« クリーミーなヤツ続報 | トップページ | 今夜のパステルは凄い色してます »

2013.10.25

ニシキダイヤ 夜の風景

33

奥の♂は、かれこれ10年近くは飼育しています。

ニシキダイヤは何度も繁殖には成功していますが、1クラッチ産むと♀は餌を食べなくなり、死んでしまう出来事が3度もあり、もうニシキダイヤはやめようと思っていましたが、自家繁殖ニシキダイヤの♂とこの♀をトレードしてもらえるという話をいただき、手前の♀を迎え入れました。

配合飼料をバクバクと食べてくれるので楽チンです。

♂と同じぐらいのサイズで産卵はまだでしょうが、頭の大きさは♂の倍ぐらいに感じます。

アカミミも♀の方が頭が大きくで好みですが、ダイヤは更に♀の頭が大きいですね。

頭の斑点の少なさもお気に入りです。

♂の頭はある時季にはピンク色に発色して面白いです。

基本的に非常に強い種類だとは思いますが、繁殖させるたびに♀が死んでしまうので、何が悪いのか全くわからない所が怖いです。

自分の場合、10年飼い込みできて、飼育はまあまあ成功だと思っていますので、♂に関しては自信はつきましたが、♀に関しては全く知識ゼロです。

ひょっとしたら、産卵時季ぐらいは汽水にしないといけないのかもしれませんか?

あと、うちは水槽繁殖なので、広大なラグーンに出ることもあるニシキダイヤは繁殖のために、水場から遠い産卵陸場を設けないと、ストレスが掛かる可能性は大きいと思います。

アカミミも視力の弱いアルビノは水槽産卵は簡単ですが、自然下で捕獲されて、我が家に来た天然パステル♀は水槽では産んでくれません。

今後も色々と試行錯誤しながら、ブログに書き綴って行きたいと思いますが、一度の掲載が正しい答えではなく、継続して読んでいただかないと、失敗を載せていることもあると思いますので、皆さん、自己責任で参考にして下さいね。


34

http://albinoya.cart.fc2.com/(アルビノ屋・販売カート)


にほんブログ村

upランキング参加中。「にほんブログ村」の文字をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。よろしくお願いします

|

« クリーミーなヤツ続報 | トップページ | 今夜のパステルは凄い色してます »

ニシキダイヤモンドバックテラピン」カテゴリの記事

コメント

繁殖も種類によっていろいろ違いがあるんですね。
何かコツがあるんでしょうけど、ソレを探るのも楽しみの1つなのでしょうか?

でも☆になってしまうのは辛いところですね ^^;

投稿: ぽぉママ | 2013.10.25 15:04

ぽぉママさん

この亀さんは海にまで出ることがあるので謎が多いですね。

どなた様か、飼育方法を伝授して下されば嬉しいです。

日本ではそんなに増えていないみたいで、何か問題があるのかもしれませんが、大抵の爬虫類はそんな感じです。

投稿: アルビノ | 2013.10.25 15:24

綺麗ですね…(≧∇≦)
でも、飼育は難しそうです…

投稿: 亀恵 | 2013.10.25 18:23

亀恵さん

飼育自体は簡単な種類なのですが、10年、20年と飼育したことはないので、簡単とは言い切れないですね。
ブログに書き綴ったように、繁殖のリスクは大きいです。

投稿: アルビノ | 2013.10.25 18:43

そういえばダイヤモンドガメの国内CBってあんまりきかないかもですねぇ。
手に入れにくい種になったし、繁殖に踏みきって☆になるのは恐いですねぇ。

投稿: おかず | 2013.10.26 18:19

おかずさん

何が原因で繁殖成功する度に★になってしまうのか知りたいです。

この世界の有名な方に聞いたら、ニシキダイヤはそんなものですよって言われたのですが、何とか今度こそ、メスを10年以上の長期飼育したいです。

投稿: アルビノ | 2013.10.26 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742343/53714743

この記事へのトラックバック一覧です: ニシキダイヤ 夜の風景:

« クリーミーなヤツ続報 | トップページ | 今夜のパステルは凄い色してます »