« ここの桃の旨さは本物 | トップページ | ニシキダイヤ その後 »

2013.07.23

うまくいきません

11

FRP水槽の水換えをしてたら、卵の殻を見つけましたeye

ご覧のアルビノアカミミガメが産んだようですが、回収しないと、一瞬で食べられてしまいます。

少しまえに脂が浮いていて、卵の破片すら見つけられませんでしたが、少し残っていました。

別のFRP水槽では天然アルビノの卵が食べられていました。

産みそうなメスはセマルハコガメ広場に移動させましたが、まさかノーマークの2匹が産むなんて・・・

なかなか、うまくいきませんね。

肝心の移動させたメスたちも爆食していますし、仕事に行っている間に産んだのかもしれません?

でも、産んだ場所がわからないと掘るわけにもいきませんし、そんな暇もありませんsweat02

来季は何か良い方法を考え出さないといけませんね。


にほんブログ村

up気に入ってもらえた方、上をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いしますsun

|

« ここの桃の旨さは本物 | トップページ | ニシキダイヤ その後 »

アルビノアカミミガメ」カテゴリの記事

コメント

どんな理由でノーマークだったんですか?

大きさですか?
エサ食いですか?

それとも熟練の経験上ですか?

投稿: 二郎 | 2013.07.23 12:32

二郎さん

餌食いや動きです。

まあ、この時季に卵を回収できても、孵る確率は低くなりますが、残念でした。

親の大きさは20cm近くありますから、大きい方です。

キャリアは10年超えましたが、熟練度は低い方だと思います。
もし、私が自営業で見る時間を取れたなら、生まれすぎて困るかもしれません?coldsweats01

投稿: アルビノ | 2013.07.23 12:43

いくら 無精卵になる卵だったとしても、
土でも水中でも つぶれてみつけた
とき あ!・・ あぁ~↓↓

て なりますよね 笑)

先日 完全に ヘテロの 卵を
シャベルで 半分以上 サクッといってまいました。

おいしそうな 卵黄が・・

ショックでしたわ。

ここかな~って ポイントはわかるんですが
無事回収は やはり 立ち会わないと
いけませんの☆

投稿: ナリアキラ | 2013.07.23 19:50

ナリアキラさん

半分もいきましたか。

私も上の皮一枚ギリギリアウトっていうのも何度か経験してますが、まだ掘れたらいいですよ。

うちの場合は大抵、水中で殻もほぼ食われています。

投稿: アルビノ | 2013.07.24 00:05

たとえ自営業でも四六時中見張っているのは普通は難しいと思うんですけど、
アルビノさんなら目を血走らせていそうですね (*^-^)

ベテランさんでも悔しい思いをする事がたくさんあるんですね?
だから余計に夢中になるのでしょう。。。
今日の失敗は明日への活力・・・といった感じで!!

孵化はまだかなぁ・・・?

投稿: ぽぉママ | 2013.07.24 08:42

ぽぉママさん

四六時中みていなくても、産卵には数時間掛かるので、数時間に1度でチェックは良いと思います。
普通の人は会社に行くと半日は帰ってこられないので厳しいですよね。

色変アカミミは孵化はこれまた、なかなか難しくて、うちよりたくさんの卵を持っていても1匹も孵らない方も結構いるようです。

投稿: アルビノ | 2013.07.24 11:09

色変アカミミは、そんなに難しいのですか?
『関西でアカミミ大繁殖』なんてニュースがこちらでも放送されていましたが、美しい子は難易度が高いんですね!

同じようにはいかないと、素人の私でも分かりますが、そこまでとは思いませんでした。

たくさんの子が顔を見せてくれるとイイですね!
私も楽しみにしています。

投稿: ぽぉママ | 2013.07.24 14:57

ぽぉママさん

ヤフー知恵袋に自然下では何千何万分の一の確率と回答されていましたから、簡単じゃありませんよ。

もちろん、自然下での話ですが、それだけ生存率の低いカメさんです。

孵ってしまうと、普通のカメより強いぐらいなんですがね~。

投稿: アルビノ | 2013.07.24 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742343/52570990

この記事へのトラックバック一覧です: うまくいきません:

« ここの桃の旨さは本物 | トップページ | ニシキダイヤ その後 »