« 卵の回収 力尽きる | トップページ | 早朝から暴れまくる »

2013.07.07

ニシキダイヤの繁殖 再開へ

11

ちょっと前の書き込みでニシキダイヤの繁殖を再開して欲しいと何人かの方から言われ、個人的にも好きな種類なので、再開すべく、♀を迎え入れました。

オルナータダイヤとかニシキダイヤと言われる、名前の通り、美しい亀です。

画像では伝わりませんが、頭の中にうっすらとパステルピンクが入っており、透き通ったような感じの魅力的な肌の質感です。

今まで繁殖に成功したベビーは、たまたま卵を網で掬い取り、食べられなかった時だけで、本当はニシキダイヤの飼育方法すら知らない素人です。

うちでは完全な淡水飼育で、餌は色変アカミミと同じものをやってます。

注意点は肌が弱いので、特に暖かくなってから急に冷え込んだときは、注意しないと肌荒れを起こしますので、室外飼育にはあまり向いていない亀です。

この飼育方法が半ワイルド飼育のような、うちの環境には合わないので、ダイヤは1ペアのみで長年やってきました。

今回も1ペアのみ、♀はまだ小さいので、うまくいっても繁殖まで数年は掛かりそうです。

それまで、気の長い方はどうか、お待ち下さい。

また、完璧に立ち上げられた際には、ブログに登場してもらいますhappy01

12


にほんブログ村

up気に入ってもらえた方、上をクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いしますsun

|

« 卵の回収 力尽きる | トップページ | 早朝から暴れまくる »

ニシキダイヤモンドバックテラピン」カテゴリの記事

コメント

リクエストがあるとすぐに応えるアルビノさんってスゴイですよね!

皆さんきっと喜びますよ(*^-^)

投稿: ぽぉママ | 2013.07.07 11:26

ぽぉママさん

飼育方法勉強して今度はマグレでなく、狙って繁殖させたいですね~。

前まで、そんなに人気なかったのに、去年ぐらいから、欲しい欲しいと言ってくる人が増えました。
どうしたのかな?

投稿: アルビノ | 2013.07.07 11:39

お久しぶりです。 以前一度だけ咲き光の沈下性の記事の時にコメントした者です。

実は、私も ニシキを4匹ほど飼ってます。(lee×1 国内CB×1 国内CB?×1 WC×1)

これはデ○レ○プに出てた個体ですよね。

色合いが国内CBではなさそうですので気になってました。

どちらのだと言ってましたか?

投稿: vivic | 2013.07.07 13:32

VIVICさん

お久しぶりです。
今回の個体、サンゴの顆粒と咲き光で、発送ストレスから立ち上がりました。

うちの自家繁殖個体は似たような色合いでしたが、この個体は、どちらかは聞いておりません。
購入したわけではないので、生体は自己責任判断ということで、何もお話はしておりません。

ニシキダイヤ交流よろしくお願いします。

私にとってはアルビノアカミミより難易度が高く感じます。特に腫瘍はダイヤは発生しやすいようで、何かコツなどありましたら、教えて下さい。

うちのオスは十年ぐらい飼育していますが、今まで何も起こっていませんが、多くの方は腫瘍になっているようなので、気になります。

投稿: アルビノ | 2013.07.07 16:20

ウフフ(汗)

投稿: うす亀 | 2013.07.07 16:51

うちの個体達の腫瘍は ワイルドで買った個体か 元々腫瘍があった個体から発生してますので何とも言えません

この前去年ベビーで買ったCB個体がこの前始めて背甲から一箇所出てきまして今治療中です。 背甲の腫瘍はすぐ治るので気にしませんが

このCB個体が入ってる水槽はメスだけ入れてますがダイテラだけで6頭入れてまして(アダルト×3 ヤングアダルト×3)、多分餌くれダンスの時に引っかかれ そこに細菌が入ったものだと思われます。

真水で飼う場合は傷から腫瘍になりやすいので、単体もしくはごく少数で飼えばそうそうならないものと考えてます。。 もちろん水量の確保ときちんとした陸地の確保ができてればの話ですが

うちは 多頭いますので、 基本真水で飼ってますが、 海水水槽を一つ作ってまして、怪しいと思ったら定期的に海水水槽にドボンしてます。

今回なったCB個体は皮膚病にすらなったことなく安心し切ってましたので一度もしたことなく、やっぱ定期的に塩つけないといけないなっと反省してます。

難易度はどうなんでしょう アルビノアカミミを飼ったことはありませんけど 水量の確保と完全なる陸地の確保さえすれば 簡単な部類に入ると思ってます。

参考までに自作で陸地を作ってます。 http://blogs.yahoo.co.jp/mamoru19791024/folder/488943.html
名前はサンバスボックと名付け テラピン飼いの方にはたまに注文されます。

投稿: vivic | 2013.07.07 17:11

うす亀さん

ほくそ笑んでいますね(笑)

でも、繁殖はまだまだ先ですので悪しからずdash

投稿: アルビノ | 2013.07.07 17:21

VIVICさん

詳しい説明ありがとうございます。
物凄い数のニシキを持っておられて、羨ましいです。
長期飼育されているのでしょうか?

うちは過去に2匹のメスから繁殖成功していますが、色変アカミミの卵の回収すらままならない状態で、食われてばかりでした。

自作の陸場、凄いですね。やはりテラピンは完璧に体を乾かせないとダメですね。
アカミミも一緒ですが、テラピンの方が、遥かに皮膚が弱いと思います。

ところで、繁殖はうまくいってますか?
うまくいけば、何クラッチくらいの卵が採れるのでしょうか?
色変アカミミは5クラッチ、50個ぐらいは普通のようですので、抑える必要を感じています。

投稿: アルビノ | 2013.07.07 17:29

イエイエ ニシキは 4匹しか居ません
ダイテラ飼いにありがちな 他の亜種も一緒に入れてるだけです。
まだ3〜4年ですので 対した飼育日数でもありません

2匹もメスが居たんですね。^ ^
そこ子達はいずこえ(^^;;

そうですね。水槽内で陸地を作ると完全に乾かせませんし、何より水量がとれず水が汚れるのが速まるので皮膚病にもなりやすいので水槽の上に乗っけてみました。

ダイテラにはいい感じです。 ちなみに産卵床も設置できるようになってます。まだ 試したことはありませんが

去年急遽ノーザンとテキサスをアダルトで仕入れましたが、今年はまだ馴染んでないのか産みませんでした。 まだまだです。(^^;;

一匹で50個ですか・・・ヒキますね。それは・・・ うまく取れないくらいがちょうどいいのかもしれませんね。(^^;;

投稿: vivic | 2013.07.07 19:37

VIVICさん
ニシキのメスは2匹とも★に。
正確に言うと、時季は随分とズレていますが、どちらも繁殖までいきましたが、5年ぐらいで★になりました。

うちでは多くのカメを繁殖させましたが、さすがに2匹も死なせると難易度が高いと思わざるを得なくなりました。

最後の1匹は、このブログのどこかに書いていますが、ブログはじめてから、ベビー2匹誕生しましたが、その後、突然そのメスは食べなくなり★になりました。

そういう辛い経験があったので、ニシキの繁殖はもうやめようと思って、一年以上が経過した次第です。

完璧に体を乾かせる設備、素晴らしいですね。うちもアカミミは水量が必要なので、120㎝で8分目ぐらい水を入れています。

逃げないようにしなくてもアルビノ系は慣れてくると逃げませんので楽ですが、一応、網の蓋はしています。

投稿: アルビノ | 2013.07.07 20:41

なるほど・・・5年位に待ってる突然死ですか・・・

怖いですね

うちはどうなることやら

お互いうまくいくといいですね(^^;;

投稿: vivic | 2013.07.07 22:25

10年は、健康な状態で飼わないと、
飼育は、失敗だと感じます。
情報交換していただくと、嬉しいです。

投稿: アルビノ | 2013.07.07 22:50

んっ?!・・・

アハ・ハ・ハ・ハ・・・   わからないや ┐(´-`)┌
しゅみましぇんsweat01

今日も暑くなります。
不老の桃を食べてるからと過信せず、気を付けてくださいね!!

投稿: ぽぉママ | 2013.07.08 08:11

ぽぉママさん

今回の桃、凄く美味しいです。
やはり、農園によって、味違うものですね。
大阪は、クマゼミが、鳴きはじめてます。

投稿: アルビノ | 2013.07.08 08:21

情報交換の件 承知しました。

若輩者ですが、出来るだけ頑張ります。^ ^

投稿: vivic | 2013.07.09 01:04

VIVICさん

色変アカミミ亀は横の繋がりがあり、明日も岡山と大阪の仲間で名物カレー食べに行きます。

そんな感じで情報交換していくと、日々、技術は進歩していくものですね(笑)

よろしくお願いします。

投稿: アルビノ | 2013.07.09 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1742343/52346250

この記事へのトラックバック一覧です: ニシキダイヤの繁殖 再開へ:

« 卵の回収 力尽きる | トップページ | 早朝から暴れまくる »