« 手作りの上部濾過槽が届きました | トップページ | 今日の海上釣堀は寒流系の魚が大漁 カメ大喜び »

2013.01.04

ハラガケガメの謎


にほんブログ村

upバナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いしますsun20120815_2

色抜けが始まった頃の、うちのハラガケ・ベビーですup

まだ甲羅の後ろの方は黒い色が残っていますねcamera

カテゴリーのハラガケを見ていただければ、過去のハラガケ画像を一気に見られますが、生まれた時は、この子は真っ黒けで、とてもこんなに色抜けするとは思えませんでしたbomb

この子は、その後も色抜けが進み、イエロータイプになり、ホウシャ模様も出てきました。

ハラガケは詳しくありませんが、ピューターみたいに色抜けする個体ばかりだったら、もっとハラガケのアダルトやセミアダルトは薄い色の個体が多いはずなので、うちのは色が薄い血筋なのでしょうか?

アカミミのように、ハラガケもいわゆるセレクト個体をとるためには、血統は重要な要素なのかもしれませんねsign02

|

« 手作りの上部濾過槽が届きました | トップページ | 今日の海上釣堀は寒流系の魚が大漁 カメ大喜び »

ハラガケガメ」カテゴリの記事

コメント

ヒメニオイの頭のデカさを見てから、そちらに対する関心の方が強くなりつつあります(笑)。

投稿: うす亀 | 2013.01.04 18:52

うす亀さん

ヒメニオイのアタマのデカさも謎なんですよね-。
アタマの大きな地域個体群はいるようですが、遺伝するとしても、飼育下では餌が柔らかすぎて、巨頭化するかどうかはいまだにわかっていません。ヒメニは人気種で、もう十年近く繁殖させていますが、手元に自家繁殖ベビーは一匹も残っていませんので検証もできていません(笑)

投稿: アルビノ | 2013.01.04 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手作りの上部濾過槽が届きました | トップページ | 今日の海上釣堀は寒流系の魚が大漁 カメ大喜び »