« 出発前の記念撮影 | トップページ | 婚姻色のような頭のカラー »

2013.02.11

レイシー殺菌灯の話

20130211_104358_2

長年愛用のレイシー殺菌灯UVF20

長さなんと約60cm。

太陽光線にも強くて、サンルームでもプラスチックの変質がありません。

水がピカピカになります。

交換球が人間用を使えて格安なのも魅力です。

20130211_104813_3

レイシーUVF600

これも頑丈ですが、交換球が専用なので高価なのが弱点です。

その代わり、コンパクトで夏も球による水温の上昇は抑えられています。

今朝、殺菌灯のうんちくを書いてアップしたつもりが、できてなかったようで、ショックです。書き直そうにも、内容を忘れましたsweat02

人それぞれ、亀の飼育器具は好きなメーカーがあるでしょうが、へビューデューティーなレイシーは高価ですが、お気に入りですhappy01




|

« 出発前の記念撮影 | トップページ | 婚姻色のような頭のカラー »

飼育設備」カテゴリの記事

コメント

カXハタ、 Xトラ さん いろいろありますが、

レイシーさんは 値段だけやないという事ですなぁ。

殺菌灯の交換球のお値段だけで、ふつうの殺菌灯と呼ばれている商品のセット買えてしまいますもんね 汗)

もう一時まっとけばよかった。 交換球ぐらいのプライスで レイシー1000を落とした私(笑)

使用するのは夏場だけですし、2年くらいは
もってくれますかのう。 

やはり屋外飼育で水槽を綺麗に鑑賞したい人には
殺菌灯は 必需品ですよね。


あと、カメ本体の苔の付着はもちろん、

シェルロットや 皮膚病にかかりにくくなった
気もしますです。


レイシー スポンサーか? 笑


投稿: ナリアキラ | 2013.02.11 17:10

追伸失礼ですが

どうも レイシー 600(交換球がまだ安いやつ)

は 廃番みたいです。。 なんでやねん 汗)

たっかい僕の1000 のみ 現行品です。

球は 継続するんでしょうね 球は~ 汗)

投稿: ナリアキラ | 2013.02.11 17:11

ナリアキラさん

シェルロットや皮膚病にかかりにくいという話、とても参考になりました。
うちでも、殺菌灯に入っている亀はトラブル知らずです。

甲羅にコケがつかないだけでも、アルビノにはありがたい話です。

交換球は継続すると思いますよ。
廃番になって相当な時間経過したUVF20の球は今でも簡単に手に入りますから。

投稿: アルビノ | 2013.02.11 18:13

うちはカミハタの一つ前のターボツイストの1番小さい9wです。
今、ターボツイストの新しいのが出ていますが
古い交換球は、Oリングが違うため、新しい型のには古い交換球が
つけれないらしいとのことで
古い交換球を買いだめしてます。(笑)
9wですが球が切れると水がおかしくなるので気づくくらいです。

投稿: ひろじ | 2013.02.11 20:34

ひろじさん

9wでも、威力は絶大なのですな~。

交換球はなくなると大変なので、買いだめしておかないとね。

投稿: アルビノ | 2013.02.11 20:41

照射量ですな 照射量。

やはり レイシーの UV照射量は
はんぱやないですな。 1000は
カミタハの 2倍。

UVランプが 安かったらなぁ~。
ユーザーは とびつくでしょうね。
残念ですが いまのところ 
互換性のある ランプは見つからずです。

ひろじ兄さんの 9Wから チェックして、
カミハタの 38Wなら 僕の
水槽でも対応できそうです。
1トン 1000リットルの水量に対応ですからね☆


投稿: ナリアキラ | 2013.02.12 16:04

ナリアキラさん

38ワットはいいですね。
ただ、それなりのポンプも必要になりますね。
大きな装置は価格も跳ね上がるので、2系列にするのも手かも?

投稿: アルビノ | 2013.02.12 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出発前の記念撮影 | トップページ | 婚姻色のような頭のカラー »