクス)
マダイ‥‥‥7
絹姫サーモン‥4
黒ソイ‥‥‥1
ホームページではタイ1匹記載漏れ。

朝一の水温は9.3℃と低かったが、トイレ側では竿が万遍なく立っている。
あーあっ、やはり上位入場の人ら、釣れる場所知ってたんやって、ため息(笑)
そして、今度は真ん中付近の人たち。
しかし、食いが浅いのか皆さんスカが多くて、そうこうしているうちに、我々のところにも釣れ残りが回ってきました。

一番最後に回ってきた残り福でタイ2匹ゲット。初めて作った焼酎漬けの小エビでした。

1回目の放流分はこれにて終了。
今日も真正面からの風が強く、水中は全く見えないが、タイ狙いなので自分の前さえ空いていたら、釣るには困りません。

あまりに寒いので、誰も青物を狙わないので、絹姫サーモンを狙います。
ムシやシラサにアタリは出ますが、真正面からの風の影響で針に乗りません。

あっという間にサンクスでは最終放流の2回目の放流。
タイがあまりに食わないので、ソイとタイの放流らしいです。
またまた、風上のトイレ側のポカポカ暖かい所や真ん中で頻繁に竿が立ちますが、これまた、食いが浅いようで、スカやバラシが多発。

そのおかげか、沈黙していた我々のところにもようやくタイがポツポツとアタリ、終わってみれば、タイは7匹釣れました。

絹姫サーモンは、これまた真ん中の人が連チャンで上げていた時にこちらも回って来たようで、終わってみたら4匹釣れました。
ただ、絹姫サーモンは針を1度伸ばされ、ラインが1度ほどけて2匹もサヨナラ。
あ~っ、情けない下手くそです(汗)
今日は運だけでなく、常連のブラックさんが最近の傾向を釣りながら話してくれたおかげで釣れたと思います。ありがとうございました。

【総括】
タイは底ぎりぎり。相当引っかかりましたが、ブラックさん曰く。引っ掛けないと釣れない。
絹姫は見えてるのは捨てました。突然見えないところから、ドッカーンと出てくるのは釣りやすいです。昼前に1時間ぐらい風がやんだ時に上手く釣れました。
エサは何でも関係なしに食いましたが、団子は一度も使っていません。唯一ダメだったのはシラサです。
今日のサンクスは非常に厳しかったらしく、終わってみれば5匹以上は2人だけでした。

写真はクーラーの中の魚の上下を入れ換えたので2枚載せました

51_2

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.12.22

スーパーパステルクサガメ君

うちにいる7匹のクサガメの中で、種親として最も期待している♂です。

興味のある方、パソコンならクリックしたら拡大されますし、スマホなら更に拡大可能ですので、お楽しみ下さい。

クサガメもアカミミ同様、種類は同じでもマスクの柄や色味が個性豊かで、面白いですねnote

この子はハイイエローのスーパーパステルとのことです。

ヘテロなのにT+アルビノに負けないぐらい、いい味出していますねdash

004

目玉は、まん丸で、アカミミの多くの種類がきつい表情なのとは対照的です。アカミミも私的には、まん丸目玉が好きなので、そういう血統を目指しています。

003

本来は耳にだけ出る草色が頭全体に広がっています。

アカミミのパステルの頭が赤いのと同じ理屈ですかね?

他の個体より頭の色が濃くて、甲羅の色が薄いセレクトらしいです。

002

ほっぺの黒の入り具合も多からず、少なからずで好みです。

腕まで白くて、アルビノに近い表現体ですね。


001

ただ、残念なことに尻尾の先が切れていますsweat02

♀より尻尾が短いのですが、なんとか繁殖できればと願っています。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.12.21

繁殖の企業秘密を公開 応援ポチよろしくです。

みなさん、おはようございます。

ここ数日、冷え込みが厳しいですね。

でも、クーリング中のアルビノたちは、まだ普段通り活動しています。

今朝の水温は何度でしょう?

繁殖狙いの方は気になると思います。

51

おっ、12.2℃もありますね。

思っていたより水温高いです。

180cm水槽1台と90cm水槽2台を自作でオーバーフローさせているため、水量が多いので比較的安定しているのかな?

室外だとヒーターを入れないと、この水温はキープできませんね。

50

まだまだ、活動できる水温なので、♂アルビノが近寄ってきました。

黄色いラインが甲羅全体に広がり、綺麗ですね。

沈んでいるパイプはドジョウの隠れ家ですが、5台の水槽に分けて入れた200匹以上のドジョウはほとんど食われてしまい、アルビノ水槽には、もう残っていないようです?

かなり寒くても、捕食するみたいで、うちのアルビノたちは北摂の寒い地域で育っているため、文献や通説とは行動が一致しない個体群のようです。

普通は寒い時は餌をやってはいけないと言われますが、勝手に活ドジョウをペロリと食べてしまったようですsweat02

趣味の海洋釣り堀の社長も言ってましたが、養殖魚でも寒い所で育てられたタイは冬でも餌を食いますが、水温の高い所のタイを大阪に持って来たら食わずに死んでしまうそうです。

自分で体温を調整できない生き物同士なので、とても参考になる話ですね。

こういう話はあまり表に出てきませんが、日本で繁殖を狙うなら、ベストは素性のはっきりした国産の寒い地域の個体群じゃないでしょうか?

ちなみに弱いと言われるアルビノですが、うちでは自家繁殖個体は1匹も死なせたことがありません。

同じ環境で新しい血として入れた米国産は最近でも2回ほど★になっていますから、みなさん、私の飼育方法は安易に導入しないで下さい。

うちは、通説とは違ったアプローチで成功しているという一例ですので、皆さんに合ったやりかたを見つけて下さいね。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.12.18

おカメさま

50

今日は休みだったので、真冬の節電対策で水槽を集約しました。

設置場所はリビングで一番暖かいエアコンの真下の一等地です。

背の低い90㎝×45cmのランチュウ水槽に色変クサガメと

2013ベビーの色変アカミミ居残り組5匹をまとめました。

背の低いランチュウ水槽は手を入れやすく、小亀の飼育にはもってこいです。

エアコンの真下なので、30℃設定のクサガメ&アカミミベビーのヒーターの電気代が少しでも節約できればと思っています。

小亀水槽にはヒーターは念のため2つセットしています。

もしも、1つ故障しても大丈夫です。

皆さんも冬は色々と工夫されているのでしょうね?

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013.12.16

真っ赤なお鼻のアカミミさんが運んでくれたプレゼント

今年、キャラメルアルビノやピュールパステルをお持ち帰りいただいた方から、なかなか手に入らない地元の貴重な酒粕が届きましたrvcar

住所が途中までしか書いてなかったのに、届くなんて、日本の宅配業者の実力はたいしたものですcoldsweats01

66

真空パックの袋なのに、かすかに酒粕の香りがします。

嫁さんが何を作ってくれるのか楽しみです。

夏には2度もおいしくて珍しいブドウをいただき、今度はまたまた手に入らない貴重品をいただき本当にありがとうございます。

これも、亀が取り持つ縁ですね。

来月末~2月はじめにかけて、亀が取り持つ縁で札幌に3泊の予定です。

今年は奮発して、亀を乗せられる飛行機で行きますので、「持ってきて」と仰る方はメール下さい。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013.12.14

ピュールパステル成長記録

うちで生まれたアルビノ屋オリジナル品種ピュールパステルをデジカメで撮りました。パソコンの方はクリックしていただければ、拡大できますので、自然が生んだ模様を楽しんでください。

005

この個体は頭の色のズレが絶妙で、鼻やまぶたまで赤が入っています。


006

アカミミのトレードマークの耳はファイヤ~sign03


004

同じ角度から頭の撮影をしても、首の伸び具合で模様の表情は変わります。

002

母親に似て、黄色が多く出てきました。通常のパステルは緑色地に黄色やオレンジが乗りますが、この個体は黄色にミドリのラインが入った感じです。


001

甲ズレだったので、残しましたが、サイズアップしたら、模様が複雑なので、あまり気になりません。

お母さんも甲ズレですが、購入してからも甲ズレであることすら知りませんでした。

パステルの本当の美しさを求められるなら、色のズレは甲ズレ個体の方が大きいような気がします。

昔は米国では甲ズレも完品も同じ扱いでした。今はどうなのでしょ?

日本人は細かいことを気にしすぎるように思います。

生き物ですから、ダメと言われる部分も含めての愛着を感じるのは私だけでしょうか?

ちなみに、このサイズのパステルは、日によっても甲羅の色合いは濃くなったり薄くなったりと非常に楽しいです。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です


| | コメント (2) | トラックバック (0)

合体の光景

10年以上もアルビノの繁殖に巡り合えていますが、交尾シーンは記憶にありません。

今朝、ついに合体シーンの撮影に成功しました。

50

でも、なぜか変ですね・・・sweat02

よく見る交尾のバックスタイルではありません。

これ、外れなくなって、2匹で外そうとしてるのかな?

周りにたくさんアルビノが見えますが、♂は競争させないと

アルビノのように自然下では生きていけないカメは繁殖確率が下がるからです。

皆さん、♀ばかり欲しがりますが、♂の方がむしろ大切です。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.12.13

購入希望、お問い合わせの件

みなさん、色々とカメに関するお問い合わせありがとうございます。

ひとつだけお願いがあります。

昨夜、ある個体が欲しいとメールを頂きましたが、パソコン及び、スマホからは返信エラーで送れません。

携帯のセキュリティー設定の問題だと思いますが、パソコンからもう一度連絡を頂くか、もう一度メールに、そちらの問い合わせ先を書き込んで再送下さい。

ネットの世界とはいえ、フルネームと連絡先をいただかないと、苗字だけでは、同姓が多いので、間違いの元となりますので、お手数ですが、よろしくお願いします。

カメ好き同士のお話は大歓迎ですが、以上のことが守られないと、メールがたくさんきますので、誰と話しているのかもわかりませんし、それって人間的にどうなのか?と思ってしまいます。

【追伸】

○○さま、パソコンとスマホからメール送りましたが、どちらからもエラーで送れません。ご不便かけて申し訳ありませんが、セキュリティを外して下さい。そちらのお電話番号がわかりませんので、よろしくお願いします。

Photo


にほんブログ村

upランキング参加中。「にほんブログ村」の文字をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。よろしくお願いします

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013.12.10

アカミミ特定外来種指定候補 間違った噂の弊害

この10数年、出社の際、高槻のとある川沿いを35分掛けてJRの駅まで歩く毎日ですが、アカミミが特定外来種指定候補にあがった際に、『決定』したような噂やデマが流れた直後から、川に異常にアカミミが放たれています。

51

この嘆かわしい現象を黙ってはいられないので、長文ですが意見を言わせて下さい。

10数年も毎日見ている川ですから、この寒い時季にアカミミがどんどんと増えて行動していることがおかしいぐらいはわかります。

個体は皆、甲羅が汚れておらず、大きさもまちまちです。

こんなことは、10数年来起こっていません。とにかく一気に増えました。

この川は新興住宅街の中を流れる全面コンクリートの川で、川は梅雨から、夏にかけ雨で水位が1~2 ㍍も上下動しますし、土は入れていませんので、繁殖はほぼ不可能だと思います。

本当にアカミミ好きの方ばかりでしたら、しっかりと調べて責任を持って飼育する方法を考えるでしょうが、残念ながら、大型商業施設などで売られたノーマルのアカミミは購入の際にも十分な説明を受けているとは思えません。

ノーマルのアカミミは数年後には小さくて可愛かった面影も消え、メスなら20cmを超え、どんな設備が必要かと説明したら、売れなくなってしまうからでしょうか?

でも、それでは無責任すぎます。

勤めている方は、本当に生き物が好きなら、売ることよりも数年先の現実を考えて説明してください。

飼育者の自己責任というのは責任転嫁だと思います。

ノーマルアカミミは子どもの小遣いでも買える価格ですが、飼育設備は子どもの小遣いでは買えないぐらい、アカミミはサイズアップします。

また、ニュース報道を促した、国の関係者にもひとこと言いたいです。

あなた方は、今回の特定外来種候補という話を出したら、アカミミが大量に野に放たれることは予想できたはずです。この現実をどうするつもりですか?

「まだ決まってもいないのに、野に放した人が悪いんじゃない」とでも言いたいのですか?

各地の行政機関で、届出登録したら飼育中のアカミミは死ぬまで堂々と飼育できることを【前面に出して】下さい。

【飼えなくなる】という【間違った噂】だけが、一人歩きし、ネットで拡散され、投棄する人が出たというのは、あなた方にも責任はあります。

また、もし決定するなら、何年後に繁殖や販売ができなくなるかを重点項目として伝えるべきです。

動物取り扱い業を持ち、アカミミに興味のある人ですら、私の元に何人も質問に来られました。

専門の人がわからんような話を一般向けに出す人がどこにいるのでしょうか。

発表する際に一番重要な項目は、候補にあがったが、今後も安心して飼育できますので心配しないで下さいと伝えるべきであったと思います。

放棄する人が多いとの懸念があり、これまでもアカミミは指定されてこなかった経緯があるのですから、マスコミ発表の時には、候補とはいえ、放棄されないように、【生涯飼育可能】ということを記事に大きく書き込むように言うべきではなかったでしょうか?

飼育者の不安をあおるような話を流した一部の業者にも責任はあります。

まだ決まってもないものを決まりそうだというのも無責任すぎます。

それを聞いた人が解釈を取り違え、ネットで拡散したことは、悲しい事実です。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013.12.07

出張先で旨いお店に巡り合えました

せっかくの休日だったのに、新年企画の打ち合わせのために、三重県・津市に行って来ました。

駅から、総局まで歩いていると、暖かさにビックリ。

ナント、気温17℃sign03 亀飼育にもってこいの地ですねhappy01

途中、松阪牛の朝日屋という肉店の前を通ったら、またまたビックリ。

肉屋に行列できてますやん。人の行列と車の行列ですわfuji

チラッと横目で看板見ると、100g2,000円とか3,000円の文字がsweat02

仕事の話は置いといて、今回も宿泊はドーミーインです。

ドーミーインには必ず天然温泉がついていて、お気に入りですspa

今回の温泉はトロッとして肌がツルツルになる湯で昆布色してましたよ。

暖まったら、腹ごしらえです。スタッフに旨くて安い店を紹介してもらいGO。

開店と同時に入りましたが、カウンター席以外は予約で満席らしいですdash

地元の人に人気があるということで、ええ感じです。

まずは、アジの刺身を頼みました。

先日行った札幌の店と違い、量は控えめですが、舌触りも脂の乗りもグッドな小さめのアジでした。この1品で店の実力がわかりますgood

焼き物は時間が掛かるので、アラ焼きの注文を先に入れて、松阪牛のコロッケと目の前のネタケースに見えたアオリイカのゲソを揚げてもらいました。

アオリイカは甘くて最高でしたよ。やっぱり、イカはアオリええですね。

松阪牛のコロッケは、ただものじゃありません。

1個390円。大きなのが出てくるのかと思いきや、スモールサイズでしたeye

でも、脂が甘くて、経験したことのない旨さ。松阪牛、恐るべしup

そうこうしてるうちに魚のアラが焼きあがりました。

大きなサワラのカブト焼きとカマ焼きですbell

頭の中の方まで身が詰まっていて、その身がトロトロです。

これも塩加減や焼きの入れ方が絶妙で大満足up

こういう仕事が出来る店が少ないので、気分サイコーになりましたhappy01

大将に、ところで、サワラの身は? と聞くと前日残ったのは酢で〆ましたと言うので、それを刺身で下さいと思わず言ってしまいました。

50

ジャーン、サワラですよ。酢の入れ方も控えめで、脂乗ってます。

一番最初に出てきたサバの酢〆が旨かったので、ハズレはないだろうと注文しましたが、正解でした。

1つ食べて、旨かったので、写真をパチリ。

黄色いのはユズの皮です。

やはり、このお店、タダモノじゃありません。

これなんで今日のメニューにないの?secret

予約客も続々とテーブルに着き、大将1人で料理を作っているので大忙し。

松阪牛のステーキ3,900円というのも目の前で焼かれていましたよ。

それに釣られ、最後に〆のご飯。松阪牛そぼろ寿司を注文。

〆にまで松阪牛入り、津の人たち、グルメですな。旨かったです。

そろそろ出ようと思っていると、小さなカウンター席に予約を入れていた先生と呼ばれていた方が、大きな魚を持って入店。

自分で釣ってきた尾張産の80cmのメダイでした。

このお店、釣り人が多いそうです。

日当で足りないぐらい一人で食べましたが、大満足yen

混んでいても、カウンターならゆっくり食べられます。

カウンターは5、6席しかないので、予約は必須でしょうし、早く行かないと、ネタ切れも心配ですね。

ちなみに私が注文したうち、2品はメニューにないものでしたが、カウンターなら、こういう要望にもすぐに応えてもらえますshadow

あと、大将が気に入ってくれて、サービスで地元の生きたエビを1匹ナマで出してくれました。

お店の名前は庵JUJU。

調度、うちの車で今聞いているジャズが店内に流れていて、何か縁を感じましたfish

久々に口に合った素晴らしい店に巡り合えましたhappy01

弱点を強いてあげれば、小さな店で料理人は大将1人なのに客が多すぎ、忙しすぎるため、料理がなかなか来ません。

あと、この忙しさですから、味を安定させるのは相当大変だろうと思います。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013.12.03

クサガメ外来種説

最近、クサガメを飼いはじめ、すっかりクサガメ好きとなってしまいました。

そこで、クサガメのことを色々と勉強していたら・・・

信頼できる大手全国紙に以下のような記事を見つけました。

50_4

この記事を読む限り、多くの愛好家が「和亀」と思っているクサガメは、実は200年ほど前に朝鮮半島や中国から持ち込んだ可能性があることが、遺伝子解析でわかったとのことです。

それより以前に、日本には、クサガメは存在しなかったのか?

もし、いたとしても、遺伝子調査のため各地で集められたクサガメが外来種であったということだけは事実です。

そうなると、ニホンイシガメと交配して生まれてきたウンキュウは外来種との交雑種となります。

アカミミに限らず、クサガメも少なくとも、現在流通している個体は外来種であるということが遺伝子解析でわかりつつある今、飼いきれなくなった亀は絶対に自然にかえさないで下さい。

クサガメも外来種である? 衝撃の事実として捉えてください。


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2013.12.02

パンサー・キャラメルの近況報告

ご覧のように、あまり変化はありません。

残った子はパンサーの中ではヒョウ柄の薄い子です。

007_2

甲羅の横側にも薄っすらと模様が出ています。

目は赤いですが、リアルレッドアイというほどは赤くありません。

006_3

甲羅の黒は成長とともに、もっとはっきりと出てくると思います。

父親は完璧なヒョウ柄です。

ちなみに、フルアダルトの個体のガラの色はブラウンヒョウ柄です。

005

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.12.01

スーパーパステルクサガメ

今朝、委託販売依頼されていた亀の人からアルビノのクサガメのペアが届きました。

結局、私がトレードの形でいただきましたが、おかげさまで我が家はクサガメだらけにsweat02

あわてる乞食はもらいが少ないって、子どもの頃に言われましたが、本当に慌てて一気に買いすぎましたweep

コレクター癖というほどではありませんが、やりだしたら止められない性格で、釣り道具も置くところがないほどで、自分でも困っていますsweat02

欲張って、たくさん種親候補がいても、飼育がおろそかになっては本末転倒ですので、画像の飼い込み個体を手放そうかと思っています。

重たくて、素晴らしい飼い込み個体です。

001
大切に飼育してきましたので、とても人に懐いています。

002

甲ズレはありません。成長線も綺麗です。

色変クサガメでこれだけ甲羅の凸凹がなく綺麗な個体は貴重です。

003

雌雄はまだわかりませんが、メスのような気がします?

クサガメは初心者なので間違っていたらゴメンなさい。

004

かなり間抜けな顔をしています。

娘はドラゴンボールのセルみたいと言ってました(笑)


006
頭の上にはあまり黒い模様がないタイプです。

甲羅はカチカチに硬くてしっかりしています。

餌は配合中心に何でも食べてくれます。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »