« 背中のコブが恐竜みたいな亀さん | トップページ | ひとまず安心 でも、ぶりくらは? »

2012.10.20

マル秘初公開 サンルーム亀部屋 その1


にほんブログ村

upバナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

1020

明日は大阪から富山まで嫁のお父さんのお見舞いに行くのでブログは休みます。本日はスマホ撮影ですが、特別ロングバージョンですので、2日かけて、うちの水槽システムを解き明かしてくださいpunch

ジャーンnoteこのシステム、僅か180cm×60cmの狭い場所に7つの水槽が1セットで繋がっています。

お金を掛けず、知恵を振り絞っていますので、皆さんも考えながら見て下さいねscissors

一番下が5,000円ナリの180cm×奥行き60cmの3部屋水槽。

それぞれのアクリル仕切り板は自分で穴を開けました。その穴を水が行き来しますtyphoon

ついでに、この凄い重量を支える180cm水槽台も中古で3,000円。

下から二番目が90×奥行き60の水槽2つ。

左の黒く見える水槽は日除け処理ずみsprinkle

右側も後から日除け処理します。1つは頂き物です。

左上から2段が濾過槽です。このオーバーフロー水槽も中古で合計1,000円ナリ。

右上の黒くて細長いのは市販の120cm上部濾過で、90cm水槽から30cmも飛び出し、隣の水槽の上まではみ出してますが、ワイルドなので気にしませんcoldsweats01

1020_2

左側の4段積み水槽を裏から見たらこんな感じです。

1番上の濾過槽は1枚目画像の時から90度回転されました。

長いパイプで画像には写っていない一番下の180cm水槽から一気に最上部濾過槽まで水を送りますwave

1020_4

最上部濾過槽の濾材です。川の小石や、海のサンゴやリング濾材など適当に入れてます。

小石やサンゴは旅行の時に採集したのでタダですsign02

亀に使える物を旅の途中で探すのも楽しいですよsun

この水槽からオーバーフローで流れた水が↓のドライ濾過槽へtyphoon

1020_3

上から2番目の水槽内の様子です。

ドライ濾過と言っても壊れた外部濾過器のバケツにドリルで穴をあけただけ。中にドライボールというプラスチック製の濾材が入っていますが、貰い物ですtyphoon

この水槽にはスジクビヒメニオイを泳がせる予定です。

1020_5

右側水槽のアップです。こちらは普通の120cm上部濾過だけですが、7つの水槽で1セットで濾過しているので、こんなもんで十分です。

濾過槽の上に乗っているのは殺菌灯です。これがないと、紫外線量の多いサンルームでは緑水recycleになって大変な事に陥ります。

1020_6

一番下の180cm水槽に設置したレイシーポンプですtyphoon

10年使ってもビクともしない凄い奴。

もう1台1サイズ小さなモーターを別の所にセットしています。

水道の蛇口を全開にした時ぐらいの水の勢いですtyphoon

その②は、また今度アップしますね。こちらは2つの90cm水槽で1セットというシンプルなものです。

これら9つの水槽がわずか240cm×120cmの小さな場所にひしめき合っています。

ワイルドだせーぃdash

飼育スペースがないと言う方が多いですが、工夫次第で、狭くても、お金が無くてもこれだけの設備は作れますyen

ちなみにオーバーフローの水槽の穴開けも知識もないのに、自分でやりました。やれば出来るもんですねhappy01

たぶん、アクアの方がこのシステムをみたら、無茶苦茶だと言うでしょうが、これで難易度の高い種類の繫殖も成功していますので結果オーライということでsweat02dash

これ以上、濾過設備を強力にすると水が悪くなっても透明なままで危険です。

冬でも亀は水換えが基本です。濾過設備は餌をやった時に水を綺麗にする程度に考えておくと安全ですね。

水はできる限り強力なポンプtyphoonで動かすことによって、亀の甲羅はいつもピカピカでコケも生えませんannoy

紫外線殺菌灯も亀の甲羅を綺麗にするのに一役買っているような気がしますup

|

« 背中のコブが恐竜みたいな亀さん | トップページ | ひとまず安心 でも、ぶりくらは? »

飼育設備」カテゴリの記事

コメント

「水はピカピカでも安心できない」

これ重要だと思います。m(_ _)m

投稿: ひろじ | 2012.10.20 21:55

ですよね。
そのためにも濾過能力はあげすぎてもいけないです。
ただ、このシステムでも数ヶ月はピカピカの水になります。
画像は水道水のため汚く見えます。
夏のFRP水槽から生きた水の種をバケツ5杯ほど注入したので、1週間もすれば生きたピカピカの水になります。

投稿: アルビノ | 2012.10.20 22:03

すごいですな・・・・
規模がデカイ!!
やはりブリーダーさんは、大変ですね(゜o゜)
飼育個体が多いとこうなってしまうのでしょうね・・・・・
でも、コストパホ―マンスは半端じゃありませんね(^-^)

投稿: 亀仙人 | 2012.10.21 02:12

亀仙人さん

狭くて大変ですが、お金を掛けずに設備作りを楽しんでいると言った方がいいかもしれません(笑)。

投稿: アルビノ | 2012.10.22 09:28

すりません。 例のお約束の日から マジ体調を
くずし 連絡が遅れてしまいました。
いつのまにか ナイスな オーバーフロー水槽の
公開がっ↑↑ カメがまったくはいっていないところ
は水かえの後か はたまた 演出か?
にくいところです 7つの水槽に
どのような カメがいるのか・・・
想像すると 楽しいです。up
例の件、お日をあらためて お会いしましょう。
楽しみでなりません。今回はすみませんでした。despair

投稿: ナリアキラ | 2012.10.22 22:40

ナリアキラさん

またの機会を楽しみにしてますよ。
この画像は、サンルームへの、引っ越しの日なので、亀は、入ってないのですわ。

投稿: アルビノ | 2012.10.22 23:27

これはすごい基地ですねー
活きた水を維持するにはこのくらいの設備が必要なのでしょうね~

投稿: ぞう | 2012.10.22 23:52

ぞうさん

本日、設置3日目で水がピカピカになりました。
電気代は掛かりますが、物凄い勢いの水流がキモかも?
あと、ドライ濾過は見た目よりも効果を感じます。

投稿: アルビノ | 2012.10.23 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 背中のコブが恐竜みたいな亀さん | トップページ | ひとまず安心 でも、ぶりくらは? »