« ここでしか、味わえません | トップページ | 北海道の旅 グルメ番外編(上) »

2013.11.25

明治ロマンあふれる街

小樽観光のつづきです。スマホがあまりにも入力が大変なので嫌になり、うちに帰ってきましたので、アップが遅れてすみません。

北海道の夕暮れは早く、午後4時には暗くなってきます。4時半には真っ暗です。

小樽はスキーの時はスルーする街ですが、今回は嫁さんの趣味ということで、散策。

ひとりだったら、寿司食って、ケーキのハシゴなんですが(笑)

50

実物はガス灯のオレンジの灯りが水面を照らし、もっとロマンチックなんですが、スマホ君、勝手に明るくしちゃいますね。いらんお世話ですわ(汗)

51

昔の建物はお土産やさんになっています。

このガラス店は明治時代のもので、中も当時の風情を残しています。

もっと当時の写真などの展示もあれば、なおのこと良いのに・・・。

写真はありましたが、少ないです。


52

当時の建物全般に言えることが、とてもスタイリッシュなことです。

昭和の私が育った頃の建物は味も素っ気もなかったのに、明治の職人のやる気を感じさせますね。

今はデザイナーさんが作る建物もありますが、当時の建物は個性豊かで、そんな感じに見えます。

53

ここも明治の建物です。現代建築でも和モダンみたいな造りが見直されていますね。

お昼に立ち寄って食事と温泉を楽しんだ昆布温泉の隠れ家的なホテルもそんな感じでした。

当時としては、洋風だったのかもしれませんが、どこかに和を感じさせるところがありますね。

54

ここも、明治の建物でした。

今回はバスガイドさんもおらず、勝手気ままに動き回るツアーでしたので、詳細はわかりませんが、どうして、小樽が昔、こんなに賑わったのでしょうか?

商都ということは知っていますが、昔は小樽にも本店のような大きな銀行があり、北のウォール街と呼ばれていたようです。

銀行だけでも見て回るのに1時間も掛かるほどの規模らしいです(汗)

小樽に残っている当時の銀行は今でも大きな部類に属する建物ですので、本当に驚いてしまいます。

今度来る時は、じっくりと寿司屋めぐりや歴史の勉強もしたいと思わせる街でした。

土産もの屋という形で残してくれた小樽の人たちに感謝しないと。

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

上の「にほんブログ村」の文字クリックして下さい。ランキング参加中です

|

« ここでしか、味わえません | トップページ | 北海道の旅 グルメ番外編(上) »

車 旅 温泉」カテゴリの記事

コメント

小樽は街並みが素敵ですよね~(^ω^)
一度だけ行ったことがありますが、このお土産物屋さん入りました~( ´艸`)なつかし~
ツアーだったので昼間でしたが、夕暮れから夜になるともっといいでしょうね~。

投稿: クラゲ | 2013.11.26 12:48

クラゲさん

ぶらぶらと歩くだけでも雰囲気がいい街ですね。

しかも、土産物屋の多くは文化財ですから、建物が趣味の人にはたまらないでしょうね~。

行くなら夕暮れがお勧めです。

投稿: アルビノ | 2013.11.26 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742343/54050643

この記事へのトラックバック一覧です: 明治ロマンあふれる街:

« ここでしか、味わえません | トップページ | 北海道の旅 グルメ番外編(上) »