« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.31

夜のアルビノアカミミガメ 至福のひととき


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします001

うちのアルビノアカミミはカメラレンズを5cm近くまで寄せても、こんな感じで逃げません

色々な種類のミズガメを飼育しましたが、人を怖がる種類は楽しくないので、現在飼育している種類は、人慣れと色の変化を楽しめるということを重視しています

唯一残った慣れないカメはクロコブチズですが、この種類も大きなメスは大胆に寄ってきますよ。

アカミミでもパステルなんかは怖がりなのが結構多くて、そういう個体は、いつまで経っても10cm級のままですね

| | コメント (6)

2012.10.30

アルビノを亀オークションに出品しました


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします

002
003
004

ぶりくらで亀を増やして帰ってきたので、多甲板の子を1匹出品しました。

左サイドバーのバナーをクリックしたら会場に飛ぶと思います

多甲=多幸=幸福が多い幸せを呼ぶ縁起のよい黄色い亀

画像が暗いですが、実物はもう少し鮮明です。

アカミミガメ特有の目の横線が薄くて、アカミミにしては穏やかな顔つきに見えますね。

大きくなるにつれ、このような個体は横線は消える場合もあり、まん丸目玉になった時は超可愛いです。比較的メスに多い特徴ですよ

この個体は雌雄はワカリマセンが、最終クラッチの9月28日生まれですので、一番暑い時に卵の中にいました。

残りのアルビノも最終クラッチばかりですが、アルビノの場合はメス確定温度でもオスが出る場合も過去に経験していますので、アカミミのTSDの定説は私は口に出さないようにしています。

ちなみにシッポはかなり短めですが、このサイズではシッポの長さで雌雄判定は私的には無理です

| | コメント (14)

2012.10.28

ぶりくら市 みなさんありがとうございました。

1_2
2

お買い上げいただいた皆さん、来店して下さった皆さん、こんな楽しいイベントを立てて下さった主催者の皆さん・スタッフの皆さん、そして我が亀友、本当にありがとうございました。

おかげさまで楽しい一日を過ごすことができました。

アルビノ屋はいっぱい残りましたので、欲しい方、いつでも心待ちにお待ちしております(笑)

下の写真はアルビノ好きとして、思わずパチリと撮影させてもらった蛙です。

さすがに蛙までは手は出せませんが、亀は売れた数より買った数の方が多くて、帰ったら嫁さんが呆れ返っていました

20121028_2

| | コメント (20)

2012.10.27

ぶりくら市 出店場所言い忘れてました(汗)

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

アルビノは9番ブースの岡山亀連合の所にいます。

隅っこなのでわかりやすいと思います。

素人で、あまり亀もいなくて寂しいかもしれませんが、暇そうにしてたら、お気軽に声を掛けて下さいね。

目印はドラゴンボールのオレンジ色の亀Tシャツとサングラスです

| | コメント (4)

アルビノのシンクロナイズドスイミング


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします20121025_1

サンルームの亀さんたちは、まだまだ食欲旺盛みたい

晴れた日はご覧の通り、全部の亀が寄ってきます

視力が弱いと言われるスノーも餌くれダンスしてます

おっかさんアルビノのダンスは水面を叩くので、水が飛び散ります

激しい時は甲羅の上半身3分の1が水面から飛び出します(汗)。

名付けてアルビノ・シンクロナイズドスイミング

口をつぶっていないと、水が容赦なく、口の中に入ってきます

下の左側のスペースにはまだ亀が入っていません。

クロブチズガメかヒメニオイか? どちらを入れるか思案中

こんなに亀が餌を欲しがっているのに、餌のタイは品切れです。

仕方ないので、業務スーパーに酉レバー&ハツを買いに走りました。

入り口で目に留まったのが、好物のマツタケです。モロッコ産らしいです。

スダチ5つとともに買いました。国産より安いとは言え、200㌘で3,000円

ハツを買いに出ただけなのに、思わぬ出費に、帰ったら嫁さんに、えらい怒られました

電気代も値上がりするみたいですし、更なる設備の改良が必要ですね。

| | コメント (12)

2012.10.26

いよいよ ぶりくら市


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いしますPhoto
20120828_12_2

いよいよ、28日の日曜日は神戸でぶりくら市ですね。

富山の義父が大動脈解離で一時、危篤状態で、8時間にも及ぶ人工血管手術は成功したものの、集中治療室で予断をゆるさない状態でした。

祈りが通じ、このたび一般病棟に移りましたので、ぶりくら市には参加できそうです。

心配して下さった方々、本当にありがとうございます。

アルビノ屋はアルビノ・キャラメルアルビノ・天然アルビノへテロ・ハラガケ・スジクビヒメニオイ・オオアタマヒメニオイを少しずつ出品する予定です。

1人で電車で行きますので、数は少ないですが、その分、皆さんとお話できる時間はたっぷりあると思いますので、気軽に声を掛けて下さい。

| | コメント (8)

2012.10.25

アルビノおっかさん 初登場


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします

20121025_

スマホ画像です

先日紹介したサンルーム水槽ですよん

春になったらこの水槽で産卵させます

卵を食べられないようにスペシャルな器具を考案しないとダメです

目が悪いと言われているアルビノですが、釣掘りで余った活エビも全部食べますし、卵も食べてしまいます

卵の回収が勤め人には最も難易度が高いのですよね

年によっては、半分位は食べられてしまいます

| | コメント (8)

2012.10.24

クロコブチズガメだけ甲羅にコケがつきます なぜ?


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。

どうか、クリックをよろしくお願いします20121024_1

今日もスマホで画質が悪くて失礼します

先日アップするとお約束したクロコブチズガメ雄アダルトです

なぜかクロコブだけ同じ環境でも甲羅にコケがつきます

甲羅のギザギザはベビーの時とあまり変わりませんね


20121024_2
腹甲はこんな具合です。

縞模様が入っていて、まるでデルタクロコブみたいにも見えますね

20121024_3
ベビーの時の凄いコブは大人になると、ショボく見えます

アカミミと違って臆病で、撮影中にとうとう顔を出しませんでした

うちで飼育した全てのクロコブチズガメ雄がこんな感じで、アカミミ池の同居人ですが、必死で探さない限り、まず目にすることはありません

元々はチズガメ好きで色んな種類を飼いましたが、臆病な個体が多くて、今残っている種類はクロコブだけです。

甲羅が脱皮不全で白くなることが多くて難しいです

ピカピカの甲羅作りのコツを知りたいですね。

うちの水質は中性ですが、もう少しアルカリ寄りがいいのかな?

| | コメント (2)

2012.10.23

雨水タンク設置 ド素人でもなんとかなるさ(笑)

20121023_1


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります。どうか、クリックをよろしくお願いします

今日はアダルト・クロコブチズガメを載せる予定でしたが、で外での撮影が無理なので、急遽雨水ネタに変更してお届けします

ン。オークションで格安で買った雨水タンクです。

雨どいをノコギリでギコギコと切ってホームセンターで買って来たパイプをご覧の通り、繋げただけの簡単な設備です。

でもね、水道代節約とFRP池の水の交換を省ける優れものですよ

上に載せたホースを下ろすとサイホンの原理でタンク内の水が流れてきますので、この水で掃除や室内水槽の水換えを行うこともできますよ

20121023_2

タンク内一杯に貯まった雨水はオーバーフローパイプで隣のパステル池へと自動的に流れる仕組みになっています。

ドリルでの穴あけ作業はド素人の私でも2分程度ですみました。

最初は勇気がいりますが、やってみたら難しくなかったです。なんとかなるもんですね

20121023_3

2枚目画像のパイプの先には、こんな具合にパステル池があります

この池もオーバーフロー形式となっていますので、自動的にどんどんと水が入れ替わります

ちなみに、この池は木材をFRPでサンドイッチしているようで、80㌔超はあるかな?

オークションで数千円で落札しましたが、うちの長い外階段を運ぶのに骨が折れました

手伝ってくれた友人には一生、感謝しないといけませんね

総工費1万円以下の雨水タンク&FRP池のアイデア設備、いかがでしたか?

自分でやれば楽しいですし、安上がりです。

亀の飼育は既存のやり方にとらわれることなく、何でもアイデアを試すと楽しみが倍にも3倍にもなりますね。

ちなみに、3枚目画像の左に見える水色の池はヌマガメが多い時は稼働していますが、今年は休止して、セマルハコガメの産卵場として使いました。

| | コメント (2)

2012.10.22

ひとまず安心 でも、ぶりくらは?

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

昨日は朝の5時に起き、富山まで日帰りで、妻のお父さんのお見舞いに行ってきました。

お母さんから聞いた話によると、急性大動脈解離という病気で、難しい緊急手術のため救急車で3病院まわってようやく受け入れ病院が見つかったそうで、まさに九死に一生を得たそうです。

1日で意識も戻り、心配された脳への影響はないそうです。

集中治療室に招かれた親族をナント、お父さん、手を挙げて出迎えてくれ、あまりの元気さにびっくりしましたが、ひと安心しました。

自分が死ぬかもしれぬ危篤状態だったのに、昨日は、以前ガン手術をした、お母さんの検診日の心配までしていたそうです。

しかし、急性大動脈解離は術後1ヵ月の致死率が11.2%と高率なので、まだまだ安心はできません。

そういう理由ですので、来週神戸で開かれる、ぶりくら市も病状が急に悪くなった時は富山に行きますので、行けなくなります。

また、出られたとしても、いつでも富山まで行ける心構えは必要で、ひょっとしたら早めに帰ってしまうかもしれませんので、その場合は、申し訳ありませんが、皆さんご了承下さい。

| | コメント (10)

2012.10.20

マル秘初公開 サンルーム亀部屋 その1


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

1020

明日は大阪から富山まで嫁のお父さんのお見舞いに行くのでブログは休みます。本日はスマホ撮影ですが、特別ロングバージョンですので、2日かけて、うちの水槽システムを解き明かしてください

ジャーンこのシステム、僅か180cm×60cmの狭い場所に7つの水槽が1セットで繋がっています。

お金を掛けず、知恵を振り絞っていますので、皆さんも考えながら見て下さいね

一番下が5,000円ナリの180cm×奥行き60cmの3部屋水槽。

それぞれのアクリル仕切り板は自分で穴を開けました。その穴を水が行き来します

ついでに、この凄い重量を支える180cm水槽台も中古で3,000円。

下から二番目が90×奥行き60の水槽2つ。

左の黒く見える水槽は日除け処理ずみ

右側も後から日除け処理します。1つは頂き物です。

左上から2段が濾過槽です。このオーバーフロー水槽も中古で合計1,000円ナリ。

右上の黒くて細長いのは市販の120cm上部濾過で、90cm水槽から30cmも飛び出し、隣の水槽の上まではみ出してますが、ワイルドなので気にしません

1020_2

左側の4段積み水槽を裏から見たらこんな感じです。

1番上の濾過槽は1枚目画像の時から90度回転されました。

長いパイプで画像には写っていない一番下の180cm水槽から一気に最上部濾過槽まで水を送ります

1020_4

最上部濾過槽の濾材です。川の小石や、海のサンゴやリング濾材など適当に入れてます。

小石やサンゴは旅行の時に採集したのでタダです

亀に使える物を旅の途中で探すのも楽しいですよ

この水槽からオーバーフローで流れた水が↓のドライ濾過槽へ

1020_3

上から2番目の水槽内の様子です。

ドライ濾過と言っても壊れた外部濾過器のバケツにドリルで穴をあけただけ。中にドライボールというプラスチック製の濾材が入っていますが、貰い物です

この水槽にはスジクビヒメニオイを泳がせる予定です。

1020_5

右側水槽のアップです。こちらは普通の120cm上部濾過だけですが、7つの水槽で1セットで濾過しているので、こんなもんで十分です。

濾過槽の上に乗っているのは殺菌灯です。これがないと、紫外線量の多いサンルームでは緑水になって大変な事に陥ります。

1020_6

一番下の180cm水槽に設置したレイシーポンプです

10年使ってもビクともしない凄い奴。

もう1台1サイズ小さなモーターを別の所にセットしています。

水道の蛇口を全開にした時ぐらいの水の勢いです

その②は、また今度アップしますね。こちらは2つの90cm水槽で1セットというシンプルなものです。

これら9つの水槽がわずか240cm×120cmの小さな場所にひしめき合っています。

ワイルドだせーぃ

飼育スペースがないと言う方が多いですが、工夫次第で、狭くても、お金が無くてもこれだけの設備は作れます

ちなみにオーバーフローの水槽の穴開けも知識もないのに、自分でやりました。やれば出来るもんですね

たぶん、アクアの方がこのシステムをみたら、無茶苦茶だと言うでしょうが、これで難易度の高い種類の繫殖も成功していますので結果オーライということで

これ以上、濾過設備を強力にすると水が悪くなっても透明なままで危険です。

冬でも亀は水換えが基本です。濾過設備は餌をやった時に水を綺麗にする程度に考えておくと安全ですね。

水はできる限り強力なポンプで動かすことによって、亀の甲羅はいつもピカピカでコケも生えません

紫外線殺菌灯も亀の甲羅を綺麗にするのに一役買っているような気がします

| | コメント (8)

2012.10.19

背中のコブが恐竜みたいな亀さん


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

Photo

昨日のコメントでチズガメの話が出たので、うちで繫殖させているクロコブチズガメの紹介です。

うちの場合、クロコブのオスは人工飼育では大きくても12cmぐらいしか育ちません。

アカミミだと餌をたくさんあげたら1年でもっと大きくなりますので、心配になってしまうぐらい小さなままです。

メスは結構大きくて18cmほど。

見た目は5倍ぐらいにみえます

こんなアンバランスなペアでもベビーができるので不思議ですね。

| | コメント (4)

2012.10.18

ヒメニオイのベビー誕生 拡大画像で見られます


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

あなたのポチが励みになります。クリックよろしくお願いします。003

リクエストにお応えし、昨日生まれたヒメニオイガメ登場

PCの方は画像クリックで拡大します

まん丸目玉が可愛らしいですね

004

先日紹介したスジクビは首のオレンジ縞模様、ヒメニオイは黒い水玉模様が特徴です。老成化とともに頭が大きくなる個体がいますよ

うちの両親は大昔フロリダからきたそうです。前に巨頭♀の書きこみをしましたので、興味ある方は左サイドバー【カテゴリー】のオオアタマヒメニオイで見られますので、どうぞご覧下さいね

008

アンダーからのショット。やっぱりクリクリ目玉に心を惹かれます

010

甲羅の裏側の色合いもなかなか綺麗ですね

画像では大きく見えますが、本当に小さいです

餌をたくさんやらないと12cmまで育てるのは難易度が高いです

繫殖は45cm水槽でも十分可能なんですよ

大きくならない種類で、可愛いのが欲しいと仰る方にはお勧めです

繫殖も容易で、色合いもバラエティーに富んでいます

| | コメント (8)

2012.10.17

スジクビヒメニオイガメのベビー


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

あなたのポチが励みになります。クリックよろしくお願いします。

Photo

スマホ撮影でピントが甘くて申し訳ありません

昨日のアルビノ屋・検索ランキングでスジクビ人気が高かったのでパチリ

ヒメニオイガメとともにアルビノのFRP水槽の水底の住人です

アルビノの食べ残しを食べてくれる大切なパートナーたちです

スジクビは好きな種類なので、室内でも2010年生まれを飼育しています

同じニオイ系でもヒメニオイよりは協調性があり、楽ですよね

ヒメニオイは同種を見るとケンカばかりするので、1つの水槽に1匹しか入れない方がいいですね

| | コメント (6)

2012.10.16

天然アルビノの子ども 拡大画像見られます

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

天然アルビノ♀とレモンライムアルビノ♂との間にできたヘテロです。

今回もPCからは画像クリックで拡大画像が見られます。

水色だった甲羅は普通の緑色になりましたが、個体差はありますね。

戻し交配するには4年仕事になります。

天然パステルは成功しましたが、天然アルビノでも成功するのでしょうか?030

↓が天然アルビノ♀。

ある方のビニールハウスの土からぞろぞろ出てきた中にいたアルビノ。

もう1匹の兄妹アルビノが日本のどこかで飼育されているかも?

一緒に大勢のミドリガメも出てきたそうです。

眼球の色がエビ茶色でT+アルビノと思われます。

アカミミ部分は淡いパステルオレンジでどのアルビノとも違います。

甲羅は象牙のような質感です。まだ成長中です。
031

顔のアップです。金色の目でかなり厳つい顔つきです。
032

↓が♂のレモンライムアルビノ。

キラーイエローの名前で関東の有名店で買われたものを譲り受けました。

うちの♂の中では、交尾が一番上手な♂です。

紫外線を浴びすぎ、アルビノなのに黒化してしまいました。

T+アルビノには色素が残っているので、焼けるのでしょうか。

眼球も当初はブドウ眼でしたが、全体的に黒くなりました。

白目にも黒が入っていますね。アカミミ部分のオレンジは消失しつつあります。

甲羅はもはや、レモン色の面影すらなく、茶色ですね。

034

どうやら天然アルビノとレモンライムアルビノでは今後もアルビノは出ないと予想されるので、数年掛けて、今度はキャラメルアルビノ♂に頑張ってもらう予定です。ただ、キャラメルは眼の色はリアルレッドの弱視で、視力の良い天然アルビノと交尾できるかが課題です。

あと、キャラメル♂は1匹しかいませんので、キャラメル♀に専念させるべきか悩んでいます。来年はキャラメルも繁殖二年目で、もっと有精卵を採りたいですし・・・。

ちなみに、うちのアルビノ系や色変の♀は1年♂と接触させないと無精卵しか産みません。

今年はアルビノは3クラッチ目でようやく有精卵が採れ、冷や汗物でした。

| | コメント (14)

2012.10.15

カメの餌を求めて海上釣掘りに

20121015_

貸切で釣掘りに行きましたが過去最悪の結果かも?

なんとか、HPに掲載はされましたが、同行者2人がボウズで申し訳なかったです。

高槻市・・・アルビノさん

マダイ・・・・・・7

シマアジ・・・・・3

中カンパチ・・・2

前日も釣れてなくて、在庫は多かったと思いますが、考え方が甘かったです。

今日も食いが悪くて、在庫を増やして帰ってきました(汗)

とにかく魚の居場所がわからん一日で、釣れてもポツリですので、全員がばらばらの場所で釣りをしていたのが悪かったのでしょうか?

こんな日こそ、全員くっついて釣るべきだったかも?


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

| | コメント (2)

2012.10.14

岡山亀友が来訪 ぶりくら準備

Photo
006004
005


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

あなたのポチが励みになります。クリックよろしくお願いします。

28日、国内繁殖個体が集まる、ぶりくら市が神戸であります。

今日は展示方法など、ワイワイと会談し、楽しみました。

アルビノ屋も少量ですが、アルビノ・キャラメルアルビノ・ハラガケ・スジクビヒメニオイ・天然アルビノのヘテロなどを出品予定です。

画像手前の暴走族風の岡山亀連合のお2人と並んで会場にいます。

噛み付かれることはないと思いますので、遠慮なく声を掛けて下さい。

| | コメント (10)

2012.10.13

今度こそ、最終のモモ

20121012_1

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

最終の桃に原発風評被害が気の毒だった伊達福島のモモを落札しました。

伊達のモモは元々、皇室ご用達の有名な産地らしいです。

15個で5.6㌔ありましたので、今年のモモ集計はナント75㌔達成(今回のモモも5㌔箱なので5㌔で計算)。


20121012_2

従来の一番甘い所で測る計測でなく、モモの内部の甘さを測る厳しい基準をクリアしたモモらしいです。

20121012_3

今回は最終桃にふさわしい特秀品です。

品種は初めて食べる、まるみ白桃。楽しみですねー。

季節外れなので、こんな高級品が2400円で買えました。

でも、送料が1100円ってビミョー

最近は700円ぐらいで送ってくる農家さんもいますし、送料無料もあります。


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

あなたのポチが励みになります。クリックよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2012.10.12

自家繁殖パステル イエローに輝く

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

001
002
005

今日も画像クリックしたらPCでは拡大画像見られます

もうすぐ里子に行ってしまうので、最後の記念撮影です

甲ズレが凄い分、模様の入り方が、なかなか良いですね

3枚目画像の通り、頭も予想通りオレンジ面積が増えてきたでしょ

生まれた時は頭の赤がイマイチと思っていた人もいましたが、たくさんのパステルを見てきましたので、この個体は間違いないと思いますよ

この拡大画像からみると、頭はまだ赤色が増えそうな感じです。

性格は母親似なので、パステルにしては人見知りしません

パステルは臆病な個体が多く餌食いに困るケースが多々ですが、こいつは石の上で甲羅干ししたまま逃げません。

そういう個体は餌食いも太くて楽なんですよ

| | コメント (20)

2012.10.11

室内水槽に最適な餌は?

012

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

010

以前、友人に貰ったことのあるカメ専用の餌を購入しました。

茶葉・ひかり菌がニオイ・汚れを抑えるそうです

早速、初めて使う大粒をやりましたが、食いつきいいです

初期の頃から改良されたのか、最新型は貰った時のより食いますねー。

うちのカメはしっちゅうタイを食べているので、まずい餌は吐きます(汗)

ベビー用に乾燥川エビも買いました。簡素なパッケージGoodです。

こちらも自家繁殖パステルベビーに大好評でした

カメプロスは食いが良くて、ニオイを抑えるという素晴らしい餌ですが、うちの場合、この餌を全部のカメに与えると1日2,000円はかかります。

他メーカーさんの亀専用餌より安いですが、鯉の餌と比較すると高いです。

製造コストを考えても亀の餌は小パッケージのせいか、割高に思えます。

2,000円出せば、自宅で高級なステーキを毎日食べられますよ~

最近は釣りに行けなくて、亀の餌は自給自足できていません。

キョーリンさん、お徳用の2㌔袋作ってください。

パッケージは錦鯉のひかり中粒と同じビニール袋でいいです。

弱小ブログなので、こんな声は絶対に届かないでしょうが・・・

他にも、こんな餌、試してっていう声あれば、お受けいたします(笑)

| | コメント (16)

2012.10.10

オルナータダイヤ 画像拡大して楽しんで下さい。

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

2011年自家繁殖。甲長、10cm。

甲羅のコブが凄いです。

これぞ本物のオルナータダイヤって感じですね

画像をクリックしたらPCの場合は拡大画像を見れます。

006

ブラック&ホワイトのコントラストが目を引きますよ

004

アルティメットのようなつぶらな瞳がたまりませんね

002

父親はオレンジ色がもっと強いので今後が楽しみですよ

001

凄い力です。お腹は石で出来ているみたいな質感ですね

007

| | コメント (12)

2012.10.09

アルビノアカミミ 拡大画像見られます


にほんブログ村

バナーをクリックしていただけると、このブログにポイントがはいります

あなたのポチが励みになります。クリックよろしくお願いします。

002
①早生まれ。一番成長線が出ています。オレンジライン入り

003
②オレンジライン入りかけ。頭の赤い点がオシャレ。

004
③今の所は模様は見当たらず。甲羅つるつるタイプ。

005
④最後に生まれた子。小さいですが綺麗。甲羅つるつるタイプで模様が既に薄っすらと出てきています。

006

⑤オレンジの線が全体的に薄っすら。オレンジタイプと無紋タイプの中間的な存在です。

【アルビノ5匹分の最新画像】

画像クリックしたら拡大で見られます。暇な時に拡大画像をじっくりどうぞ。

オレンジラインの強く出ている個体はごく普通の甲羅の質感です。

模様の薄い個体ほどツルツルした質感です。

| | コメント (12)

2012.10.08

そろそろカメのクーリング準備

Photo

にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
にほんブログ村

画像は短い夏の間の設備です。

これから来年6月までは冬の設備に移行しますので、仕舞う前に仕組みをちょっとだけ説明します

テーマは大量の餌を与えるため、生物濾過も最強に

画像の発泡スチロールとシルバーの怪しいシートで巻いた設備は手作りの濾過槽で、ドライ濾過とオーバーフロー形式の濾過槽です。

これらの濾過の後、水は更に大型上部濾過器に流れ落ちていきます。

FRP池は最下部の水がオーバーフローで排水させる仕組みです

糞貯まりという少し深い場所があり、そこに糞が貯まり、オーバーフローした水ごと捨てる仕組みです

これらの濾過設備に大量の水を流すためのポンプはレイシーというメイカーのポンプです。10年使ってもビクともしない耐久性に優れた商品です。

池の下にはブロックを積んでいますが、かさ上げがカメのストレスを軽減させてくれると同時に腰にやさしい一工夫です。

カメは真上からの目を嫌います。こうしたコツコツとした積み重ねが、繁殖へのヒントかと思っています。

カメに生物濾過は通用しないという定説があるのは承知していますが、これがアルビノ屋流の夏設備。

ちなみに定説の物理濾過は一切やっていません。

あと、素人でこれだけの水槽を水換えすると水道代が大変なので雨水を最大限に利用しています。

今年の夏は異常気象で大雨が多かったので、水道はあまり使わずに済みましたよ


にほんブログ村

紫の『カメ』部分をクリックお願いします。あなたのポチが励みになります。

| | コメント (13)

2012.10.07

アルビノの桃? 見~つけた

20121005_
20121006_2


にほんブログ村

紫の『カメ』部分をクリックお願いします。あなたのポチが励みになります。

今年最後の桃が届きました。

蓋を開けて ビックリ モモの木 1個だけアルビノ桃発見

家庭用なので、栽培袋の外し忘れか?

それとも、白いのが好きなアルビノ屋向けに粋な計らい?

切ってみると中も随分とホワイティーでジュワッとジューシーです

長野だて白桃という品種で箱越しで5.8㌔もありました。

5㌔箱なので、集計上では5㌔で計算しましたが

7月初旬から10月初めまでに合計76㌔もの桃を産地から送ってもらったことになります

6㌔は嫁さんの実家に送ったので差し引き70㌔になります

これで今冬もでかい扁桃腺からの発熱がなければいいのですが?

本当に不思議ですが、夏場、毎日桃を食べるようになってから、寝込むような病気をしません。

おいしい思いをして、健康にもいいという素晴らしい果物ですね

| | コメント (8)

2012.10.06

キャラメルアルビノ Eタイプ


にほんブログ村

紫の『カメ』部分をクリックお願いします。あなたのポチが励みになります。

【キャラメルアルビノベビーもいよいよラスト。Eタイプの紹介です】

014

太陽光線下で撮影。アカミミ部分が普通のアルビノと違いますね。

イエローラインもこの種の特徴。

肌はピンクに近い薄いパープルです。


015

Eタイプの目の色はT-にしか見えませんね。

目のあたりはゴールドで幸運を呼び込みそう

葡萄眼または黒眼のレモンライムアルビノとは大きく違います。

Eタイプの耳の色は、ライトなパステルオレンジで好みです

他のタイプに見られた、頭やまぶたのメタリックグリーンはまだ出ておりません。


012

Eタイプの甲羅は父親の小さい頃とそっくりです。

父親は最初、普通のアルビノかと思ったぐらいです(笑)

キャラメルの特徴が一番出ていないのがEタイプベビーです。

T+アルビノですので、大人になると、茶色が甲羅に入りますが、このEタイプが一番薄くて綺麗になるような気がします

009

お腹は部分的に黄色いです。アカミミのアルビノ種は人見知りしなくて、撮影の時もポーズをとってくれるので楽チンですね

| | コメント (10)

2012.10.05

キャラメルアルビノ Dタイプ

009

イライラ お腹が かい~の。 手が短くて届かないの

013

キャラメルアルビノDタイプです。

目の色は今年生まれたアルビノ中で一番濃く、目の周りはメタリックの緑色に縁取られています

上から顔を見ると目の部分がミドリに輝いていて強調されて見えますよ。

顔は薄紫に黄色ラインが入りますが、上の方は前述の通り、メタリックグリーンが強調されて見えて、薄紫はアカミミ部分より下の方だけです。

手足は薄紫色に黄色いラインがくっきりと入ります

甲羅は濃い黄色の線とベージュの斑紋が規則正しく並んでいます

面白いことに甲羅の成長線まで薄紫色です


にほんブログ村

紫の『カメ』部分をクリックお願いします。あなたのポチが励みになります。

| | コメント (14)

2012.10.04

アルビノアカミミ ご飯ですよ

008

こんな感じで、餌を与えています

ちょっと窮屈なので、もう少し数を減らさないと気の毒ですね

でも、他の子が餌を食べる波動で、連鎖反応で食べるので楽なんですよ。

アルビノは弱視なので、複数飼いで、競争させて食べさせています。

白い子は生まれて間もないアルビノです。

今年は白い子が多いですね~

このままの白さで育てばスノー・アルビノ級の白さですね

| | コメント (16)

2012.10.03

アルビノもオークションに出品してみました

オッサン、放さんかぃボケーっ006

ジーッ  今度は後ろから、何するんじゃ~
016http://www.shiroharainko.org/inkoauction/search.cgi?acc=category&ct_no=07:02&image=&sort=

別のアルビノを上記の亀オークションにも出してみました。

アルビノが一気に生まれて、きめ細かな世話をしたいのですが、自家繁殖ベビーを販売する、「ぶりくら市」は10月28日なので、数を減らさないと、納得のいく飼育ができないから、泣く泣く出すことにしました。

縁甲板が左右非対称の個体ですが、成長とともに綺麗になる個体が結構います。

オークション参加の登録はパソコン音痴の私でも簡単にできたので、皆さんも参加なさってはいかがでしょうか?

今、盛り上げないと、尻すぼみになりそうなので、私は参加しました。

先日出品した鳥オークションがいいのか、こちらがいいのかは、今後のユーザー数に掛かってくると思います。

今は入札が少なくて、正直どちらも終了したビッダーズのように盛り上がってはいませんが、今後幅広くカメ好きが集まるようになれば、見ているだけでも楽しい場になることと思います。


にほんブログ村

紫の『カメ』部分をクリックお願いします。あなたのポチが励みになります。

| | コメント (4)

2012.10.02

ハラガケ オークションに出品

見つめられるときんちょーしますヨ012

きんちょーのあまり、カチカチに固まりました

015
010

アルビノが予想以上に生まれてきたので、鳥ネットオークションに出します。

画像を撮る機会があったので、まずはハラガケの4cm個体を出します。

左サイドバーに2つのオークションサイト貼り付けました。

鳥ネットオークションへはリクガメの写真をクリックしたらサイトに飛んで行きます

普段はオークションに出しませんが、画像は新鮮でないと、すぐに成長して使えなくなるので、せっかく忙しい中撮影したので、泣く泣く出品します。

| | コメント (6)

2012.10.01

色変アカミミベビーの誕生 終盤に

101

我が家は台風の被害もなく、ホッと一息

今朝、天然パステルヘテロとアルビノベビーが出てきました

ヘテロは頭の中心部分の丸いオレンジ斑点が印象的です。

数日後には水ゴケから出して、デビューできそうですね。

アルビノは、このあと先輩ベビーの所にデビューさせました

結局、天然パスの子は3対2の確率でパステルとヘテロに分かれました。

前の方法だと孵化率100%近かったのが、パステルが出る方法に切り替えたら、孵化率30%ぐらいまで落ちました。

増えすぎても困るので2クラッチだけ産むサジ加減にしていますが来年へ向け、パステル繁殖は課題を残しました


にほんブログ村

紫の『カメ』部分をクリックお願いします。あなたのポチが励みになります。

| | コメント (6)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »